CG News

OctaneRender 4 リリース

OctaneRender 4がリリースされたようです。modoの体験版はまだ古いバージョンみたい。
https://home.otoy.com/octanerender-4/

OctaneRender 4は2016年4月に発表され、2017年に出荷予定でした。Octaneの開発者が抜けてFStormRenderを開発。OTOYがFStormにOctaneのコードが使われていると販売の差し止めを求めたり、専門家の検証の結果FStormが無実だったりと開発以外のところで目立ってました。Octane 4が本当にリリースされるのか少し心配でしたが無事リリースされたみたいです。

OctaneRender 4と同時に、サブスクリプション専用となる OctaneRender 2018.1 のプレビュー版もリリースさてるようです。
https://render.otoy.com/forum/viewtopic.php?f=33&t=69461

OctaneRender 4の新機能

Octane 4は最先端のSpectral AI Denoising、AIライティング、高性能のアウトオブコアジオメトリ、シーングラフとビューポートで10倍〜100倍のスピードアップを含む、世界で最も高速なアンバイアスGPUレンダラーに数多くの業界初のブレークスルーを統合します。

OctaneRender 4は現在購入可能で、Octane 3のすべてのユーザーのための無料アップグレードです。

 

Octane オールアクセス

新しいOctane 4年間の「オールアクセス」サブスクリプションプラン $ 19.95/月(最低1年以上)、好きなDCCプラグインへのアクセス。
Maya、CINEMA 4D、AutoCAD、Revit、 Houdini、Blender、3ds Max、After Effects、Nuke、Unity、まもなくUnreal Engineなどがあります。

 

Brigade Engine の統合

OTOYのリアルタイムパストレースゲームエンジン「Brigade」はOctane 4に統合され、重いシーンの読み込みとインタラクティブ機能を最大10倍〜100倍高速化しました。

Brigadeは数百万のトライアングルを持つ重いメッシュやシーンを移動または変形するとき、Octaneビューポートで即座にゲームエンジンのようなフィードバックを与えます。

 

アウトオブコアジオメトリサポート – Octane シーン AI

Octane 4は、複数のGPUであってもスピード・ロスを最小限に抑えて、CPUメモリからコア・アウト・オブ・ジオメトリを高速にレンダリングできます。アンバイアスGPUレンダラー初です。

必要に応じてすべてのメッシュとテクスチャをCPUメモリに格納し、Octane ビューポートのレイテンシを持たない完全にインタラクティブな速度でレンダリングできます。シーンAIはリアルタイムにサーフェスの可視性をモデル化し、最大のパフォーマンスを得るためにジオメトリをコアの内外に動的に移動します。

Spectral AI Denoiser

Octane 4は画期的な機械学習技術を導入し、ビューポートと最終的なレンダリングの両方でインタラクティブにビューティーとAOVパスをオンザフライで伝えます。

Octaneの最先端のSpectral AI Denoiserは、エンジンの内部のスペクトル放射、シーンデータの内部知覚モデルのマテリアルで動作します。ドメイン特有のAIデノイザーはガラス、屈折、SSS、被写界深度、モーションブラーをサポートし、ノイジーなシーンでレンダリング時間を50〜100倍短縮します。

 

Volumetric AI Denoiser

OctaneのボリュームメトリックAIデノイザーは、ノイズのない結果を得るため従来は数万のサンプルを必要としていたボリューム(およびボリュームパス)のノイズを除去します。

 

AI Light

AIライトはAI デノイザーをさらに補完します。マルチポイントやスポットライトなどの小さな光源を多く使用したシーンでは、最大6〜10倍のスピードでリアルタイムにエミッシブポイントを追跡できます。

 

ライトリンクとライト除外

Octane 4のライトリンクとライトの除外は、複数のレンダーパスを作成せずに複雑なライティングのシーンを細かく管理するのに役立ちます。エミッタノードにライトIDが設定されているので、オブジェクトレイヤーノード内のマテリアルによってライトを含めることや除外することができます。また、カーネル設定でもグローバルにオブジェクトへのエミッターの影響を制御できます。

 

惑星環境システム

Octane 4の新しい惑星環境はNishitaスカイモデルに基づいており、上層大気と宇宙で太陽光による散乱をシミュレートしています。これは物理的条件と照明条件を拡張して、アンバイアス パストレースの精度で大気シェーダと惑星シェーダをサポートします。

ユニバーサルマテリアル

Octane 4のユニバーサルマテリアルでは、異なる材料を組み合わせるプロセスが簡素化されました。単一の「Uber」マテリアルを使用して以前は複数のタイプのマテリアルミックスを必要としていたものを達成することができます。

拡散、鏡面、光沢および金属などの、 ユニバーサルマテリアルには、Specular Transmission、Diffuse BRDF、Specular Reflection、Coating、Sheenを含む複数のBXDF ローブが組み込まれています。

 

シェーディングとライティングがOctaneBenchパフォーマンスで25%の速度向上

AIやシーングラフの改善がなくても、Octane 4は同一のGPU上でOctane 3 よりも25%速くレンダリングします。

 

ネイティブ Substance PBR テクスチャ統合

OctaneRender 4は、C4Dや3ds MaxなどのDCCツールにSubstance PBRテクスチャを統合するようになりました。

UDIMテクスチャ

プロダクションテクスチャワークフローの場合、OctaneRender 4は新しい画像タイルテクスチャノードを使用してUDIMテクスチャをサポートし、アーティストがカスタムタイルグリッドを設定できるようにします。

8:1 GPU テクスチャ圧縮

Octane4の動的に圧縮されたテクスチャは、通常のRGBA、グレースケールおよびフロートテクスチャのVRAMの仕様を 1/3 ~ 1/8にします。圧縮テクスチャはスピード損失がゼロで、非圧縮テクスチャとほぼ同じ品質です。

マテリアルのIORテクスチャ入力

ユニバーサルマテリアルのベースレイヤのマテリアルIORは、新しい1/IORテクスチャ入力ピンに接続されたテクスチャノードとOSLシェーダで手続き的に制御できます。

マルチレイヤーOpenEXR インポート/エクスポート

テクスチャノードのEXRレイヤーインジェストを使用して、マルチレイヤーOpenEXR出力ファイルをOSLポストプロセスおよびコンポジットノードグラフにリロードすることができます。
OpenEXRのインポートとエクスポートにより、レンダーレイヤのビューティーとライティングパスのコンポジット、デノイズ、ブレンディング、フィルタリング、リライティング、色補正を細かく行うことができます。 OSLシェーダノードのフルパワーと柔軟性を備えています。

新しいFBXシーンエクスポータノード

アーティストはOctaneRenderの内部ORBXシーン変換システムを使用してシーンジオメトリをフラット化およびエクスポートし、複数のジオメトリグラフをサードパーティ ツール用のFBX/Alembicファイルにエクスポートできます。

コメントを残す

*