参考資料

JPEG to RAW AI

JPEG圧縮をAIを使用してRAW品質に変換するソフト。価格は$99.99、2/8まで$79.99だそうです。
https://topazlabs.com/jpeg-to-raw-ai?fbclid=IwAR0walOFniuch4GqoGcv_wusOhCdm-Jh2j6-rhz_v3u59q2uDB0NL4JXoKw

概要

JPEGをRAWで撮影したように編集します。より良い編集のために機械学習を使ってJPEGを高品質のRAWに変換してください。バンディングの防止、圧縮アーチファクトの除去、細部の回復、およびダイナミックレンジの向上。

 

ダイナミックレンジ

JPEGに変換すると画像は大きなダイナミックレンジを失います。RAW AI to JPEGは失われた影とハイライトのディテールを取り戻すことによってこの失われたダイナミックレンジの一部を回復するのを助けます。完全に足りないディテールを回復することはできませんが、それは非常に少量の情報でさえも働くことができます。

 

色空間

色空間は、画像でサポートされている色の範囲を表します。JPEG画像は通常sRGBカラースペースです。これはWebには適していますが、印刷や編集には適していません。sRGBで写真を編集するときは、彩度や鮮やかさを調整すると、醜い色のしみが現れることがよくあります。

あなたはRAW AI to JPEGを実行することによってこれが起こるのを防ぐことができます。RAW AI to JPEGの機械学習モデルは、sRGBカラースペースをProPhoto RGBに拡張します。これは通常のRAWファイルよりも優れています。私たちのモデルが欠けているディテールを高いレベルの正確さで再構築するのに十分な情報が少なくとも1つのカラーチャンネルに通常あるので、これはとてもうまくいきます。

結果として得られる色空間が大きいほど、目に見えるアーティファクトを発生させることなく、彩度と鮮やかさをより適切に編集できます。

色深度

色深度(ビット深度とも呼ばれます)は、画像に保存できる色情報の量です。ビット深度の低い画像を編集するときは、空のような滑らかなグラデーションでカラーバンディングが見えます。

8ビットJPEGは、1チャンネルあたり256個の値しかありません。そのJPEGからRAW AI to JPEGを実行すると、1チャンネルあたり65,532の値に拡大されます。これにより、画像のコントラストを調整したときにポスタリゼーションやバンディングが防止されます。

アーティファクト

高圧縮された画像を編集すると、画像内に目に見える圧縮アーティファクトが表示されます。RAW AI to JPEGは、自然な画像の特徴を維持しながらこれらのアーティファクトを除去するのに優れています。

ディテールレベル

JPEGは小さなセンサーや処理が重いため、細部がスムーズになっていることがよくあります。たとえば、iPhoneの写真は保存される前に大量に処理されるため、多くのディテールが削除されることがあります。

RAW AI to JPEGは、あなたが変換プロセスの間に取り除かれる細部を回復するのを助けます。

 

コメントを残す

*