CG News

LightWave 3D 2020 リリース

LightWave 3D 2020がリリースされました。OpenVDBの機能追加とモバイルデバイスでレンダリング監視するアプリが面白そう。
SDKも更新されシミュレーションシステムの統合管理など、サードパーティー製のシミュレーション間で連携できるような仕組みが追加されてるようです。
https://www.newtek.com/lightwave/2020/features/
https://docs.lightwave3d.com/lw2020/new-to-2020

Newtekのフォーラムではバージョンアップ内容に対して価格が高いのではないかとネガティブな意見が目立ちます。機能紹介の動画追加されるかと思って見てましたが、特にページも更新されてないですね。

2つの新しいグローバルイルミネーションレンダリングエンジン

LightWaveはレンダリングエンジンの美しさで長い間知られていましたが、グローバルイルミネーションレンダリングエンジンの再設計によってLightWave 2020に新しい進歩をもたらし、アーティストに2つのバージョンを提供します。

アンバイアスラジオシティエンジンのBrute Forceと補間ラジオシティエンジンのIrradiance Cacheです。新しいレンダリングエンジンを単独で、または協調して使用すると、レンダリング結果をより高品質でより詳細に制御できます。

 

FiberFXの2つの新しいシェーダー

LightWave 2020の新しいヘアシェーダーは物理ベースのレンダラーを活用して、よりリアルなヘアを提供します。Principled Hair MaterialはPrincipled BSDF設定に基づいています。5つの入力:色、キューティカルチルト、粗さ、放射状粗さ、屈折率は壮観な結果のためのシンプルなインターフェースを提供します。
AFCヘアシェーダー(アーティストフレンドリーコントロール—簡略化されたアプローチ)では、鏡面反射の設定は2つのセクションに分かれています。1つはストロークの前面を反射するためのプライマリ、もう1つはストロークの背面から跳ね返る反射をセカンダリです。これでシンプルなアーティストフレンドリーなシェーディングオプションを選択するか、希望する外観の完全なコントロールを選択できます。

 

OpenVDBが新しい制作ツールセットを取得

LightWave OpenVDBリストの先頭に立つのは、Partioパーティクルオブジェクトのサポートです。得られるのは、LightWaveインターフェースのシンプルさを備えたHoudiniパーティクルのパワーです。新しいOpenVDBツールセットには、次のものも含まれています。

  • 移流点ノード–速度グリッドによる移流粒子
  • 解析ノード–グリッド作成勾配、曲率、ラプラシアン、最も近い点、発散、カール、大きさ、正規化
  • Combine Math ノード –数学演算子を使用してグリッドを結合します
  • レベルセットモーフ–レベルセットグリッド間のモーフ
  • Partioノード– Houdini.HClassicパーティクルファイルをロードする
  • VectorGridの分割と結合–さらなる実験のためにVectorグリッドを分割および結合
  • ノードの視覚化–オプション付きのグリッドビューア

 

再設計されたモーションシステム

LightWave 2020は、アイテムごとに回転順序を変更する機能を提供し、シーンファイルと共に保存されます。 これにより、他のアプリケーションからLightWaveへの移行が容易になります。
さらにジンバルロックのインスタンスを回避することができ、アニメートするアイテムをより自然な回転順序に追従させることができます。

 

ローカルアクションセンター

Modelerを使用すると、ローカルアクションセンターでアイテムのグループに一度に影響を与えることができます。 モデル内の異種のエッジまたはポリゴンを選択し、ローカルでそれらを1つのものとして操作します。ローカルアクションセンターは一度に複数のレイヤーで動作し、すばやく簡単に変更できます。

 

トーンマッピング

LightWave 2020の新しいピクセルフィルターを使用すると、レンダリングの見た目をより細かく制御できます。トーンマッピングは画像処理とコンピューターグラフィックスで使用され、ハイダイナミックレンジの画像の見た目を近似するために、あるセットの色を別の色にマップする手法です。 ダイナミックレンジが制限されたメディア、 さらにピクセルフィルターとしてVPRで使用して迅速な結果を得ることができます。

 

 

新しいライト

LightWave 2020では、環境ライトが新たな重要性を帯びてきました。 これで、環境ライトが環境に直接接続され、背景の直接サンプリングが追加されました。 更新された環境ライトがレイアウトのデフォルトシーンの一部として開き、新しいライトによって環境システムが合理化されます。

 

シーンエディター

シーンエディターのワークフローが改善され、大規模で複雑なレイヤー化されたシーンを簡単に管理できるようになりました。

 

FBXインターチェンジ

LightWave 2020は強化されたパイプラインサポートを提供し、オートリギングのためのモーションキャプチャへのアクセスを増やします。 より多くの機能がFBX形式でサポートされており、他のアニメーションツールを操作する際の柔軟性が向上します。

 

インスタンス

レンダリング時に評価を停止するために、サーフェースインスタンスを静的に設定する機能が追加され、サードパーティのレンダリングエンジンの処理時間が改善されました

 

OpenGL

更新されたシェーダーは、最終的なレンダリングにより近いビューポートの視覚化を提供します。

 

改善されたSSS

優れたサブサーフェススキャタリングアルゴリズムは、レンダリングに高速で優れたSSSを提供します。

 

拘束されない

LightWave 2020では、iOSおよびAndroid用の新しいアプリケーションを使用して、モバイルデバイスでのレンダリングの進行状況を監視できます。

 

 

LightWave 2020で国内の要望による改善が行われているらしく、Dstormのサイトでは「国内のクリエイターからの要望による機能と改善点」が紹介されています。
http://www.dstorm.co.jp/lw2020/new-features.html

Diffuse Shadingバッファの再サポート

LightWave 2020 では、LightWave 2015 以前のバージョンで出力可能であったDiffuse Shadingバッファが再サポートされました。

 

セルインテグレーターの拡張

LightWave 2020 では、セルインテグレーターの機能が拡張され、セルの色を直接指定することができる拡散色使用オプションが追加され、セルのキーをキーボードショートカットDELETEキーにて削除できるようになりました。

 

Surface IDの任意設定

LightWave 2020 では、サーフェイス毎にSurface IDを任意の値に設定することができるようになりました。これにより、出力されるSurface IDをグループ分けするように設定することができるようになりました。

 

シーン編集

LightWave 2020ではシーン編集上での選択方法の改善がおこなわれました。旧バージョンのLightWaveでは、ビュー上で選択したアイテムは、シーン編集上ではハイライト選択されていませんでしたが、LightWave 2020では、オプションを有効にすることにより、ビュー上で選択したアイテムがシーン編集上で、ハイライト選択されるようになったり、またビュー上の階層構造内のアイテムを選択した場合、シーン編集上で階層構造が展開するようになり、大規模かつ複雑なレイヤー化されたシーンを簡単に管理できるようになりました。

 

ショートカット利用による親子関係の拡張

LightWave 2020 では、ビューポート上でキーボードショートカットeキーを利用し、同一アイテム間での親子関係が設定できるようになりました。

コメントを残す

*