参考資料

PIFuHD:高解像度3D人間のデジタル化のためのマルチレベルピクセルアライン暗黙関数

「PIFuHD」はディープラーニングを使用して、1枚の画像から高解像度の3Dモデルを生成する技術だそうです。
ディープラーニング形の画像生成は解像度が低い物が多かったですが、高解像度の画像を活用できるところが有望な感じしますね。githubでソースが公開されてるようです。
https://github.com/facebookresearch/pifuhd
https://shunsukesaito.github.io/PIFuHD/

後処理なしで元の入力のディテールを保持しながら、これまでにないほど高い1k画像解像度でピクセル配置方法で、衣服を着た人間の3Dジオメトリを推測するマルチレベルフレームワークを紹介します。

 

概要

画像ベースの3D人間の形状推定における最近の進歩は、ディープニューラルネットワークによって提供される表現力の大幅な改善によって推進されてきました。現在のアプローチは現実世界の設定で可能性を実証していますが、入力画像にしばしば存在する詳細レベルで再構成を生成することはできません。

この制限は主に2つの相反する要件を形成していると私たちは主張します。正確な予測には大きなコンテキストが必要ですが、正確な予測には高解像度が必要です。現在のハードウェアのメモリ制限により、以前のアプローチでは、入力として低解像度の画像を使用して大きな空間コンテキストをカバーし、結果として精度の低い(または低解像度の)3D推定を生成する傾向があります。エンドツーエンドのトレーニングが可能なマルチレベルアーキテクチャを策定することにより、この制限に対処します。

粗いレベルでは画像全体を低い解像度で観察し、全体論的な推論に焦点を当てます。これは、より高解像度の画像を観察することによって非常に詳細なジオメトリを推定する細かいレベルにコンテキストを提供します。私たちのアプローチは、1k解像度の入力画像を完全に活用することにより、単一画像の人間の形状の再構成に関する既存の最先端技術を大幅に上回っていることを示しています。

 

コメントを残す

*