参考資料

「斗え!スペースアテンダントアオイ」メイキング

「斗え!スペースアテンダントアオイ」のメイキング記事が公開されています。由水 桂氏といえばLightWaveユーザーの印象が強かったですが、現在はモデリングにmodo、アニメーションにMotionBuilder、リグとレンダリングにMayaを使用されてるみたいです。
https://cgworld.jp/feature/201907-keica1.html
https://cgworld.jp/feature/201907-keica2.html

 

社内のモデリングでは常にMODOを使用

レンダリングにはPencil+ 4 for Mayaを使用

colMapというインハウスの色指定ツール

HumanIKをベースにリグを組んでいる

コントローラはMotionBuilderで作成。100パターン近くにのフェイシャルのコントローラ。

メインキャラクターの表情リスト

ギャグ顔もMODOを使い全てポリゴンで造形している

作画のような誇張されたパースを表現するためのリグ

4人の宇宙海賊

モブキャラクター

 

 

 

 

MotionBuilderのアニメーションカーブの中から値が変化しているキーだけを自動的に識別し、必要最小限のコマだけをMayaでレンダリングするインハウスツールが開発された。識別された情報はUATというブラウザベースのタイムシート作成・制作管理ツールにAERemap形式(.ard/.ardj)でインポートでき、自動的にタイムシートも生成できる

SHOTGUNのScreening Room

作画のタイミングを意識したCGアニメーション

 

作画監督チェックとレタッチ

CGの良さを活かした、カメラワークやモブキャラクター表現

 

カメラマップを活用した、8秒のトラックバック

 

遊び心のある演出

コメントを残す

*