参考資料

KandaoのAIを使用したスーパースローモーション変換

中国のカメラメーカー Kandaoが機械学習システムを使用して、30fpsの通常のビデオを最大300fpsの超スローモーションに変換できる「AIスローモーション」と呼ばれる新機能を発表しています。
この機能は360 / VRカメラであるObsidianとQooCamに適用され、どちらも高品質のスローモーションを作成できるカメラにアップグレードされる。
https://www.kandaovr.com/2019/04/09/kandao-cameras-use-ai-to-turn-normal-video-into-300fps-super-slow-motion/

新機能を使用すると、ユーザーは撮影後にフッテージを最大10倍のスローモーションできます。たとえば、元々8K 30fpsでキャプチャされた360度ビデオは8Kで240fpsのスローモーションに変換でき、4K 60fpsのビデオは4K 480fpsでエクスポートできます。

コメントを残す

*