Diary

Tips

modoのモデリング機能紹介

modoを使ってて便利に思うモデリング機能について紹介してみたいと思います。いずれもモデリング時に利用頻度の高い機能や、知ってると便利な機能です。

modoのダイレクトモデリングの使いやすさは、選択機能の豊富さとトポロジーの再構築が簡単なところにあると思います。トポロジーの流れがうまくいかないとき、こまごま編集するよりポリゴンを削除して作り直した方が早い。というスピード感のあるツールが気に入っています。

目次

・選択機能
・モデリングツール
・ビュー操作
・表示と非表示
・編集のロック
・センターをバウンディングボックスへ
・ドロップアクション

選択機能

モデリングで必須の操作、選択に関する機能です。

連結選択

ポリゴンのつながりを選択する機能です。

  • ダブルクリック
  • ]

 

選択の拡張と縮小

いわゆる「グロー選択」と「シュリンク選択」です。

  • Shift+ = 選択を拡張
  • Shift+ = 選択を縮小

 

パターン選択

ポリゴンを1つおき、2おきのようにパターンで選択する機能です。

  • = 選択を増やす
  • = 選択を縮小

 

ループ選択

ループ選択です。エッジダブルダブルクリックで動作します。選択後 Delete でエッジを簡単に削除できるので、トポロジーの調節に便利です。

  • L
  • Shift+ = 前のループを追加選択
  • Shift+ = 次のループを追加選択

 

クローズループ 選択

指や腕のような形状で末端側を選択する機能です。

  • Shift]

 

ビトウィーン選択

直線や、矩形範囲を選択する機能です。

  • Shift+ 右マウスボタン クリック
  • Shift + G

 

同一平面上

三角ポリゴンを四角ポリゴンに変換したいときに使用します。同一平面上を実行して Delete でエッジを削除。形状によっては完璧ではありませんが知ってると便利です。

 

最短パス

UV展開用のエッジを選択するのに便利です。

 

自動選択

コンポーネント(頂点、エッジ、ポリゴン)を自動的に選択してくれるオプションです。

 

変換

現在の選択状態を任意のコンポーネント(頂点、エッジ、ポリゴン)に変換する機能です。Alt を押すと各コンポーネントが「変換」ボタンに切り替わります。

 

境界

メッシュの開いたエッジを選択する機能です。Ctrl を押すと「エッジ」が「境界」ボタンに切り替わります。

 

トポロジー対称

対称機能のオプションなのですが、トポロジーから対称位置にあたるコンポーネントを選択することができます。Alt を押すと「対称」が「オプション」ボタンに切り替わります。

 

モデリングツール

使用頻度の高い機能だけ紹介してみます。移動回転スケールがWERキー操作なのは、MayaやMaxと同じです。

 

移動

移動ツールです。Ctrl を押しながらドラッグすると軸固定で移動できます。

  • W

 

回転

回転ツールです。Ctrl を押しながらドラッグすると15°刻みで回転できます。modoはツールアクティブ後、ビューのクリックしたところを基準にトランスフォームを使用することができて便利です。

  • E

 

セレクトスルー

移動や回転ツールのままコンポーネントやアイテムを選択するオプションです。このオプションをONにすると、上に書いたビューのクリック基準での操作が無効になります。アイテムモードの時は基本的にONにした方が便利です。

 

エレメント編集

コンポーネント編集ツールです。頂点、エッジ、ポリゴンを切り替えることなく編集できて便利です。メッシュの微調整はほぼこのツールを使用してます。ツールハンドル(矢印)が邪魔なので、ツールパイプから表示を消すと使いやすくなります。

  • T
  • 右マウスボタン =ドラッグでフォールオフを調節

 

ブリッジ

面の張り直しに便利です。利用頻度が高いツールです。

 

放射状に整列

選択を円形に整列するツールです。メッシュに円形のモールドを作成する時に便利です。

 

四角塗り潰し

Nゴンを四角ポリで埋めたいときに便利です。メッシュが意図しない角度で貼られるときがあるので、そんなときは選択が少し手間ですがブリッジの方が意図した通りに面を貼りやすいです。

 

ポリゴンのコピー

移動、回転、スケールツールのとき Shift+Alt+ 左マウスボタン ドラッグすると、トランスフォーム編集しながら複製することができます。

 

ドラッグ スナップ リジッド

modoはスナップ機能が豊富ですが、ポリゴンのつながり単位でスナップできるドラッグスナップリジッドが便利です。

 

エッジからカーブ

選択したエッジからカーブを作る機能です。

 

エッジリラックス

エッジリラックスの「収束」を使用すると、ベベルのラウンドを消すことができます。

 

トポロジペン

トポロジペンはリトポ用のツールですが、面を貼ってモデリングする場合にも便利です。ペンツールにもショートカット機能追加して欲しい。

  • 左マウスボタン クリック = 移動
  • 右マウスボタン クリック = エッジループ移動
  • 中マウスボタン クリック = 分割
  • Shift + 左マウスボタン = 複製
  • Shift + 右マウスボタン = ループ複製
  • Shift + 中マウスボタン = ループ追加
  • Ctrl + 左マウスボタン = スライド
  • Ctrl + 中マウスボタン = 削除
  • Shift + Ctrl + 左マウスボタン = スムージング
  • Shift + Ctrl + 右マウスボタン = スムージング + エッジループ

 

UVリラックスのピン

ピンを使ってリラックスを編集することができます。便利なUV機能もmodoの特長の1つです。

 

プロシージャルモデリング

modoではダイレクトモデリングと同じ機能がプロシージャルモデリングとして提供されています。プロシージャルモデリングは後からベベルの幅を調節したりできて便利です。

リギングやアニメーションにも対応してます。詳しくは「プロシージャルモデリングの基本」の記事を読んでみてね。

 

ビュー操作

3Dビューポートの操作方法は「マウス入力プリセット」で自由に変更できるので、好きなソフトに切り替えるとよいと思います。私の場合は3dsMaxのプリセットを使用してますが、とくに不便さはありません。

modoのビューポートで唯一変に感じるのが回転です。他の3DソフトのようにY軸を固定してビュー回転したい場合は「トラックボール回転」をOFFにするといいです。

  • Alt + 左クリック = ビューを回転
  • Alt + 中クリック = ビューポートを Z 軸で回転 (バンク)
  • Alt + 右クリック = ビューをフリック回転
  • Shift + Alt + 左クリック = ビューをパン
  • Shift + Alt + 右クリック = ビューをパン (上下のみ)
  • Ctrl + Alt + 左クリック = マウス位置にズーム
  • Ctrl + Alt + 右クリック = ボックスズーム (ドラッグで囲んだ部分を拡大)
  • マウスホイール = マウス位置を中心にズームイン、ズームアウト
  • . = ズームイン (コンポーネント選択モードのみ)
  • Shift + .  = ズームイン (2 倍)
  • ,  = ズームアウト (コンポーネント選択モードのみ)
  • Shift + ,  = ズームアウト (2 倍)
  • G = マウスポインタ位置をビューポートの中央に
  • / = ターンテーブル (コンポーネント選択モードのみ)
  • Shift + / = 縦のターンテーブル (ターンテーブル使用時)
  • A = すべてをビューに収める
  • Shift + A = 選択をビューに収める
  • Ctrl + A = 選択アイテムが正面に見えるようにビューを調整
  • Ctrl + Shift + A = 選択アイテムにズームして正面に見えるようにビューを調整

選択してるコンポーネントやアイテムにビューをフィットさせるショートカットは覚えた方がいいですよ。

 

表示と非表示

モデリングで必須のコンポーネントの表示や非表示機能です。

  • H = 選択を非表示
  • Shift + H = 非選択を非表示
  • Ctrl + H = 非表示の反転
  • U = すべて表示

アイテムモードでも同じショートカットが使用できます。

 

編集のロック

モデリングで必須のコンポーネントのロック機能です。メッシュを誤って編集しないように使います。

  • J = 選択をロック
  • Shift + J = 非選択をロック
  • Ctrl + J = ロックを反転
  • I = ロックを解除

アイテムモードでも同じショートカットが使用できます。

 

アクションセンター

アクションセンターはツールの基準となる位置を決める機能です。ポリゴンの面に合わせたりさまざまなルールを指定することができます。

  • Alt + W = 原点
  • Alt + E = ピボット
  • Alt + A = 自動
  • Alt + S = 選択
  • Alt + D = 選択中心と自動軸
  • Alt + F = スクリーン
  • Alt + Z = エレメント
  • Alt + X = ローカル

「ローカル」を使用すると、複数のポリゴンをまとめて編集することができて便利です。

 

作業平面

作業平面は3D座標系とは別にモデリングツールの基準となる平面です。modoのモデリングツールは基本的に作業平面を基準に動作します。使用方法がわかると、とても便利な機能です。

作業平面は選択したコンポーネントに設定する事が出来ます。作業平面を使用してメッシュを作成したり、「地面整列」の基準に使用することができます。

  • Home = マウスポインタの下の形状に合わせる
  • Shift + Home = 選択に合わせる
  • Ctrl + Home = ビューポートに合わせる
  • End = 作業平面 のリセット
  • Shift + End = 作業平面 プロパティポップオーバーを開く
  • Page Up = プラス方向に移動
  • Page Down = マイナス方向に移動

作業平面を使用して指定したポリゴン位置にアイテムを移動することもできます。スナップを使用しても同じことができますが、作業平面はマクロと組み合わせることができるので便利です。

 

スクリーンに整列

他の3Dソフトではパースビューでコンポーネントを編集した場合、パースビューから見た平面でツールが動作します。modoで同じようにツールを動かした場合は「スクリーンに整列」を使用します。

似た機能としてアクションセンターの「スクリーン」もありますが、アクションセンターはツールごとの設定であるため、ツール切り替えのたびに変更が元に戻ります。作業平面であればツールに関係なく、ビュースクリーンを使用して動作します。用途に合わせて使い分けると便利です。

 

センターをバウンディングボックスへ

アイテムのセンターやピボットをメッシュのバウンディングボックスに移動する機能です。中心、上下左右に設定できて便利です。センターはアイテムモードで回転するときの基準になる位置です。詳しくは「modoのセンターとピボット」の記事を読んでね。

 

参照システムを設定

参照システムはワールド座標系から、アイテムのローカル座標に切り替える機能です。シーンにアイテムを配置した後や、アニメーション後にモデルを修正したい場合に便利な機能です。

 

ドロップアクション

ドロップアクションはアイテムをレイアウトするときに便利な機能です。例えばテーブルの上や、でこぼこの地面にぴったりアイテムを配置するときに便利です。

リギングではロケータの位置をスケルトンと同じい位置に移動したいことが多々ありますが、ドロップアクションを使用するとドラッグアンドドロップで素早く配置できます。

 

今回は紹介しきれませんでしたがループ追加のような定番ツール、メッシュコンストレイント、頂点に格納されてるのでメッシュをカットしても壊れないモーフマップやUV、トランスフォームマップを使うと頂点単位で制御可能なインスタンスなどなど、他にも多くの便利な機能が搭載されてます。

modoは初期バージョンがモデラーとしてリリースされたこともあり、モデリング機能が充実してます。他の3Dソフトでは別途スクリプトやプラグインが必要な機能も標準で搭載されていて便利です。
また既存のツールも継続的にアップデートして改善するという開発ポリシーがあるため、古くなったツールが使いやすくアップデートされるのも便利さに貢献しています。最近のバージョンだとベベルメッシュペイントジッターツールが更新されました。

これらのmodoのモデリング機能は、他の3Dソフトにも影響をあたえてきました。現在では他のソフトに類似機能が搭載され、カタログスペック上は同じことができるようになってます。ですが「アーティストフレンドリーなツールによって生産性を向上させる次世代3Dコンテンツ作成ソフトウェア」を目標に開発されてきたmodoの使い勝手のよさは、まだまだ色あせてないと思います。

私は他の3Dソフトも使うのでmodo 601の頃は不便に感じるところもありましたが、modo 10以降は不便さも解消されてると感じます。現在は強力なプロシージャルモデリングも搭載されて満足度の高いソフトに成長してます。ポリゴンモデリングに興味あるひとは、ぜひmodoにチャレンジしてみてね!

次回はmodoのUI機能を紹介してみたいと思います。

 

参考

モデリングのチュートリアルビデオのリンクを貼っておきます。どんなプロセスでモデリングしてるか参考になると思います。

https://youtu.be/dLoZDQ2WoQo

CG News

V-RAY NEXT FOR MODO リリース

V-RAY NEXT FOR MODO が リリースされました。
https://www.chaosgroup.com/news/v-ray-next-for-modo-now-available

価格
  • レンタル月額 € 40、年間 €250
  • 新規購入 €570
  • アップグレード € 285

MODOに含まれるV-Rayの次のヘッドライン機能

アダプティブドームライト

インテリアシーンにポータルライトを追加する必要なしに、V-Rayシーンインテリジェンスを使用して、より速く、よりクリーンでより正確なイメージベースの照明。

新しいマテリアル

Physical Hair Materialはリアルに見える髪をレンダリングします。さらに標準のV-Ray Materialには、PBRシェーダワークフローをサポートするための新しいMetalness反射コントロールが追加されています。

2X FASTER GPU

レンダリングよりハイエンドなプロダクション機能をサポートする、高速で新しいGPUレンダリングアーキテクチャ。

より優れたノイズ除去

新しいNVIDIA AI Denoiser を使用すると、V-Rayはより少ないノイズでビューポートIPRに即座にフィードバックを提供します。そして、あなたは合成の追加コントロールのために個々のレンダーエレメントをノイズ除去できます。

新しいエフェクト

グレアとブルームレンズの効果はより速くより正確になるように完全に再設計されました。ローリングシャッターはデジタルビデオと携帯電話のカメラでよく見られる歪んだモーションブラー効果をエミュレートできます。

もっと詳しく

CG News

MeshSync for Modo

DCC ツール上のモデルの編集をリアルタイムに Unity に反映させるツール「MeshSync」のmodo用プラグインが公開されました。
https://github.com/unity3d-jp/MeshSync

概要

  • ポリゴンメッシュ、カメラ、ライトの同期に対応しています。Mesh Instance や Replicator も部分的にサポートしています。
  • ポリゴンメッシュはスキニング / Joint と Morph も Unity へ持ってこれるようになっていますが、デフォーマの扱いには注意が必要です。
    • MeshSync が解釈できるデフォーマは Joint + Weight Map 方式のスキニング、および Morph のみです。それ以外のデフォーマは無視されます。
    • “Bake Deformers” をチェックすると、デフォーマを全て適用した結果を送ります。複雑なデフォーマ構成であっても Unity 側の Mesh の内容がほぼ一致するようになりますが、代償としてスキニングや Morph/Blendshape の情報が失われます。
    • Mesh Instance や Replicator のスキニングは正しく Unity 側に反映できません。”Bake Deformers” を使う必要があります。
  • “Double Sided” をチェックすると Unity 側で Mesh が両面化されます。
  • 負のスケールは部分的にしかサポートしていないので注意が必要です
    • XYZ 全てが負の場合は正しく同期できますが、X だけ、Y だけ負のような場合も Unity 側では XYZ 全てが負として扱われてしまいます
  • コマンドからも MeshSync の機能にアクセスできます。unity.meshsync.settings で設定の変更、unity.meshsync.export でエクスポートできます

 

Modo は 13 以降 Mood Bridge for Unity という機能が搭載されており、Unity に直接 Mesh や Material を送ることができるようになっています。MeshSync と機能的に近い部分もありますが、以下のような違いがあります。(2019/04 現在)

  • Mood Bridge は Modo <-> Unity の双方向の同期をサポートします。MeshSync は Modo -> Unity の一方向のみをサポートします。
  • MeshSync は Replicator、Mesh の Skinning/Morph、アニメーションを同期できます。Mood Bridge は現状これらはサポートしていません。
  • MeshSync は できるだけ FBX 経由で Unity にデータを持っていった時と近い結果になるように努めています。一方、Modo Bridge では座標系が異なる (Z 方向が反転する)、Mesh のインデックスが展開されている (1000 triangles のモデルは 3000 頂点になっている) などの顕著な違いが出ます。
参考資料

Interdax Launch Video

Interdaxという暗号取引プラットフォームのローンチビデオだそうです。

参考資料

KandaoのAIを使用したスーパースローモーション変換

中国のカメラメーカー Kandaoが機械学習システムを使用して、30fpsの通常のビデオを最大300fpsの超スローモーションに変換できる「AIスローモーション」と呼ばれる新機能を発表しています。
この機能は360 / VRカメラであるObsidianとQooCamに適用され、どちらも高品質のスローモーションを作成できるカメラにアップグレードされる。
https://www.kandaovr.com/2019/04/09/kandao-cameras-use-ai-to-turn-normal-video-into-300fps-super-slow-motion/

新機能を使用すると、ユーザーは撮影後にフッテージを最大10倍のスローモーションできます。たとえば、元々8K 30fpsでキャプチャされた360度ビデオは8Kで240fpsのスローモーションに変換でき、4K 60fpsのビデオは4K 480fpsでエクスポートできます。

Tips

modo 入門向けコンテンツの紹介

これからmodoをはじめる人向けのリンクをまとめました。modoを使ってみたいけど、どこからはじめればいいかわからない。どんな感じのソフトか知りたいという人は、上から順番にリンクたどってみるといいと思います。

とりあえず、ビデオ見ながらボタンを押しまくって覚えよう!

 

modo 入門ビデオ

modoをはじめるときに見ておくべき入門ビデオです。インターフェイスの説明からモデリング、UV、スカルプト、ペイント、レンダリングと一通りの機能が解説されていて、大まかにどんな感じで使えばいいかわかるようになります。
http://modogroup.jp/modo/training_materials/901basic

 

コーヒーマグ

modoの概念や基本機能を使用してモデリングとレンダリングの基礎を学べます。内容は古いものですがステップバイステップでモデリングとレンダリングを学べる内容です。下のリンクは英語マニュアルですが、日本語マニュアルにも同じチュートリアルが含まれています。
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/tutorials/tutorials_written.html

 

Modo Japan Group 連載コラム

モデリング、レンダリング、アニメーション機能のチュートリアルです。3DCG初心者が読んでもわかるように丁寧に書かれてます。はじめてモデリングにチャレンジする方は、このコラムに沿ってモデリングしてみるといいと思います。
http://modogroup.jp/modo/column

 

Modo Japan Group の機能紹介・チップスサイト

modoの新機能や基本機能の使い方のビデオが多数公開されてます。この機能どうやって使うんだろ?と思ったらここで検索するといいです。オフィシャルの日本語ビデオがここまで充実してる3Dソフトは他にない気がします。
http://modogroup.jp/tipsblog/contents/

 

modo トレーニングビデオ

modo 101 ~ modo 10.2 までの基本機能の紹介や、機能を組み合わせた応用的な使い方のビデオが公開されています。
開発者じゃないと知り得ないようなデモがあったりして面白いです。modoの機能に慣れてきたら見るといいと思います。
http://community.thefoundry.co.uk/tv/training/
http://community.thefoundry.co.uk/tv/training/index.aspx?page=65

 

modo 公式のチュートリアル

英語のチュートリアルですが、さまざまな業種向けのチュートリアルビデオが公開されています。ムービーなので見ながら学べます。3dsMax、Maya、Softimage、Cinema 4Dユーザーがmodoをはじめるためのムービーも公開されています。
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/tutorials.html

・基本トレーニングシリーズ
・宇宙船を作る
・建築モデリング
・インテリア照明

 

マニュアルの付録、ショートカット集

下のリンクは英語マニュアルですが、日本語マニュアルにも同じショートカット表が含まれています。作業をスピードアップするにはショートカットは必須です。
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/appendices/appendix_a_keyboard_shortcuts/keyboard_shortcuts.html

 

pixelfondue

pixelfondueはLuxology創設者のBrad氏らが運営する2Dや3D関連のトレーニングや情報を提供するサイトです。中でもmodoの機能やテクニックを解説したVaughan氏の60秒ビデオは投稿数が360個を超えており、とてもわかりやすい内容で必見です。現在はmodoのマニュアル内にもビデオへのリンクがあります。
https://www.pixelfondue.com/training

 

Modo Premium Contents

modoのメンテナンス&サブスクリプションユーザー向けに、有料販売しているチュートリアルを無償で公開しています。
モデリング、レンダリング、アニメーションなどさまざまなジャンルに特化した有料チュートリアルを見ることができます。
全て英語ですがサンプルシーンもダウンロードすることができます。ステップアップに少し複雑なチュートリアルにチャンレンジしたい場合にお勧めです。
https://community.foundry.com/modonaut/training

 

MODOにおけるアニメーションの原理

いわゆるアニメーションの基礎、「アニメーションの12の原則」をmodoを使用して解説したムービーシリーズです。
https://community.foundry.com/playlist/1045/exploring-the-principles-of-animation-in-modo

「アニメーションの12の原則」とはウォルト・ディズニー・スタジオ内の経験から生み出されたいきいきとしたアニメーションを作るための原則で、伝説的な9人のアニメーター「ナイン・オールドメン」のうち2人、フランク・トーマスとオリー・ジョンストンよって書かれた本「ディズニーアニメーション 生命を吹き込む魔法 ― The Illusion of Life」で紹介されているものです。アニメーションを作る上で普遍的な要素なので覚えておいたほうがよいです。

 

modoを使ってる個人ブログは多くないかもしれませんが、Modo Japan Groupさんが多くの情報を公開してくれてます。公式の正確な情報源があるのは助かりますね。

modoのリギングなど、少し手の込んだことをやりたくなったら、私のTips記事も参考にしてみてね。

CG News

Nuke Point Render

Nuke用のポイントレンダリングエンジンがリリースされてます。価格はシングルライセンス€30、サイトライセンス€200。
https://higx.net/point_render/

フルスイート

ポイントレンダリングには、ジェネレータ、モディファイヤ、シェーダ、ユーティリティなどの一連のノードが付属してい ます。それらは複雑なルックスを思いつくことを容易にし、そしてその最終的なルックスを決めるために素早く繰り返す。

 

ワンピクセル

「ポイントレンダリング」という名前は、それが1ピクセルサイズのアダプティブ ポイントを描画するという事実に由来しています。画面を埋めるにはたくさんのポイントが必要ですが、ポイントレンダリングでは何百万というポイントをインタラクティブな速度で簡単に処理できます。システムRAMが唯一の制限事項です。

ネイティブノードのみ

ネイティブのニュークノードのみを使用して作成されています。これはアップデートを必要とせずに、今後あらゆるバージョンのnukeで動作することを意味します。

 

オープンソース

すべてのBlink Scriptノードは、必要に応じて探索、学習、および変更できるように開いたままになっています。

 

参考資料

MayaからUnrealEngineを制御「PiStage」

MayaからUnrealEngineを制御するツール。価格は月$199、年間$1,999。
こういうツールあるだろうなと思ってたけど、やっぱりあった。UnrealEngineを覚えなくていいというのがいいですね。
https://www.pisquare.com.tw/pistage

PiStageの機能

コンテンツ作成ツール

モデル、スケルトン、シェーダなどのゲームエンジンに準拠したコンテンツを簡単に作成するのに役立ちます。

MayaからUnreal Viewportへの同期

アニメーター、ライター、カメラマン、FXアーティストは、シーンを編集しながら最終結果を即座に確認できます。この機能は、3Dライブショーを作るのにも役立ちます。

アセットコンバーター

3DアセットをMayaからUnreal Engineに簡単に変換します。

レンダラ

Mayaの他のレンダラと同じように、Beauty、Alpha、Depth、Ambient Occlusion、Normalの各レンダリングを任意の解像度で渡します。Maya Render Layersの限定的なサポートが含まれています。

シーンパッカー

あなたのシーンのレイアウトやアニメーションをプレイ可能なゲーム映画に変換します。

 

PiStageの利点

  • Mayaのアニメータがトレーニングなしでゲームエンジンを制御できるようにすることで、コストを最小限に抑えます。
  • Unreal Engine 4の画像品質とレンダリング速度を活用します。
  • Mayaで作成したアセットをインポートするためにUE4エディタを使用する必要はありません。
  • 高解像度のマルチレイヤー画像を生成するハイエンドレンダリングコントロール。
Tips

modoでコンポーネントのランダム選択

modoのコンポーネント(頂点、エッジ、ポリゴン)をランダム選択する方法を紹介します。使用頻度は多くないかもしれませんが、地面やレンガなどランダムに選択して起伏をつけたいときに便利です。

 

modo 12.0にはHatchet Collection Python Scriptsから、いくつか便利スクリプトがmodoに搭載されるようになりました。マニュアルには「曲線のオフセット、ランダム選択、フラット化など、さまざまな新しいツールがインターフェイスから利用できるようになりました」と書かれてるのですが「ランダム選択」はメニューにもツールパレットにも表示されていません。

しかしスクリプトはインストールされているので、コマンドを実行すれば「ランダム選択」を使用できます。

 

ランダム選択 コマンド

  • @ppi_Random_Select_Edges.py
  • @ppi_Random_Select_Polys.py
  • @ppi_Random_Select_Verts.py

 

半分選択 コマンド

もう一つUIに表示されていない選択機能があります。象限を指定して選択する機能です。対象モデリングで半分だけ選択して削除したい場合に便利だと思います。

  • @ppi_Select_Half.py

 

参考

フォーム編集でUIにボタンを追加しておくと便利に使えるようになると思います。

Tips

modoのプロシージャルメッシュをリジッドボディダイナミクスで使用する方法

modoのプロシージャルメッシュをリジッドボディダイナミクスで使用する方法について書いてみたいと思います。

modoではメッシュを選択して「アクティブリジッドボディ」ボタンを押すと、プロパティに「ダイナミクス」タブが追加されて「シミュレーションを演算」することができます。

ところがプロシージャルメッシュ(メッシュオペレータ)でメッシュを生成した場合、通常の手順で「シミュレーションを演算」してもうまく動作しません。ダイナミクス タブで「スタティック」をOFF、「衝突シェイプ」を任意に変更する必要があります。

恐らく「アクティブリジッドボディ」ボタンはメッシュオペレータでメッシュを生成したものを認識せず、空のメッシュアイテムとしてダイナミクスの初期設定を行います。手動で適切に設定してあげれば、リジッドボディダイナミクスとして計算する事ができます。

今回のスケマティックはこんな感じ。Encode Stringはmodo 13以降は不要です。

 

プロシージャルメッシュをSwitch Stringで切り替えた場合、リジッドボディは0フレーム目のメッシュを使用してシミュレーションを実行する気がします。また、プロシージャルメッシュを「ソフトボディ」で計算することはできないようです (modo 13.0現在)。「シミュレーションの再生」ボタンではシミュレーションが実行されるのですが、「シミュレーションを演算」しても演算結果がキャッシュできないようです。

プロシージャルメッシュとダイナミクスの組み合わせは、もう少し改善してくれると助かりますね。

 

参考