参考資料

アニメ「モンスターストライク」におけるアクションVコンテの導入

アニメ「モンスターストライク」におけるアクションVコンテの導入の記事が公開されてます。
https://cgworld.jp/feature/201910-cgw253-mnstn.html

ドラマシーンではモーションキャプチャをベースとしたアニメーションのワークフローが採用されているが、戦闘シーンではモーションキャプチャを原則使用しないワークフローになっており、アクション監督を務めるユーデンフレームワークスによる「アクションVコン」と呼ばれる映像がアニメーション作業の指針となっている。

Vコンを参考にCGアニメーションを作成してもらうと”綺麗すぎる動き”になりがちで、自分たちがVコンに込めた熱量や生身のアクションならではの粗さといった”雑味”がどうして失われてしまう。そこで本作では、そのアクションVコンを雑味まで含めて忠実にCGアニメーションに反映させることがテーマになった。

撮影カメラはiPhone、編集ソフトはAdobe Premiere Pro。

キャラクターリグ&セットアップはStudioGOONEYS自作リグが用いられている。

ステータス管理に基づいたアニメーション作業

フェイシャルライブラリ

ブレンドシェイプとコントローラで作成。

アニメーションメイキング

フェイシャル作成の例

見え方の調整例

コメントを残す

*