参考資料

「ファイトリーグ ギア・ガジェット・ジェネレーターズ」メイキング

XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネルで配信中のアニメ「ファイトリーグ ギア・ガジェット・ジェネレーターズ」のメイキング記事が公開されています。
https://cgworld.jp/feature/201902-fight-league1.html
https://cgworld.jp/feature/201902-fight-league2.html
https://cgworld.jp/feature/201902-fight-league3.html

限りなく作画に近づけることを目指した3Dモデル

設定画と色彩設計

レンチの3Dモデル制作

レンチの3Dモデル制作

クリナの3Dモデル制作

CGの強みを活かしたガジェット表現

巨大ロボット バールの3Dモデル

キャラクターのリグ

キャラクターのリグは3ds MaxのCATとボーンを併用している。レンチの場合はCATのボーン数が69本、それ以外のボーン数が92本。CATの構造は全キャラクターで共通化されておりボーン数も同じです。それ以外のボーンは構造も数もキャラクターによって様々で、例えばクリナのボーン数は82本、マチは27本。

なるべく3ds Max上で設定し、撮影段階の作業負荷を減らす。髪やコスチュームのグラデーションはマテリアルで設定し、CG段階でなるべく最終形に近づける。

矢印エフェクト

HITエフェクト

第1話 カット12の制作

 

第2話 カット48の制作

 

 

第2話 カット65の制作

 

コメントを残す

*