参考資料

MV「SOUND & FURY」メイキング記事

MV「SOUND & FURY」のメイキング記事が公開されています。LightWaveで自動化したリグは珍しい気がします。
https://cgworld.jp/feature/202003-sf2.html

 

アニメーターがアクションに集中でき、メカデザイナーのこだわりも再現できるリグ

FURYのリグ。SOUNDとFURYは鏡合わせのデザインになっており、セットアップ構造は基本的に同じ。各所にサスペンションが仕込んであり、動きに応じて自動的に伸縮するようになっている。

二重関節になっているが、膝の短いボーンは上下の長いボーンの動きに自動的に追従するため、一般的な人型のリグと同様の操作感になっている。

背骨に相当するボーンを動かすと、蛇腹構造の腹部が連動して変形し、独特の形状になる。

FURYのアクションカットを制作中の作業画面と、その完成画像。

アニメーターを不安にさせず、熱量を高めるディレクション

アニメーションのテイク1と、それに対する石川氏の修正指示。眼力、口元、輪郭などに対し、具体的で明確な修正方針が示されている。

クライマックスの制作は、あえて若手に委ねました

 

京都の寺院までロケハンに行った、お坊さんが武器商人と戦うカット

シリンダーの回転まで再現した、武器商人による銃の4連射カット

あえて間違った日本の解釈をしてもらった、日本家屋炎上カット

 

コメントを残す

*