参考資料

「あした世界が終わるとしても」メイキング記事

映画「あした世界が終わるとしても」のメイキング記事が公開されています。デザインにAIを導入したり、群集にUnityを使用しているのが面白いですね。
https://cgworld.jp/interview/201901-ashitasekaiga.html

 

日常芝居のアニメーションはモーションキャプチャを使用。

アクションシーンはタメ・ツメのカッコ良さや勢いを見せるために手付け(キーフレームアニメーション)。

AIがデザインした「アルマティック」。DesignChainerが描いたデザインをPaintsChainerが着彩、

AIとUnityを用いたモブ自動生成システム。モーションはモーションキャプチャデータを基にPreferred NetworksさんのMotionChainerが学習した動きが用いらいる。

コメントを残す

*