参考資料

The Virtual Production of The Mandalorian, Season One

The Mandalorian,Season Oneで使われているバーチャル制作技術の舞台裏の紹介ビデオが公開されています。以前Epic GamesがUnreal Engineを使用したバーチャルプロダクションツールを研究していましたが、それを実戦投入という感じでしょうか。

マンダロリアン・シーズン1の50%以上がこの画期的な新しい方法論を使って撮影されたため、ロケの必要性はまったくなくなりました。その代わり俳優は、没入型の高さ20インチ、270度の半円形LEDビデオウォールと天井で、直径75インチのパフォーマンススペースを使用し、実際のセットピースと画面上のデジタル拡張機能を組み合わせました。

ILMによって作成されたデジタル3D環境は、撮影中にリアルタイムで編集されたLEDウォール上でインタラクティブに再生され、NVIDIA GPUを搭載したシステムによって高解像度でレンダリングされたピクセル精度のトラッキングとパースペクティブ補正3D画像を可能にしました。

環境はカメラの視点から照らされてレンダリングされ、リアルタイムで視差を提供します。まるでカメラが俳優や実用的なセットで正確なインタラクティブライトを使用して物理的環境を実際にキャプチャして、撮影中のビジュアルエフェクト主導の作業のために具体的な創造的な選択を行い、リアルタイムのカメラ内合成を実現します。

インカメラ合成とエフェクトをオンセットで使用するために実用的なものにするために必要なテクノロジーとワークフローは、Golem Creations、Fuse、Lux Machina、Profile Studios、ARRIなどのパートナーの創意工夫とILMのStageCraft仮想制作映画制作プラットフォーム、そして最終的にはUnreal Engineプラットフォームのリアルタイムインタラクティビティを組み合わせたものです。

コメントを残す

*