参考資料

インテルがオープンソースのイメージ デノイズ ライブラリを公開

IntelがApache 2.0ライセンスの下でOpen Image Denoiseと呼ばれる新しいオープンソースのイメージ デノイズライブラリを公開しました。
https://openimagedenoise.github.io/
https://github.com/OpenImageDenoise

 

オープンイメージDenoiseの概要

インテル Open Image Denoiseは、レイトレーシングでレンダリングされたイメージ用の高性能・高品質のデノイズ フィルターのコレクションです。Open Image DenoiseはIntel Rendering Frameworkの一部であり、Apache 2.0ライセンスの下でリリースされています。

Open Image Denoiseの目的は、レイトレーシングベースのレンダリングアプリケーションでレンダリング時間を大幅に短縮できる、オープンで高品質、効率的で使いやすいデノイズ ライブラリを提供することです。パストレーシングなどの確率論的レイトレーシング法に固有のモンテカルロノイズを除去し、1ピクセルあたりの必要なサンプル数を数桁(グランドトゥルースへの望ましい近さに応じて)減少させます。

Open Image Denoiseは、インテル64アーキテクチャー・ベースのCPUと互換アーキテクチャーをサポートしており、ラップトップからワークステーション、HPCシステムの計算ノードまで、あらゆるもので動作します。オフラインレンダリングだけでなく、使用するハードウェアによっては、インタラクティブレイトレーシングにも十分効率的です。

Open Image Denoiseは、ディープニューラルネットワーク用インテルマス・カーネル・ライブラリー(MKL-DNN)の上に構築され、インテルSSE4、AVX2、AVX-512などの最新の命令セットを最大限に活用して、高いノイズ除去性能を実現します。Open Image Denoiseを実行するには、少なくともSSE4.2をサポートするCPUが必要です。

コメントを残す

*