CG News

3dsMaxのレンダーパスマネージャー「renderStacks」

3dsMaxのレンダーパスマネージャー「renderStacks」がリリースされました。シーンファイルに情報を保存するため、プラグインが不要なようですね。

https://renderstacks.com/renderstacks/

価格
  • サブスクリプション1ユーザー $ 59.99/年
  • 1年間のメンテナンス付き永続ライセンス $ 249.99
  • 非営利目的での使用は無料です。

 

renderStacksとは?

3dsMax用のレンダーパス/ジェネリックタスクマネージャーです。RPManager、LPass Manager、Prism、StateSet、Scene Stateを使ったことがある人ならわかると思います。みたいなものです。しかし、より賢く、より速く、より安定したものを目指しています。

一言で言えば、RenderStacksではパスごとに実行されるタスクのシーケンスを定義でき、シーンごとに無制限にパスを持つことができます。
例えば「ビューポートをCamera001に設定し、解像度を1920×1080に設定し、出力パスを "Z:\project\awesome\...\v001awesome_bty.exr "に割り当て、フレーム範囲を100から300に設定する」、「ティーポットにレッドプラスチックを適用する」などのように、「Bty」というパスをrenderStacksに指示することができます。

renderStacksを使えば、アーティストのよくあるシーン管理の手間が省けます。パスを一度設定するだけで、アート制作に集中できます。単純なミスでどれだけのレンダーノードの時間が無駄になったことでしょうか?
renderStacksは潜在的なヒューマンエラーの多くを防ぐのに役立ちます。さらに優れているのは、スクリプトを一行もコーディングすることなく、アーティストに優しいUIでこれらすべてを行うことができるということです。

 

インスピレーションのいくつか

renderStacksの開発者は、3dsMax用の他の多くのレンダーパスソリューションを手に取り、3dsmax用の階層型レンダーパスマネージャのような未発表のソリューションのビデオを研究してきました。 また、ModoのレンダーパスシステムやMayaのレンダーセットアップとレンダーレイヤーなど、他のDCCソリューションもチェックしました。 renderStacksは、アーティストとしての長年の制作経験から生まれたもので、他のソリューションの最高の機能を組み合わせたものです。私たちは renderStacks を Uber のレンダーパスマネージャーだと考えています 。

ここでは、RenderStacksの主な機能、ハイライト、そしてその背景にある考えをご紹介します。

 

欲しいものは何でもコントロールし、必要なものだけをコントロールする

renderStacksの主な目的は、扱う必要のあるシーンファイルの数を減らすことです。これにより、1つのシーンファイルからより多くのことができるようになります。そのためには、このツールはパスごとに非常に包括的なコントロールを提供しなければなりません。カメラ、解像度、フレーム範囲、オブジェクトの可視性、マテリアルオブジェクトのプロパティ、レンダラーのパラメータなどをコントロールすることができます。このドキュメントの最後にサポートされているpmodifier(パスモディファイア)のリストを見ることができます。

しかし、たとえ renderStacks が多くのパラメータを制御できるとはいえ、常にすべてのパラメータを制御する必要はありません。例えば、パスごとに異なるしきい値を設定したい場合、パスごとにすべてのレンダラーパラメータを管理する必要はありません。 renderStacks は何を制御するかについて非常に細かい粒度を提供し、どのパラメータを使用するかを明示的に選択することができます。

 

スタックベースのワークフロー

renderStacksはスタックベースです。驚きです。ノードベースのワークフローが好きなユーザーもいると思います。しかし、スタックベースのワークフローを選んだ理由はいくつかあります。

  • スタックがコンパクトだからです。3ds Max のモディファイア スタックが、ノードベースのものと比べてどれだけコンパクトか見てください。スタックアプローチでは、スクリーンスペースの 4 分の 1 以下で多くのパスを見ることができます。
  • 読みやすい - 各パスは基本的に一連のタスクです。ノードのスパゲッティで思考をナビゲートしたり、UI に散在する可能性のあるすべての UI ウィンドウを探したりするのではなく、そのパスで何が起こっているのかを読み取って把握することは、はるかに簡単です。

これに関しては、モディファイア スタック、LPass Manager、Prism、そして特に 3dsmax 用の Hierarchical Render Pass Manager からヒントを得ました。

 

パフォーマンス

パスの切り替えに数秒以上待つのが好きな人はいません。ユーザーのシーンには何億ものポリや何万ものオブジェクトがあることを知っています。私たちは、3ds Max のパフォーマンスを少しでも引き出すために、長年の間に学んだあらゆるトリックを駆使してきました。まだまだ改善の余地があると思いますが、RenderStacksは類似のソリューションの中で最高のパフォーマンスを提供できると確信しています。

 

1つの場所ですべてをコントロール

renderStacksを使用すると、レンダリングに関連するすべてのパラメータを一箇所でコントロールすることができます。これは、レンダリングとシーン管理に必要なすべてのパラメータパレットのようなものです。コントロールする必要のあるすべてのパラメータが指先に集まっているので、レンダーセットアップダイアログやオブジェクトのプロパティダイアログを開く必要はありません。

 

手続き型・動的オブジェクト選択

従来の3ds Maxの選択セットから、RenderStack独自のレイヤーセットまで、オブジェクトのグループを動的に定義し、統一された方法で利用するための様々な方法を提供しています。

与えられたオブジェクトセットを様々な方法(マットオブジェクト、ライティング除外など)で複数回のパスで使用し、それらが同期していることを確認する必要がありますか? renderStackの様々なオブジェクトセットを使用すると、これらの作業が簡単になり、エラーが発生しなくなります。

 

パイプライン/チームフレンドリー

パイプラインの集中管理が必要ですか?パスの自動設定?renderStacksは、アーティストからの機能アクセスをオーバーライドまたはブロックするための様々なパイプラインフックを提供します。必要な数だけコントロールを追加することができます。さらに多くのコントロールが必要な場合は、お問い合わせください。それとも、スクリプトでパスを自動生成したいですか?renderStacksのすべての機能にMaxscriptでアクセスすることができます。

renderStacks は、ユーザー間でセットアップデータを簡単に保存して共有する方法も提供しています。アーティスト間で選択したパスを保存してマージすることもできます。

 

トークン

もう出力パスを入力する必要はありません。様々な組み込みトークンでルールを設定するだけです。おそらくそれ以上のものは必要ないでしょう。しかし、本当に個性的な花を咲かせたいのであれば、独自のトークンを作ることもできます。出力名を一度設定して、起動時のRenderStacksファイルに保存するだけです。これで、出力ダイアログを開く必要がなくなります。

 

自動で汎用的なサードパーティのサポート

レンダラやプラグインを選択して、RenderStacks がどんな素晴らしい新しいオプションをサポートするかを待つ必要はありません。その機能がMaxscriptに公開されている限り、RenderStacksは自動的にそれらの機能を確認し、使用できるようにします。

現在、VRay, Arnold, Corona, Redshift, FStorm, ART, Scanlineを完全にサポートしています。しかし、ほとんどの機能はどのレンダラーでも動作します。

 

外部ファイルを使用しません。プラグインなし

renderStacksは必要なものをすべてmaxシーンファイルに保存します。外部ファイルを扱う必要はありません。また、RenderStacksのデータはパスのために実行する必要がある命令のシーケンスに過ぎません。レンダーノードに何もインストールする必要はありません。シーンファイルをクライアントやサードパーティのレンダーファームに送りたいですか?パスを有効にしてファイルを保存するだけです。クライアント側やレンダーファームでは何も必要ありません。

 

本当にアーティストのために。スクリプトは必要ありません。

私たちが出会った3dsMaxアーティストのほとんどは、スクリプトを知らないし、やりたくもありません。ユーザーがスクリプトを必要とするなら、なぜ renderStacks が必要なのでしょうか? 自分たちで作ればいいのに。私たちは、アーティストは必要なことを何でもできるようにすべきだと確信しています。私たちは、UIを通してすべてのものにアクセスできるようにするために多くの努力をしてきました。

 

レンダリングのためだけではありません

最後に、renderStacksは単なるレンダーパスマネージャではありません。単にレンダリングを提出するだけではありません。流体シミュレーションのために様々なシミュレーション設定の組み合わせを実験する必要がありますか?変更した内容を覚えるためにメモを取る必要はありません。シミュレーションパラメータを設定し、RenderStacksパスを作成するだけです。 シミュレーションパラメータはRenderStacksパスと一緒に保存されます。シミュレーションを実行して、別のシミュレーションを試したい場合は、シミュレーションパラメータを変更して、別のRenderStacksパスを作成し、シミュレーションを再度実行してください。 最初のシミュレーションの結果が良い場合は、最初のRenderStacksパスを有効にしてください。 モデリング中にシーン内のすべてのTurboSmoothをオン/オフするにはどうしたらいいでしょうか?"モデル "パスと "プレビュー "パスを作成し、RenderStacksですべてのTurboSmoothをオン/オフすることができます。 基本的には renderStacks を使って、異なるパラメータの状態を切り替えることができます。

 

現在の pmodifier リスト

  • アライメント - オブジェクトの親とトランスフォームごとのアライメント
  • アニメーション範囲 - アニメーションの開始フレームと終了フレーム
  • 大気 - 大気のオン/オフごとに
  • BackBurner - バックバーナーのサブミット
  • カメラ - カメラ, 開口部幅
  • Deadline - すべてのDeadline 設定
  • 環境 - 環境ダイアログの共通パラメータのすべてのパラメータがロールアウトされます
  • 露光 - 露光制御の全パラメータ
  • FrameRange - スキップフレームをサポートしたフレーム範囲をレンダリングする
  • LightOn - ライトのオン/オフごとに
  • ManyObjParams - オブジェクトのすべてのパラメータは,動的なオブジェクト選択で修飾子を含みます
  • マテリアル - オブジェクトごとにマテリアルを割り当てます
  • ObjParams - オブジェクトのすべてのパラメータに修飾子が含まれます
  • ObjPropsDisplay - オブジェクトのグループごとのオブジェクト表示プロパティ
  • ObjPropsRender - オブジェクトのグループごとのオブジェクトレンダリングプロパティ
  • RenderCommon - レンダーダイアログのコモンタブのすべてのパラメータ
  • RenderElement - 要素をレンダリングする際のオン/オフを設定する
  • RenderOutput - 3dsMaxフレームバッファまたはトークン付きVRayフレームバッファを介して出力をレンダリングします
  • Renderer - パスごとにレンダラを切り替えます
  • RendererParams - 任意のレンダラーのすべてのパラメータ
  • 解像度 - ワンクリックオーバースキャンをサポートする解像度
  • Transform - オブジェクトごとの変換
  • VRayOverrideMtl - 動的オブジェクト選択機能を持つグローバルVRayオーバーライドマテリアル
  • VRayRenderMask - 動的オブジェクト選択機能を持つVRayRenderMask
  • ViewportBackground - ビューポートの背景
  • 可視性 - オブジェクトの非表示/非表示

これはv1のためだけのもので、今後もっと多くのpmodifierが登場します。

コメントを残す

*