Tips

modoのプロシージャルモデリングでソフトクリーム作ってみた

暑いのでmodoのプロシージャルモデリングでソフトクリーム作ってみた。プロシージャルにこだわって作ったので、モデルの形状は雰囲気です。

■サンプルファイル(13.1)

 

スケマティックはこんな感じです。

 

クリーム

クリームの螺旋はSpiral Curveアセンブリを使用してます。Transform Effectorを使ってカーブをアニメーションしてます。そのカーブをmodo13.1で追加されたCurve Sweepを使用してクリームのメッシュを生成してます。クリームのシルエットやカップコーンに入る部分の調節にはラティスデフォーマを使用してます。

Curve Sweepは複数のパスを使用して押し出したり、ミニグラフを使用してカーブの太さを制御できるので便利です。

 

スプリンクル

クリームのふりかけ(スプリンクル)は、ReplicatorとLinear Falloffのイージングを使用してアニメーションしてます。カラフルな色のレンダリングにはVariation Textureを使用してます。

変形するメッシュにSurface Particle Generatorを使用するとフレーム単位でポイントの位置が変わってしまうことがあるので、中央のソフトクリームはアニメーション終了時のメッシュを別アイテムとしてコピーしてSurface Particle Generatorのソースとして使用しています。

プロシージャルモデリング用のメッシュにダイレクトモデリングしようとすると警告が表示されますが、ポリゴン選択してコピーすることはできるので便利です。

 

コーンカップ

コーンカップはコーン断面のパスを作成し、Radial Sweepを使用してコーンがあらわれるアニメーションにしてます。Radial Sweepには始点と終端のキャップを生成するオプションがあるのですが、あまり形状が綺麗にならなかったのでOFFにしました。

 

 

modoのプロシージャルモデリングはアニメーションでは使うには遅いのが気になります。クリームが落ちてくる速度と形状がいまいちなのですが、動作が遅いのでタイミング詰めるのあきらめました。今回はプロシージャルにこだわって作りましたが、クリームのらせん形状はデフォーマを使ってアニメーションしたほうが軽く作れるかも知れません。

プロシージャルモデリングはモデリングするときに便利ですが、アニメーションで使用するにはもう少し速度が改善されると嬉しいですね。今後のバージョンアップで快適に動くようになるのを期待してます。

Modo Tips



 

記事のまとめページ

コメントを残す

*