CG News

CG News

Appleseed 2.0 ベータリリース

オープンソースの物理ベースのグローバルイルミネーションレンダリングエンジン「Appleseed」の2.0ベータ版が公開されたようです。
https://appleseedhq.net/news.html
https://github.com/appleseedhq/appleseed/releases/tag/2.0.0-beta

「カートゥーンシェーディングを実装したOSLシェーダと輪郭レンダリングを実装、ノンフォトリアリスティックレンダリング(NPR)の世界への最初のステップを進めました」とのことなので、今後も継続的にNPR機能が開発されるのかな?

CG News

GRADIA AE PLUGIN

超解像技術「GRADIA」のAfterEffects版プラグインが公開されたようです。GRADIAはTVアニメ「イングレス」で採用されていて、1280×720を1920×1080に拡大しているそうです。「GRADIAのShaderバージョンを使用することで汎用のGPUでリアルタイムの4k変換が可能です」というのは凄そうです。
https://gradia.xyz/ae/

 

 

概要

GRADIAとは、株式会社アクセルが開発した超解像技術です。
完全自社開発のため、ハードウェアIP、ソフトウェアIP、組み込みミドルウェアなど、あらゆるプラットフォームで提供が可能な技術です。

用途
  • ゲーム向け:テクスチャのスケーリング
  • VR向け:全天球動画をリアルタイムに高解像度化
  • 放送向け:過去版権映像の拡大
  • シンクライアント向け:転送元での圧縮、転送先での高精細表示
  • 電子書籍向け:電子書籍の高画質化
  • 映像制作向け:アニメ・その他映像作品のアップコンバート
対応OS

Windows7/Windows8/Windows8.1/Windows10
64ビット版のみ対応

 

対応ツール

After Effects® CS6、CC、CC2014、CC2015、CC2015.3、CC2017、CC2018

 

価格

ノードロック(PC固定) 
1年間ライセンス 60,000円(税抜)/ 3ヶ月ライセンス 32,000円(税抜)


コーポレート(コピー自由)

お問い合わせください

CG News

Trapcode Suite 15 リリース

Trapcode Suite 15がリリースされました。新機能で目を引くのは Particular 4 と Form 4 にフルードダイナミクスが追加されたことでしょうか。動作が軽ければ面白そう。
https://www.redgiant.com/blog/2018/10/30/trapcode-suite-15/?utm_source=twitter&utm_campaign=TCS_15&utm_medium=social

 

PARTICULAR 4 新機能

FLUID DYNAMICS

新しい流体物理エンジンを使用して流体エフェクトを作成します。パーティクルはあたかも実際の流体を動かしているかのように動作します。4のカスタマイズ可能な流体挙動から選択してください。

DESIGNER

パーティクルエフェクトを作成するには、アップデート デザイナーでこれまでより簡単です。エミッタ、パーティクル、フィジックス、およびAUXパーティクルにあらかじめ設定された動作とスタイルの調整可能なブロックを追加します。また、ワンクリックでカスタマイズ可能なパーティクルエフェクトを追加することもできます。

335 + PRESETS

完全にカスタマイズ可能な335以上のデザイナープリセットを使用しましょう。Ver 4では流体力学などの強力な機能を示す35以上の新しいプリセットを含みます。ライブラリを探索して、流体、火、宇宙飛行、花火、銃口フラッシュ、爆発、煙などを作成するための美しいデザインのエフェクトを見つけてください。

価格

フル:$ 399
アップグレード:$ 149

 

FORM 4 新機能

FLUID DYNAMICS

新しい流体物理エンジンを使用して流体エフェクトを作成します。パーティクルはあたかも実際の流体を動かしているかのように動作します。4のカスタマイズ可能な流体挙動から選択してください。

DESIGNER

パーティクルグリッドを作成するには、新しいデザイナーでこれまでよりも簡単です。フォーム、パーティクルなどのプリセット設定とスタイルで調整可能なブロックを追加します。また、ワンクリックで完全なカスタマイズ可能なパーティクルエフェクトを追加することもできます。デザイナーは即座のビジュアルフィードバックを提供し、効果を直観的かつ創造的な方法でプレビューすることができます。

150以上のプリセット

完全にカスタマイズ可能な150以上のデザイナープリセットを使用しょう。フォーム4には新しい流体機能を示す20以上の新しいDesignerプリセットが含まれています。ライブラリを探索して、流体アニメーション、背景、モーションデザイン要素などを作成するための美しくデザインされたエフェクトを見つけてください。

価格

フル:$ 199
アップグレード:$ 99

CG News

V-Ray Next for Maya リリース

V-Ray Next for Mayaがリリースされたようです。GPU版もだいぶ完成度あがってそう。

新機能

アダプティブ・ドームライト

もはやポータルライトは不要です。V-Ray Next の新しいアダプティブ・ドームライトは自動的にシーンを分析し、よりノイズの少ない「屋内の」イメージベース・ライティング照明を提供します。

高速IPR

IPR(インタラクティブレンダリング)を再設計し、快適なフィードバックを提供します。

IPR中の高速デノイズ

ビューポートでインタラクティブレンダリング利用中に、ほぼリアルタイムでデノイズを適用できます。(NVIDIA社 AI denoiserを使用)

デバッグシェーディング/選択オブジェクトのみ表示

インタラクティブレンダリング中に、作業中のテクスチャー/マテリアル、オブジェクトのみ表示する事ができます。エラー解析用の表示(AO,法線、UV、ワイヤー)もメニューで切り替えて表示できます。

ビューポートIPRでプレイブラスト

ビューポートIPRを使って、非常に高速にプレビューアニメーションをレンダリングできます。高品位なプレビズアニメーションが短時間で得られます。

刷新された GPU レンダリング・コア

新しいアーキテクチャーに刷新されたV-Ray GPUコアはより強靭になりました。多くの重要なV-Ray機能をGPUでサポートした事で、実際のプロダクション・シーンをGPUでレンダリングする事ができます。

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray GPUでフォグ、煙、炎などのボリューメトリック効果のレンダリングに対応。V-RayVolumeGridのサポートする OpenVDB, Field3D, Phoenix FDのキャッシュをGPUで高速レンダリングできます。

GPU バケットレンダリング

GPUレンダリングで「バケット型」のレンダリングをサポート。これにより Cryptomatte エレメントの出力もサポートします。

フィジカル・ヘアーシェーダー

新しいV-Rayフィジカルなを使用して、より良いハイライト、照明の分布でヘアーを表現できます。メラニン色素コントロールを使用すると、ブロンドからブルネット、赤毛まで、あらゆる髪の色を簡単に表現できます。

METALNESSパラメーター

“Metalness”による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。

新しいトゥーンシェーダー

簡単にアニメ調のスタイルでレンダリングを行うトゥーンシェーダーと、より高度なライン制御ができるように改良されたVRayToonを搭載

V-Ray Layered Texture

レイヤー毎のブレンドモード、レイヤーマスクに対応した新しいレイヤーテクスチャーを提供

レイヤー化 Alembic に対応

レイヤー構造を持つ Alembic 1.7 フォーマットをサポート – Alembicデータのより迅速かつ効率的な処理と更新を可能にします。

V-Ray Cloud

Maya上から1クリックで直接V-Ray Cloudサーバーにジョブを送信できます。

 

 

CG News

Storm 0.2 リリース

スタンドアロンの粒状シミュレーションツール「Storm 0.2」がリリースされたようです。

より速いビューポート表示、より良いパーティクル/デフレクターの相互作用によるパフォーマンスの向上が含まれます。また、SDFの作成と視覚化の改善、時間の経過とともにパーティクルを再リンクしたり、パーティクルを殺したり、パーティクルを変形させたり、パーティクルをジオメトリでスリープ/アウェイクさせたりする機能も追加されています。内部ジオメトリのスケーリングと同様に、アダプティブサブステップが可能になりました。

この新しいリリースでは、アニメーションのショートカットや、さらに多くのデータをPRTとしてエクスポートする機能も追加されています。インポートはAlembic経由のカメラインポートをサポートしました。MacOSのバージョンが利用可能になりました。

CG News

Adobe CS サポート終了

Adobe CSシリーズのサポートが終了とのことです。Windowsの場合は古いOSと互換が比較的保たれてるので、いきなり動かなくなることは少なそう。

https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html?sdid=19SCDRPS&mv=search&ef_id=CjwKCAjwmJbeBRBCEiwAAY4VVc-fOXL8UQetRNgAm0FAuHBKygWOeKOemkrrXvVxrYesFQ2JxKx9OxoCVJMQAvD_BwE:G:s&s_kwcid=AL!3085!3!247455464587!e!!g!!adobe&gclid=CjwKCAjwmJbeBRBCEiwAAY4VVc-fOXL8UQetRNgAm0FAuHBKygWOeKOemkrrXvVxrYesFQ2JxKx9OxoCVJMQAvD_BwE#creative_suite

 

旧製品(Creative Suite – CS)サポート終了のお知らせ

すでに販売を終了しているCreative Suite(CS)製品をお使いいただいているお客様は、 Windows 10やMac OS High Sierraなど最新のOS環境では、製品のインストールができなかったり、使用中に不具合が生じたりする場合があります。また、セキュリティのアップデートや技術サポートも提供されませんので、パソコンやOS入れ替えの際はご注意ください。
安心して最新環境をご利用いただくために、この機会にぜひCreative Cloudをご検討ください。

CG News

3dsMax用リトポツール「TopoLogiK」

ノードロックライセンス(1台のコンピュータでのみ使用できます) 価格は€30

 

説明

TopoLogiKは3dsmax用の新しいRetopologyツールです
これは3dsmaxのより高度な手順でパラメトリックかつ効率的なリトポロジーを実現します いくつかの機能はBlenderやTopoGunのような他のソフトウェアで見ることができます

 

特徴

これらのツールはすべて参照メッシュ上の連続投影で機能します

ストライプ
  • ペイントストライプ
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットは曲線を維持しながらカウントします
  • ストライプサブディビジョンを変更してください
  • テーパーエンド
  • 他の端にスナップします
  • 幅の自動調整
  • カスタムエッジリングをストライプのように編集します
  • ブラシ半径
サーフェス
  • ペイントサーフェス
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットはカーブを維持しながらカウントされます
  • サーフェスの幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • サーフェスの後にサーフェスを続けます
  • エッジ選択を拡張できます
  • ブラシ半径
面を作る
  • エッジ、頂点またはコーナーから新しい面を作成します
  • 最も近い頂点またはエッジに自動的にスナップ/結合します
  • エッジループを選択して拡張します
  • 頂点を移動します
  • 面を削除します
ブランチ
  • ブランチをペイントします
  • エンドポイントを移動する
  • 幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • ツイストと回転
  • 分岐後に分岐を続行します
  • 開いているブランチを拡張する
ブリッジ
  • 開始エッジループと終了エッジループを選択します
  • ブリッジサブディビジョンを変更する
キャップ
  • キャップホール
  • キャップメッシュを回転させて、完全な向きを見つけます
  • 可能なすべてのケースでキャップ サブディビジョンを変更します
  • リラックス
  • リラックスブラシ
  • 半径と強さの変更
移動
  • 最も近いサブ要素(面、エッジ、頂点)を自動的に探します
  • 最も近い頂点に自動的にスナップします
  • 選択範囲に追加して削除します
  • 選択範囲を移動します
  • 選択範囲を削除するか、またはペイント削除(フェース、エッジまたは頂点)を選択します
  • エッジループを選択します
  • エッジに沿ってスナップします
フリーズツール(変更から面を保護する)
  • ブラシをフリーズする
  • フリーズ&アンフリーズ
  • 全フリーズ&アンフリーズ
  • 面の選択をフリーズ&アンフリーズ
スプリット
  • 最も近いエッジリングの自動検出
  • 新しいエッジループを最も近いエッジに沿ってスライドさせます
  • カスタムの開始エッジから終了エッジまで分割します
カット
  • 頂点にスナップします
  • 端に沿ってスナップ
  • 選択したエッジを削除します
不透明度コントロール
投射距離
ライブプロジェクト(編集可能なポリまたはメッシュを使用してプロジェクトする)
動的なショートカット通知
CG News

Houdini 17 Sneak Peek

相変わらずエフェクト関連が凄そうですね。

Houdini 17には、GPUアクセラレーションマルチソルバーを含む クロス、ヘアー、ソフトボディ、粒、新しいホワイトウォーターソルバー、マテリアルベースの破壊フレームワーク、フェイシャルオートリグ、フルボディIK、アニメーションとモデリングワークフローの強化、 UV自動設定、GLTF I / O、gamedevツールなどがあります。

CG News

Foundry製品が学生向けに1年間無料化

Foundry製品(Nuke Studio、Mari、Modo、Katana 、CaraVR、3Delight )が学生向けに1年間無料で提供されるようです。
https://www.foundry.com/industries/education?_ga=2.247933582.842438022.1537836244-113635308.1486795389

modoはゲームエンジンとのブリッジ機能を提供してるので、ゲーム向けのアセット作成にはいいかもしれません。Nuke、Mari、Katanaはハリウッド映画の定番ソフトです。

申請は専用のフォームを使用して、大学のメールアドレスを使用して割引コードのチェックボックスをONにしてくださいとのこと。既にアカウントを作ってる場合は対象外なのか?
https://community.foundry.com/discuss/topic/143073/foundry-s-1st-year-free-program-for-students

 

さらに学生版から70%オフで商用ライセンスにアップグレードできるようです。 たとえば、永続的なPRODUCTION COLLECTIVEのライセンスが$2,179で、$6,120の節約になります。学生さんが羨ましい!

CG News

リアルタイムモーショングラフィックソフト「Notch Builder」

リアルタイムでモーショングラフィックのような映像を作成するソフト「Notch Builder」。現在はベータ版として販売中。価格はベース£99とプロ向けライセンスの年間£2,100。ちょっと面白そう。
https://www.notch.one/products/notch-builder/

概要

Notch Builderはギグ、ステージイベント、インスタレーション用のライブビジュアルを生成するために設計されたツールです。過去の使用方法は、U2とFoo FightersのツアービジュアルからBroadwayミュージカルFrozenまでさまざまです。

プロフェッショナル版はライブ再生用にメディアサーバーと直接統合するように設計されていますが、Base Editionは他のDCCツールと同様に標準のビデオフッテージをレンダリングします。

0.9.21ではリジッドボディダイナミックス、フェイシャルトラッキング、アレンビックサポートなど、450以上の新機能が追加されてるとのこと。

ノッチ・ビルダーは完全にノードベースのアプリケーションであり、デモではCinema 4DとHoudiniのクロスといったようなものがあります。

モデリングツールはありません。複雑なジオメトリはOBJ、FBX、または最新のAlembic形式、Cinema 4DまたはLightWaveシーンとしてインポートする必要があります。

シーンは、MIDI、ビデオ、またはモーションキャプチャのデータ入力(ストリーミングライブまたはオフライン)によって動かされ、ソフトウェアはMicrosoftのKinectおよびIntel RealSense 3Dカメラと統合されます。

レンダリングのために、ソフトウェアは独自のDirectXベースのエンジンを使用します。

このソフトウェアは、Cinema 4DのMoGraphツールセットから、RealFlowの.binとBlenderのポイントキャッシュファイル、CSV、および「選択されたクローンシステム」をインポートできます。

スクリプティングはPythonやC#ではなくJavaScriptを使用して行われます。イメージやテキストを取り込むためのRSSフィードを読むことができるなど、いくつかの珍しいオプションがあります。

 

CG News

3ds Max 2019.2 リリース

3ds Max 2019.2 がリリースされたようです。
https://area.autodesk.com/blogs/the-3ds-max-blog/introducing-3ds-max-20192/

 

流体

キャッシュされたシミュレーション データを簡単にロードして操作できるようになりました。 完成したシミュレーションで、各オブジェクトを個別に変換したり、再生をオフセットしたり、マテリアルを割り当てて任意の数をレンダリングまたは非表示にしたりすることができます。

Arnold による流体チャネル データのレンダリングのサポート。

液体および[流体ローダ](Fluid Loader)オブジェクトの表示およびレンダリング設定をコピーし、選択したターゲット オブジェクトに適用できるようになりました。

3ds Max セキュリティ ツール

3ds Max セキュリティ ツールは、悪意のある CRP や ALC のサードパーティ スクリプトからユーザを保護します。

Autodesk Drive

3ds Max サブスクリプションにこのクラウド ストレージ アプリケーションが追加されて、60 種類以上のオートデスクおよびサードパーティのファイルを表示できるようになりました。

Arnold

テクスチャのベイク処理用の最初のサポート。

Alembic ファイルの読み込みと書き出し

バージョン 1.7 にアップデートされた Alembic はインスタンスをサポート。Inspector Window でのツリー ビューと検索機能が改善され、3ds Max と Maya で共有されているファイルが UV と互換性を持つようになりました。

OSL (Open Shading Language)

OSL ソース エディタの改善点は、行番号の表示、より直感的なキーボード ショートカット、および一致するブラケットのハイライト表示などです。また、「マップを使用するリアリスティックモード」の場合に、より多くの OSL シェーダがビューポートでサポートされるようになりました。

CG News

ORB リリース

VideoCoPilotのフリープラグイン「ORB」がリリースされました。究極の3Dスフィアプラグインとのことで、惑星や衛星のような球体の作成に適した物のようです。
https://www.videocopilot.net/orb/

物理ベースシェーダー
  • 環境リフレクションマップ
  • モーションブラー
  • 高度なUV設定
アドバンスドイルミネーション
シャドーマスキング
  • ビルトインイルミネーション
  • 高度なイルミネーション オプション
  • After Effectsライトとシームレスに対応!
360°環境レンダリング
CG News

After Effects CC 2018 秋

After Effects CC 2018 の秋バージョンが発表になったようです。3Dレイヤーの深度が使えるようになるのはよさそうですね。
https://theblog.adobe.com/design-with-more-control-and-performance-improvements-in-after-effects-cc/CC

 

メッシュスカルプティング

パペットツールをより詳細に制御できる新しいパペットエンジンを導入しました。2種類の新しいピンタイプを追加。Mesh Sculptingをまったく新しいレベルにする新しいAdvanced PinsBend Pinsを使用してレイヤーを曲げたり、ねじったり、スケーリングしたり、ワープしたりします。

 

深度パス

After Effectsで3Dレイヤーを作成することができましたが、3Dチャンネルエフェクトは他のアプリケーションで生成されたレンダリングでのみ機能しました。
3Dコンテンツがどこから来ても、3Dレイヤーの深度パスにアクセスすることができます。 Classic 3DまたはCINEMA 4Dレンダラーのいずれかを使用して、任意の3DコンポジションからZ深度データを読み込みます。3Dチャンネルエフェクト(深度マット、被写界深度、フォグ3D)を3Dプリコンポに直接適用するか、3Dチャンネル抽出を使用して深度にアクセスします 。 ボーナスとして、3D Channel Extractは32ビット対応になりました。

レスポンシブ デザイン

すべてのインスタンスでキーフレームを移動することを心配することなく、コンポジションを時間伸縮できます。マスタープロパティとの連携も優れています。コンポジションをMotion Graphicsテンプレートとして書き出して、Premiereエディタに同じコントロールを与えます。

 

データ駆動型インフォグラフィックス

スプレッドシート駆動のインフォグラフィックテンプレートを設計できるようになり、編集者はデータを更新してコンテンツを動的に更新することができます。

さらに新しいモーショングラフィックスのテンプレートオーサリングの改良により、編集可能なパラメータを持つ整然としたモーショングラフィックステンプレートを、カスタム見出しと巻き上げを含むグループにまとめ、それぞれのコントロールを表示したり非表示にしたりすることができます。また、編集者がさまざまなフォントプロパティを変更できるようにすることもできます。(これはAfter EffectsとPremiereのユーザーからの一般的なリクエストでした。)

 

CG News

SUBSTANCE for MODO アップデート

SUBSTANCEのMODO用プラグインがアップデートされました。ワークフローと生産性に焦点を当てて、Modo内のSubstanceのパワーをさらに強化、より簡単に作業できるらしい。
https://www.allegorithmic.com/blog/substance-modo-improved-workflow-and-productivity

 

32ビット浮動小数点サポート

Substanceマテリアルは32ビット浮動小数点をサポートし、高品質のディスプレイスをレンダリングできます。

 

glTF / Principledシェーダのサポート

マテリアルのPrincipled Shading Modelをデフォルトにしました。Principledモードを使用するとシェーダツリーで変換することなく、メタリック/ラフネス出力で直接作業できます。ModoのglTFマテリアルのサポートも追加しました。

 

プリセットと相対パス

プリセットの読み込みと保存のための新しいUIと、Substanceファイルの埋め込みプリセットを読み込む機能を作成しました。Substanceファイルを相対パスで保存することで、Substanceマテリアルを使用したModoプロジェクトのオープンと共有が簡単になりました。

 

ワークフローの改善

プラグインがLPK形式をサポートするようになりました。Substanceプラグインをインストールするには、LPKをModoにドラッグアンドドロップするだけです。また、グローバルな環境設定にアクセスするための新しいSubstance Kitメニューを追加しました。

Substance Engineを使用すると、GPUエンジンとCPUエンジンの両方でバンプが発生します。CPUエンジンは4Kをサポートしており、GPUエンジンで最大8Kまで出力できます。

 

Linuxサポート

Substance in ModoプラグインはLinuxをサポートしました。

 

CG News

FoundryがModoの有料チュートリアルを無料公開

Foundryがmodoのメンテナンス&サブスクリプションユーザー向けに、有料販売しているチュートリアル($739相当)を無償で公開しました。
https://community.foundry.com/modonaut/training

チュートリアルはFoundryが$20~$249で販売しているもので、モデリング、シェーディング、ペイント、リギングと広い範囲を網羅しています。Rigging Master Course ($249)や、Character Rigging Course($99)も含まれています。
※手違いがあったらしくRigging Master Courseは7月31日に公開が停止されました。

これから3DCGをはじめる人には、素晴らしい学習コンテンツですね。チュートリアルのほかに毎月のウェビナーを予定しているようです。コンテンツにはユーザー情報の「MODO Premium Content」からアクセスできます。