参考資料

次世代映画制作のためのリアルタイムインカメラVFX

Epic GamesがUnreal Engineを使用したバーチャルプロダクションツールを研究してるようです。従来のグリーンスクリーン撮影の代わりにLEDスクリーンを使用することで、リアルな環境照明のある撮影が可能になるようです。

バーチャルプロダクションのワークフローに関する資料も公開されてます。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/virtual-production-field-guide-a-new-resource-for-filmmakers

 

概要

リアルタイム技術は映画制作の技術を変えつつあり、Unreal Engineには次世代のバーチャルプロダクションツールが登場します。SIGGRAPHでEpic Gamesは、Magnopus、Lux Machina、Quixel、Profile Studios、ARRI、DP Matt Workmanと提携して、グリーンスクリーンを使用し後処理で合成を行うことが急速に旧式のテクニックになっているかを示しました。このビデオでは、LEDウォールを使用して仮想環境を提供するだけでなく、現実世界の要素を照らしてシーン全体を1回のパスでカメラに取り込む方法を見ることができます。

コメントを残す

*