参考資料

ACESCGについて知っておくべきこと

ChaosgroupがカラーエンコーディングシステムACESに関する記事を公開しています。ACESは実写向けとして普及していましたが、近年は3Dソフトやレンダラーでの対応が進んでいます。modoも14.1でACESに対応しました。

https://www.chaosgroup.com/blog/everything-you-need-to-know-about-acescg?utm_campaign=All-Feature-2020-h2-cg-blog-product-features&utm_content=v-ray-for-maya&utm_medium=social-organic&utm_source=twitter

 

ACESとは?

ACESはメディアやエンターテイメントを中心に世界中で広く採用されているカラーエンコーディングシステムです。ACESはAcademy Color Encoding Systemの略で、映画芸術科学アカデミーによって開発されました。

カラーエンコーディングシステムは何年も前から存在しています。sRGBやRec709など、ご存知の方もいるかもしれませんが、これらはフィルムや標準画質テレビなどの古いシステム向けに設計されたものです。
現在、最新のカメラ、特にデジタルカメラは、sRGBよりもはるかに多くの色を表現することができます。これらのカメラシステムはすべて独自のRAWファイルフォーマットを使用しており、撮影者はカメラが撮影できる色の全域を表現できるようになっています。

問題は、それらのRAWフォーマットがお互いに互換性がないことです。そこでアカデミーは、すべてのカメラデータを同じ色空間に配置するための新しい最新のカラーエンコーディングシステム(ACES)を考え出しました。これにより、カラリストは多くの異なるソース間で一貫性を保つことができるようになりました。

しかし、ご存知のように現代の映画にはビデオだけでなく、かなりの量のCGIも含まれています。そのようなものとして、VFXの世界は同じ色空間に適応しなければなりませんでした。それ故にACESの別のフレーバーであるACEScgが誕生しました。

 

何がACESをより良くしているのか?

簡単な答えは広色域です。人間の視覚はほとんどの場合、非常に多様な明るさで多くの異なる色を見ることができます。昔のテレビやフィルムでさえ可能なことは限られていました。新しいカメラ、テレビ、そしてドルビーシネマのようなレーザープロジェクターでさえも、可能な色と明るさの範囲ははるかに広くなっています。これを理解するための最良の方法は、どれだけ多くの色が見えるかを示す標準的な色域グラフです。

 

ACESにはなぜこんなに多くの異なるフレーバーがあるのでしょうか?

すべてのフレーバーはほぼ同じ色空間を示していますが、技術の違いにより、その色空間をエンコードする方法が若干異なっていました。ある種のカラーコレクタは、データを対数的にエンコードする必要があったため、データがより良く機能するようになりました。いくつかのカラーコレクタは、古いCineonファイルが使用していたものに近いカーブを必要としていました。これがACEScctにつながりました。

CGの世界では、すべてのデータはカーブのないリニアのままであれば、より良いものになります。そこでアカデミーはACES ACEScgのリニアバージョンをACES ACEScctと名付けることにしました。V-Rayでは、ACEScgのみをサポートしていますが、これはCGI作業のために選択される色空間であり、混乱を避けるのに役立ちます。

 

ACESは私のワークフローにどのような影響を与えますか?

技術的には、いくつかのステップを踏めば、ワークフローに影響を与えることはありません。テクスチャやHDRなどは、出力で期待される色を得るために、すべてACEScgに変換する必要があることを認識する必要があります。これはMayaの設定で処理されますが、最終的にはV-Rayで変換を行います。

入力画像については、以下のカラースペースをネイティブでサポートしています。Raw、ACEScg、シーンリニアまたはガンマ Rec.709、 sRGB。その他の入力カラースペースが必要な場合は、OCIO を使用する必要があります。
Maya がテクスチャのカラー スペースをどのように決定するかに注意する必要があります。カラー マネージメント(Color Management)」設定では、ファイル名のパターンに基づいてテクスチャにカラー スペースを割り当てるルールのリストを設定することができます。これは、Maya のテクスチャに入力カラースペースを割り当てる主な方法です。

OCIO を有効にしている場合は、"Use OCIO input color space rules "を有効にするオプションもあります。これは OCIO 設定のすべてのカラースペースを Maya の暗黙のルールとして追加するもので、イメージのファイル名に OCIO カラースペース名がある場合は、そのカラースペースが自動的に割り当てられます。最後に、ルールベースのシステムに適合しないファイルがいくつかある場合は、特定のファイルノードのアトリビュートからその色空間をオーバーライドすることができます。いずれにしても、V-Rayは画像の入力色空間が設定されているものは何でも尊重し、それを推測しようとはしません。

 

次に、選択肢があります。Mayaの環境設定に移動して、Mayaで出力色空間を設定できます。

 

しかし、Mayaの設定をバイパスして単純にV-Rayに任せたい場合は、V-Rayのレンダリング設定でこれを行うことができます。

 

結論

ACEScgはカメラと同様に両方の入力システムでネイティブに使用されている新しい標準的な色空間であり、V-Rayのような出力プログラムです。これにより、より広い色域とより高いダイナミックレンジが可能になります。
V-Ray 5 for Maya はこれをサポートしているだけでなく、Maya の中のネイティブ カラー マネージメントを尊重しています。そのため、V-Ray for Maya プロジェクトが ACEScg にあることを確認することは、これまで以上に簡単になりました。

コメントを残す