CG News

FumeFX 5.0 for Cinema 4D

Cinema 4D用のFumeFXがリリースされたようです。
https://www.afterworks.com/Blog/FumeFX5-C4D-release.asp

Sitni Satiは、Maxon®Cinema4D®用の流体力学ソフトウェアFumeFX™5.0をリリースしました。

過去13年の間に、世界中の多くのスタジオ製作パイプラインの不可欠な部分となりました。Justice League、Deadpool、Independence Day2、Dr.Strange、Thor、Roland Emmerich’s2012、Ghost Rider:Spirit of Vengeanceなどのゲーム映画や大ヒット映画を含む幅広いビジュアルエフェクトの作成に使用されています。
この待望のリリースは信頼性が高く、制作実績のあるツールを提供します。このツールを使用すると、これまでのCinema4Dでは実現できなかったさまざまな効果を実現できます。Cinema4Dの豊富な機能セット、堅牢性、シームレスなワークフロー統合により、アーティストは創造性を解き放ち、複雑な視覚効果をタイムリーに実現できます。ユーザは短期レンタルライセンスから永久ライセンスまで、複数のライセンスオプションから選択できます。

 

FumeFXハイライト

ビューポート

FumeFX GPUアクセラレーションによる表示がCinema4Dビューポートに統合され、ボリュームシャドウ、適切なジオメトリオクルージョン、およびシェーダの即時フィードバックが含まれています。

シミュレーション

FumeFXのQCGソルバーは、最も厳しい生産要件に対しても信頼性の高いソリューションです。FumeFXには保存的移流タイプが用意されており、900フレームのアニメーションを実行した後でも、数値的な散逸を最小限に抑える流体フローを簡単に作成できます。

ファイルI/O

FumeFXはロスレスとロッシーを特徴としています。fxd圧縮ではチャンネルごとの圧縮タイプと品質を設定できます。最先端のマルチスレッド化。fxd I/Oにより、超高速のキャッシュ保存とロードが可能になります。キャッシュはユーザ定義の低解像度でロードできるため、アーティストはビューポートの操作とレンダリングのセットアップを簡単に行うことができます。VDBキャッシュとF3Dキャッシュのサポートは、FumeFXプラグインに統合されています。

ウェーブレット

既存のFumeFXシミュレーションに詳細を追加するのはこれまでになく簡単です。これはグリッド解像度を向上させるための高速でメモリ効率の高い予測可能な方法です。ウェーブレット乱流パスでは、シミュレーション速度を変更することもできます。

後処理

FumeFXのポスト処理を使用すると、キャッシュのリタイム、レンダーワープのベイク処理、さまざまなキャッシュファイルフォーマット間の変換、またはワークフローで不要になったチャンネルを除外することによるキャッシュフェッチの改善とディスクスペースの節約を行うことができます。また、アーティストはキャッシュをリタイムし、フロー特性を維持しながらシミュレーション速度を効果的に変更できます。

レンダリングワープ

FumeFXはさまざまなCinema4Dデフォーマをサポートしており、レンダー時やポスト処理中に使用してシミュレーションの完了後にFumeFXボクセルを曲げたり、ねじるなどの変形を実行することができます。特殊効果を作成する場合でも、最終的なアニメーションを微調整する必要がある場合でも、[レンダリングワープを使用するとさまざまな可能性を実現できます。

エフェクタ

ボクセル単位でほぼすべてのシミュレーションパラメータとフィールドをクリエイティブに制御できます。エフェクタを使用すると、速度によって渦度を制御したり、その他のチャンネル値に基づいて煙を生成したりすることが簡単になります。エフェクタはチャンネルデータを次のレベルに取り込みます。

XpressoとPython

FumeFXはCinema4Dに統合されており、Xpressoエディタ内でほぼすべてのユーザーダイアログパラメータにアクセスできます。最大限の柔軟性を得るために、ユーザはPythonを使用してさまざまなFumeFXシミュレーションボクセルデータにアクセスできます。

レンダリング

標準、物理、およびArnoldレンダラの初期状態のサポート。拡張されたArnoldレンダラのサポートは、より優れた柔軟性と高度な機能を必要とするすべてのVFXアーティストにとって大きな価値があります。ArnoldのサポートはArnold Standard VolumeシェーダとFumeFX Standardシェーダで使用できます。他のレンダラを使用するには、FumeFXデータをエクスポートします。Redshiftでボリュームグリッドを使用するか、OctaneRenderでVDBローダーを使用します。

コメントを残す

*