CG 日記

Tips

パーティクルキャッシュの保存方法

ParticleのキャッシュをHDDに保存する場合は、「RealflowParticle」ノードを使用して .BINファイルとして保存します。

「RealflowParticle」を「ParticleSimulation」のポイントキャッシュに接続してから、 「新規シーケンスボタン」で保存先を指定後に「シミュレーション計算ボタン」で計算実行します。1フレーム毎にキャッシュファイルが作成されます。

Tips

modoのウェイトマップテクスチャ

ウェイトマップとグラディエントマップを使用した質感設定について書いてみます。
ウェイトマップを使用することでテクスチャを使用せずに、テクスチャを使用したような質感を作ることができます。

作成手順は簡単です。メッシュに適当にウェイトマップを設定します。

シェーダーツリーで「ウェイトマップテクスチャ」を作成します。

「ウェイトマップテクスチャ」2色しか色を設定できないので細かな色指定ができません。そこで「グラディエントマップ」を追加し「入力パラメータ」を「テクスチャ値」に設定します。
こうすることで「ウェイトマップテクスチャ」の白から黒へのグラデーションを、PhotoShopのグラデーションマップ機能のように、グラディエントマップで設定した色に置き換える事ができます。

 

ウェイトマップテクスチャを「グループマスク」として使用すると、下の画像のようにマテリアルを分けることも出来て便利です。

Tips

グラディエントのテクスチャ値

グラディエント レイヤーの「テクスチャ値」について書いてみます。
グラディエント レイヤーはグラデーションを作れる強力なレイヤーですが、入力パラメータを「テクスチャ値」にすると、グラディエントの下にあるレイヤーの輝度にグラデーションを設定する事ができるようになって便利です。

下のような白黒パターンのテクスチャを設定しします。

グラディエントを作成した、入力パラメータを「テクスチャ値」に設定します。「グラディエント編集」で設定したグラデーションがテクスチャの輝度に割り当てられます。

Tips

modoのRegional HSV レイヤー

テクスチャにランダムに色を設定できる Regional HSV レイヤーについて書いてみます。

modoのシェーダーツリーには Process レイヤーというカテゴリーがあります。これはレイヤー間のブレンドとは別で、リストの下にあるレイヤーを加工・調整するレイヤー機能です。
このProcessレイヤーの「Regional HSV」とEnhance:modo textureの「タイル」を組み合わせると、ランダムな色のパターンを作ることができます。

タイルのテクスチャを貼ると下のようレンダリング結果になります。

タイルのテクスチャには「出力範囲」というオプションがあり、ONにするとランダムに色を設定する事ができます。デフォルトでは白と黒が設定されてます。

このタイルテクスチャの上に「Regional HSV」を追加します。色相 最小/最大の他に彩度や明度の変化など細かく設定できるので、カラフルなパターンを作ることができます。

 

ちなみに 「Regional HSV」はタイルの「出力範囲」にしか反応しないようです。

Tips

modoのFXアイテム

modoはディスプレイスメントマップに対応していますが、プロシージャルテクスチャによるディスプレイスメントをGL上で表示して確認することができません。
GLでLightWaveの「変位マッピング」のようにプロシージャルテクスチャのアニメーションを確認したい場合は「FXitem」と「Textured Falloffs」を使用します。

これまでプロシージャルテクスチャを使用した場合に、メッシュの変形をGLで確認することができませんでした。modo601からはシェーダーツリーに「FXアイテム」が追加され、デフォーマとフォールオフを併用する事でLWの「変位マッピング」のようなアニメーションを確認することができるようになりました。

以下のサンプルファイルではトランスフォームデフォーマにリニアフォールオフを設定、FXアイテムにノイズを追加してエフェクトを「フォールオフ値」にする事で波のような凹凸を設定しています。

■ サンプルファイル

FX アイテムはマニュアルによると、シェーダツリーを使用してシェーディング以外のシーン関連の機能を調整するための機能のようです。現在の所はデフォーマの「フォールオフ」と、パーティクルジェネレータ アイテムのパーティクルの「密度」「ディゾルブ」「サイズ」を調節できるみたいです。

 

Textured Falloffs 参考
http://www.luxology.com/tv/training/view.aspx?id=626

 

Tips

modoのディープシャドーマップ

modoは高速なレイトレースエンジンを搭載していますが、ディープシャドーマップも搭載しています。

ディープシャドーマップはボリューメトリックライトやファーのレンダリング速度が速くなるようですが、透明なマテリアルでステンドグラスのような効果にも使用できるようです。

 

シャドーマップで透明度に対応しているソフトは珍しいですね。

Tips

modoのサブディビジョンとキャットマルクラーク

modoは2種類のサブディビジョンサーフェース機能を搭載しています。初期バージョンから搭載してるmodoオリジナルのサブディビジョンと、501から搭載されたPixar Subdivision Surfaces(キャトマルクラーク)です。この2つのサブディビジョンはエッジウェイトの動作や、丸まり具合に違いがあるので比較してみました。

 

エッジウェイトの比較

modo標準のサブディビはエッジが3辺集まる部分で、LWの頂点ウェイトを使用したような結果になります。
キャトマルクラークは比較的綺麗にウェイトがかりますが、ハードエッジよりの設定だとシェーディングの境界がはっきり出過ぎに見えます。

キャトマルクラークはサブディビジョンレベルによってエッジウェイトの結果が変わります。例えばサブディビレベル4だと、エッジウェイト40%で一番ハードなエッジになり、サブディビレベル5だとエッジウェイト50%でハードエッジになります。サブディビジョンレベルによってエッジウェイトの結果が変わってしまうので、正直使いやすいとは言えません 。
キャトマルクラークを使用する場合は、ループスライスを使用してエッジを立たせる使い方がよさそうです。

 

丸まり方の比較

白いメッシュがmodoのサブディビジョン、緑のサーフェイスがキャトマルクラークです。modoのほうがポリゴン引けが大きいですが、ポリゴンの分割が細かければ誤差は少なくなる気がします。

 

余談

modoのサブディビジョンサーフェースはStuart Ferguson氏とTakiaki Yoshiakiによって開発された独自の細分割曲面アルゴリズムとのことです。
https://community.foundry.com/discuss/post/206282

キャトマルクラークについてはPixarが「参照実装品質」と述べほど模範的な実装になってるらしいです。
https://community.foundry.com/discuss/post/828244

Tips

modoのマイクロポリゴンディスプレースメント

modoのマイクロポリゴンディスプレースメントを試してみました。
ボックスにドットのテクスチャ設定しただけですが、滑らかで綺麗にレンダリングできます。これは凄い!

 

画像を使用してディスプレイスメントを使用するとき、マテリアルの「ディスプレイスメント距離」にはマイナス値がないのに気がつきました。ディスプレイスメントで押し出したいときは画像の「上限値」を100%、へこませたいときには「上限値」を-100%に設定することで押し出し方向を設定できるようです。

Tips

modoのセルエッジ

ウェイトマップを使用してラインの太さを制御してみた。

ウェイトマップテクスチャを使用して「エッジの幅」を変更しています。「値2」に3000%のような大きな値を設定することでラインを太くすることができます。

 

modoのCel Edges Materialはmaxのインクペイントのようシェーダー処理なので反射や屈折に対応できるメリットはありますが、ラインの品質がアンチやサンプリング数によって変わるのでレンダリングに時間がかかります。SIのToonに近い印象ですね。

Tips

modoのサブディビジョンとループスライス

サブディビジョンをループスライスでエッジ立てたるときのメモです。
ループスライスは1分割の場合は特に問題無いのですが、複数分割したい場合にLightWaveのBandSawのプリセットより使い勝手が良くないと思う。という事で使用頻度の高そうな設定をボタンに登録してみました。

エッジウェイトが他のソフトでも共有出来ると良いんですけど、ZBrushを含め確実にエッジを立てたい場合はエッジをカットするのが一番確実ですね。

Tips

ボリュームのアンビエント色

modo 601 SP2から搭載された「volumetric ambient color」機能のサンプルファイルが素晴らしいので紹介します。
http://forums.luxology.com/topic.aspx?f=32&t=67635

上の画像は公開されているサンプルファイルをレンダリングしたものです。
何が素晴らしいかというとボリュームレンダリングはレンダリングに時間がかかります。とくにボリュームでGIを使うと更にレンダリング時間が飛んでいきます。(modoのボリュームはGIレンダリングできません)
このテクニックを使用すると、通常のボリュームレンダリングと同じ時間でGIっぽいライティング効果を得られます。

何をしてるかというと一度頂点カラーマップとして「頂点照射」を行い、その情報をボリュームのアンビエント色として使用する事で、GIのような柔らかいシェーディングを実現しています。

毎フレームGI計算する必要が無いので、純粋にボリュームのみのレンダリング速度ですみます。ライトが移動するようなアニメーションには向きませんが、静止画やライトが動かないシーンでは十分な表現力を提供してくれそうです。

Tips

modoのコースティクス

modoでCausticsのテスト。Vrayマニュアルのパクリです。

メモリ足りなくてこれ以上ノイズ減らせない。ローカルフォトンの値が高ければいいのかと思ったら、像がぼけてしまうので逆に低くするといい感じでした。コースティクスが弱く感じる場合はライトマテリアルで調整。あまりスマートな方法じゃない。

CG 日記

3ds MaxのFluid事情

FumeFXはメジャーなので国内でもよく見かけますね。同社のボリューム系プラグインのAfterBurnも有名です。
6年以上前ちょっと使いましたが、速度も品質も良い感じでした。UIがちょっと独特だった気がします。

FumeFX

Krakatoa

単純なボリューム系であれば、pyroclusterや、環境用のVRayEnvironmentFogなどなど、Maxにはいろいろありすぎ。
RayFireToolとかエフェクトに最適なプラグインが豊富なので、特殊効果には最適な環境だと思いますが…設備投資パネェ!
液体に関してはどのソフトもRealFlowって感じでしょうかね~

CG 日記

XSIのFluid事情

Fluid&Volume系シェーダーといった方が正しいかな?
昔し見たemFluidはインパクトありました。
ボリューム系などエフェクトに弱いとの声も聞かれましたが、XSI7からはICEが搭載され、パーティクル関連の自由度が格段に向上しとことは記憶に新しい。
ICEはHoudiniの後追い。動作不安定だとの話も聞かれましたが、その後はどうなんでしょうね。

emFluid2
http://www.mootzoid.com/html/XsiCorner/emFluid2.html

Particle Shader
http://www.binaryalchemy.de/index_dev.htm

CG 日記

Cinema4DのFluid事情

お隣は安価で色々な選択肢があってうらやましい限りですw
PhyToolsはソフトボディーも良い感じ。
AE用ですがTurbulence.2Dの品質は良さそうに見える。
Fluid Dynamics 2.0より格段にパラメータが多いようですが^^;
自由度が高く面白そう。

PhyTools
http://www.youtube.com/user/Remotion4D?gl=DE&hl=de

Turbulence.4D
http://jawset.com/index.php

DPIT Effex
http://www.dpit2.de/features/fluids.html