CG News

3ds Max 2021.2 リリース

3ds Max 2021.2 がリリースされました。スプライン面取りとスマート押し出しが便利そうです。

https://makeanything.autodesk.com/3dsmax
http://help.autodesk.com/view/3DSMAX/2021/JPN/?guid=GUID-263FADB9-DC7A-4B87-BACE-8D47280418EE

 

テクスチャにベイク

  • 改良されたインターフェースと検索機能により、マップ閲覧エクスペリエンスが改善されました。
  • インストールされているすべてのレンダリングエンジンから利用可能なマップを使用して、ベイクキューを参照して作成します。

 

ユーザーインターフェース

  • レンダーメッセージウィンドウはQt UIフレームワークで更新され、オプションの自動スクロールなどのナビゲーションが改善されています。

 

マテリアルとシェーダーの進化

  • Non-Tiling Bitmapシェーダーを含む新しいOSLシェーダー。ランダム化された変換を適用して、リピートしたタイルに見られるアーティファクトを克服します。

スプライン面取り

  • このモディファイアはユーザーがフィレットまたは面取りをスプラインシェイプに適用したり、モディファイヤスタックに渡されるノットポイントを介して適用したりする機能を提供します。
    フィレットまたは面取りの出力結果は、ノットポイントの入力ベクトルと出力ベクトルに基づいて計算されます。ユーザーはスプラインインフルエンサーヘルパーを利用して、このモディファイアの影響を受けるノットに影響を与えることもできます。

 

スマート押し出し

  • ユーザーが実行する編集可能ポリゴンコンポーネントの押し出しでは、隣接する同一平面上で使用すると、出力結果がクリーンアップされ、既存のメッシュジオメトリと統合されます。
    この新しいモデリング機能により、アーティストはより直感的に作業してジオメトリをクリーンアップするために頻繁に停止する必要なく、希望する視覚的な出力を作成できます。

 

選択の改善

  • オブジェクトおよびコンポーネントレベルのプレビューおよび選択方法が改善され、編集可能ポリゴンまたは編集ポリゴンモディファイヤを使用する際のアーティストのエクスペリエンスが向上します。

コメントを残す

*