Tips

modoでカメラの視野角を計算する方法

modoでカメラの視野角を計算することができたのでメモしときます。

modoのカメラではプロパティで「視野」を確認することはできますが、「視野」チャンネルをスケマティックに追加することができません。Expressionノードを使用すると「視野」を計算することができます。

 

一般的にカメラの視野角は以下の計算式で求めるそうです。

視野角=2*atan(イメージセンサー幅/(2*焦点距離))

 

これをmodoのExpressionで計算します。Expressionノードには入力Aに「焦点長」、入力Bに「フィルム幅」を接続します。atanを使うとラジアンになるらしいので、最後に角度に変換します。

2*atan(B/(2*A))*180/3.141592

modoの視野チャンネルと同じ値が計算できています。

 

カメラの視野角が計算できるとカメラから見える範囲にだけ処理を行うことができるので、ビューポートが重い場合に効果的です。例えばカメラの見える範囲だけReplicatorを表示することができます。下の画像では視野に合わせて自動的にReplicatorの表示が切り替わってます。

サンプルファイル

ファーには「視錐台カリング」という同様の機能がありますが、Replicatorにはありません。そんな時に視野角を使ってリグを組みます。フォールオフを使用してるので、プロシージャルモデリングと組み合わせても便利かもしれません。

Modo Tips



 

記事のまとめページ

コメントを残す

*