CG News

フリーのAE用 被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」

フリーのAfter Effects用被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」が公開されています。
エッジを適切に処理するというのが気になって試しましたが、エッジの品質的にはLenscareと大きな差は感じないかも。ですがブラーサイズを大きくしても速度が変わらないというのは面白いですね。300ピクセルなど大きな値を設定した場合に圧倒的に早いです。

https://www.rowbyte.com/fast-bokeh

概要

Fast Bokehは、深度マップを使用して滑らかな被写界深度ボケを作成するAfter Effectsのプラグインです。非常に高速で、エッジを適切に処理して使いやすい。

別のぼかしプラグインが必要な理由?

Fast Bokehは、他のレンズブラープラグインとは異なり、以下の3つの要件を満たします。

  • 非常に高速で、ブラー半径に依存しません。
  • エッジを適切に処理します。
  • ガウスブラー同等の品質。
ブラー半径に依存しない

Fast Bokehのパフォーマンスはイメージサイズにのみ依存し、適用されるブラーの量に依存しないため、ほぼ一定のレンダリングパフォーマンスが期待できます。

ハードエッジなし

オブジェクト境界は拡張され、エッジは予想どおりに適切に処理されます。プラグインには、遮蔽されたオブジェクトに関する情報がレンダリングに含まれていないため、まだ制限がありますが、ハードエッジとハローを可能な限り回避する適切なジョブを実行します。

スムーズブラー (滑らか)

このプラグインは、スムースガウスのような高速ブラーを作成します。特別なアパーチャ形状や色収差設定はありません。したがって、すべてのダイナミックカラー範囲で一貫性があります。

32ビットカラー

32bpcはサポートされているだけでなく、最高の品質を得るためにもお勧めします。

 

エフェクトコントロール

  • Blur Radius:ブラーの半径。
  • Depth Map Layer:深度マップとして使用するレイヤです。
  • Invert Depth Map :デプスマップの白と黒のピクセルを反転します。デフォルトでは、白のピクセルは背景、暗いピクセルは前景です。
  • Focus Distance :デプスマップのカレントの合焦距離を設定します。
  • Repeat Edge Pixels:常にオンのままにします。
互換性

After Effects CS6とCreative Cloud。CC2017、CC2018、CC2019.macOS 10.8以上またはWindows7以上でテスト済み。

重要な注意

最良の結果を得るにはアンチエイリアシングなしでデプスマップを使用することをお勧めします。

コメントを残す

*