CG News

NVIDIA PhysX オープンソース化

物理シミュレーションエンジンのNVIDIA PhysXがBSD-3ライセンスでオープンソース化されたようです。以前からフリーでソースコードにアクセスできたと思うけど、オープンソースとは言ってなかったみたいですね。流体エンジンのその後が気になります。
https://blogs.nvidia.com/blog/2018/12/03/physx-high-fidelity-open-source/

無料、オープンソース、GPUアクセラレーション

PhysXはGPUアクセラレーションを活用し、大きな仮想環境を処理できる唯一のフリーでオープンソースの物理ソリューションです。今日、シンプルなBSD-3ライセンスの下でオープンソースとして利用可能です。

PhysXはいくつかの重大な課題を解決します。

  • AIでは研究者は合成データ(現実世界の人工表現)を必要とし、データを必要とするニューラルネットワークを訓練する必要があります。
  • ロボット工学では、研究者は実際のロボットのように機能する環境でロボットの心を鍛える必要があります。
  • 自走車の場合、PhysXは実世界の状況を再現するシミュレータで数百万マイルの走行を可能にします。
  • ゲーム開発では、缶詰のアニメーションは有機的に見えず、洗練されたレベルでの制作に時間がかかります。
  • 高性能コンピューティングでは、忠実度の高いより強力なマシン上で物理シミュレーションが実行されています。

PhysX SDKは、スケーラブルで安定した正確なシミュレーションにより、これらの課題に対応します。

PhysX SDKはスマートフォンからハイエンドのマルチコアCPUやGPUまで幅広いデバイスをサポートするスケーラブルなマルチプラットフォームのゲームフィジックスソリューションです。完全なソースコードはGitHubで見つけることができます。

コメントを残す

*