CG News

LightWave 2019 リリース

LightWave 2019 がリリースされました。目を引くのは有料プラグインだったMetamorphicの統合、Unreal Engineブリッジ、FBXへの対応強化、UV機能の強化でしょうか。

USメーカー希望小売価格 $995で発売中。LightWave 3Dの過去バージョンの登録所有者は、2019年3月31日までの間$395でアップグレード可能とのことです。
https://www.newtek.com/lightwave/2019/

チュートリアル
https://www.newtek.com/lightwave/2019/tutorials/

VDBがC4Dのようにメッシュのブーリアンができたり、ガスソルバが追加されて流体計算っぽいことができるようになってるのも凄い。

 

LightWave からUnreal Engineへ

Unreal EngineとLightWave3Dの間の変更を繰り返し実行することに重点を置いています。 複数のLightWaveシートを同じUnreal Editorに同時に接続して、アーティスト間のリアルタイムコラボレーションを可能にします。 このブリッジは、NewTekの実績のあるNDIネットワークディスカバリメカニズムを使用して簡単に自動設定でき、Unrealでの単一プロジェクトの使用に限定することも、すべてのUnrealプロジェクトで使用するための一般的なプラグインとしてインストールすることもできます。

 

FBXと新しいインターチェンジブリッジ

新しいInterchange Bridgeを介して、業界標準のFBXデータをまったく新しいレベルで操作できます。

  • 何をインポート/エクスポートするか、そしてその方法を対話的に選択します。
  • レイアウトとモデラーから既存のFBXファイルに追加します。
  • 多くのFBXファイルからLightWave3D®アセットを構築します。
  • ワークスペースを介してFBXファイルを簡単に見直すことができます。
  • サポート
    • 頂点キャッシュ
    • モーフミキサー
    • 頂点マップ
    • スムージンググループ
    • アニメーションレイヤ
    • アニメーションベーキング
    • ボーン
    • 階層
    • メッシュ
    • ピボット
    • メッシュフリーズ

 

シェーディングモデルカスタマイズツール

LightWave3D 2019では、マテリアルを引き剥がして好みに合わせて作成することができるようになりました。フレネル関数、マテリアルコンポーネント、およびマテリアルインテグレータにアクセスできます。 この機能をサポートするために、マテリアルツールグループが新しいノードで更新されました。

 

OpenVDBコンテンツ作成

LightWave3D 2018ではOpenVDBフォグボリュームをインポートしてレンダリングする機能が導入されました。 LightWave3D 2019の新機能はOpenVDBコンテンツ作成を可能にする一連のノードツールです。
メッシュ、パーティクル、さらには形状プリミティブ距離推定からでもOpenVDBグリッドを作成できるようになりました。 このツールキットはライブCSG(Constructive Solid Geometry)操作、レベルセットトラッキングを含むグリッドフィルタリング、スムージング、拡張、および侵食を可能にします。 流体シミュレーションと煙や火の影響を考慮したソルバーが含まれています。

 

Metamorphic

Metamorphicはレイアウトで動作するLightWave3D 2019用の多目的なアニメート可能なメッシュスカルプト、頂点マップ操作プラグインで、モディファイアスタックの新しい機能を最大限に活用します。

  • フリーフォームのアニメーション彫刻
  • アンドゥー リドゥーシステム
  • 利用可能なすべてのCPUコアを使用したフルマルチスレッドスカルプト
  • ブラシのサイズ、強度、硬さに対する筆圧のサポート(Windowsのみ)
  • ノードブラシテクスチャのサポート
  • アニメーションの3つのモード
  • スカルプトアニメーションキーフレームのリニア補間
  • スカルプトアニメーションのキーフレームからエンドモーフへの変換をサポート
  • ドライバ/ドリブンコントローラを内蔵したデフォーマの後に機能する修正モーフスカルプティング
  • フルモーションブラーのサポート

 

表示スケーリング

  • HiDPIおよび大画面ディスプレイ用の多くのUI要素のスケーリングをサポート
  • マルチモニタ設定用の独立したスケーリングオプション

 

ゲーム開発のために改良されたボーンシステム

新しいボーン タイプ オプションであるLimited Bonesを使用すると、アニメーターは特定のポイントに影響を与えるボーンの数を設定して、ターゲットのゲームエンジンの制限に合わせることができます。 またゲームエンジンがリグに期待するパフォーマンスに、より厳密に一致するようにリアルタイムの最適化を行います。

 

シェーディングとレンダリングの機能強化

 

エッジシェーダノード

ジオメトリを増やすことなく、よりリアルな結果を得るためにレンダリング時にベベルまたはラウンドエッジをシミュレートするためのノード。

 

patina ノード

このノードはサーフェスにWear(凸型シェーダ)を追加するか、半径とオフセットに基づいてDirt(凹型)を追加します。

 

プロシージャル シェーダノード

このノードは選択されたレガシーシステム、またはサードパーティのプロシージャル テクスチャをカプセル化し、それを典型的なノード入力/出力で公開します。 以前はこのようなプロシージャルテクスチャスタックのプロシージャルテクスチャレイヤ内でしか使用できませんでした。

 

イメージ キャッシング

LightWaveは現在、高解像度の画像でスマートキャッシングを使用しているため、アーティストはPCのメモリに関係なくテクスチャやその他の用途に使用できます。

 

新しいコンポジッティング バッファ

新しいバッファは、直接/間接バッファからライティングおよびシェーディング情報を抽出するためのものです。 新しいウェイトバッファには、直接バッファと間接バッファの両方に対するサーフェスシェーダの値が含まれています。 これらはヘビーなコンポジット作業に役立ちます。

 

NVIDIA OptiX デノイズ

新しいノイズフィルタオプションでは、静止画像をレンダリングするときAIノイズ低減のためにNVIDIA OptiXライブラリを使用します。 NVIDIAカードが必要です。

 

デ スパイク

この新しいレンダラオプションは、レンダリング内の「ホタル」を減らすまたは削除するためのツールです。

 

物理的な空と太陽光

 

フィジカル スカイ

簡単に物理的に正確な空をを作り出すための環境プラグイン。

 

フィジカル サンライト

最先端の科学的方法を使って太陽をシミュレートする新しいライトタイプ。

 

モデラーのゲーム開発向けの機能強化

 

強化されたUVおよびUDIMマッピングワークフロー

モデラーはUVマップおよびUDIMタイルマッピングを操作するための一連の新しいツールを追加しました。

  • FlipUV-U
  • FlipUV-V
  • MoveUDIM
  • Turn Poly UV
  • SelectUV Island
  • Select UV overlap
  • SpreadUV
  • Rectangular UV Grid

UVを扱うための新しいビューモード

  • Sketch
  • Scale
  • Angle
  • Overlap

 

スムージンググループ

モデラーはメッシュ内のスムージンググループ作成をサポートします。 スムージンググループは折り目とハードエッジを作成する方法を提供し、モデル上の輪郭をより正確に制御します。 単一のスムージング角度や制御ジオメトリ追加、またはモデルを分割して好みの外観にする必要はありません。
スムージンググループはスムージング角度しきい値を使用して、または手動でOBJファイルと共にインポートされた頂点法線マップを使用して自動的に作成できます。 スムージンググループはその形式をサポートする他のソフトウェアと交換できます。

 

新しいプリミティブとツール

 

エンプティー ボリューム形状プリミティブ

LightWave3D 2019にはプロシージャルサーフェスシェイプの作成に使用できる新しいShape Primitive、Empty Volumeが追加されています。
シーンで直接役立つことに加えて、Empty Volumeプリミティブはメッシュをボリュームに、またはその逆に変換する必要があるワークフローで役立ちます。 Empty Volumeではレイアウトでリアルタイムのブール演算を実行することもできます。

 

形状プリミティブ用の新しいツール

Empty Volumeシェイププリミティブを使用すると、上級ユーザーはレンダリングされたSDFシェイプとボリュームメトリックのために独自の距離推定量を作成できます。

その他の新しい節点距離ツールには、次のものがあります。

  • メビウス
  • カプセル
  • Shape CSG (コンストラクト ソリッド ジオメトリ)
  • SmoothMin, a soft blending node.

 

ワークフローとUI

 

拡張レイアウトアンドゥシステム

レイアウトのアンドゥー システムはトランスフォームとキーを含むシステムの多くに拡張されました。 無制限のアンドゥーが利用可能になりました。

  • グラフエディタ
  • クラシック/新しい 両方のシーンエディタ
  • ドープシート
  • 多くのレイアウトナビゲーションツール

 

ポップアップメニュー

  • メニューはキー(矢印、マウスホイール、ホーム、エンドなど)でナビゲートできるようになりました
  • 大きなポップアップメニューはフィルタリングと検索でナビゲートできます
  • 正規表現をフィルタで使用できます
  • フラットメニュー
    メインメニューにあるすべてのエントリのフラット化されたバージョンをキーボードショートカットCTRL Spaceで呼び出すことができます。 これを行うとレイアウトまたはモデラーで使用可能なすべてのコマンドリスト(およびそれらに関連付けられているキーボードショートカット)が表示されます。
    他のLightWaveメニューと同様に、選択範囲をフィルタするために入力することができ、カーソルキーとEnterキーを使って必要なコマンドを選択できます。

 

ノードグラフのUIオプション

  • Tidy Nodes Command:「散らかった」ノードツリーを「真っ直ぐ」にし、左から右へ自動的に読みやすくするためのツール。
  • バックグラウンド グリッド:ノードエディタでグリッドの明るさと色を調整できます。
  • グリッドにスナップ:このツールをオンにすると、ノードをユーザ設定可能なグリッドサイズに「合わせる」ことができます。

 

オンライン ドキュメント

レスポンシブレイアウト – LightWave3Dのドキュメントは、今あなたがそれを使用しようと思うあらゆるデバイスに適合します。

 

ライセンスサーバー2019オプション

大規模施設向けの新しいライセンス管理オプションであるLightWave3Dアプリケーションの特別なビルドで、LightWave3Dのライセンスは管理対象ポータルを通じて制御されます。 購入は特別な手配によるものです。

コメントを残す

*