Tips

modoのスタティックメッシュ

modoのスタティックメッシュについて書いてみます。

 

スタティックメッシュとは

スタティックメッシュはメッシュアイテムの種類の1つです。通常のメッシュアイテムと異なりコンポーネント(ポイント/エッジ/ポリゴン)を編集することができない代わりに、CADデータや樹木のような高密度のメッシュデータを開いたときのメモリ使用量を低く抑えることができます。レンダリング可能ですが、デフォーマ等で変形することはできなくなります。

スタティックメッシュは、ZBrushから出力した高密度なメッシュをmodoでリトポする場合に最適です。

 

メモリ使用量を比較

ZBrushのサンプルファイルでおなじみ、サムライスピリッツのアースクェイクをmodoに読み込んでメモリの使用量を比較してみます。ポリゴン数は 6,303,616(三角ポリ)です。

 

modo起動直後

modoを起動した直後のメモリ使用量は「0.45GB」くらい。

 

メッシュ

通常のメッシュとして読み込んだ場合のメモリ使用量は「6.7GB」くらい。

 

スタティックメッシュ

スタティックメッシュとして読み込んだ場合のメモリ使用量は「1.58GB」くらいで、およそ1/4程度になります。

 

スタティックメッシュの使用方法

スタティックメッシュを使用するには、アイテムリスト等で右クリックメニューから「タイプの変更 / Static Mesh」を実行します。

または、objファイル読み込みオプションで「スタティックメッシュとして読み込み」をONにします。

メッシュとスタティックメッシュは相互に変換することができますが、通常のメッシュをスタティックメッシュに変換すると全て3角ポリゴンになるので注意が必要です。

 

リトポ用の高密度なメッシュをmodoに読み込むと、メモリが足りなくなったりビューポートが遅く感じることがあります。そんな時はスタティックメッシュを使用するのがおすすめです。

マニュアルにはレンダリングにもおすすめと書かれてますが、レンダリング時のみ高密度メッシュを使用したいという用途ではレンダープロキシが向いてます。
モデリングが完全にFixしてる場合はディファードメッシュという機能もあるので、用途に応じて使い分けるといいと思います。

 

参考

Modo Tips



 

記事のまとめページ

コメントを残す

*