CG News

Modo 12.2 リリース

Modo 12.2 がリリースされました。
https://community.foundry.com/discuss/topic/144069/modo-12-2v1-is-now-available

Modo 12.2v1の新機能
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/welcome_modo/whats_new.html?_ga=2.100623070.1946215033.1541980946-113635308.1486795389

 

プロシージャルモデリング機能の強化。modoにしては珍しいステッチ専用機能とモデリング関連の機能が継続してアップデートされています。個人的にいいと思った機能は、レンダリングのOptixのデノイザー搭載。601の頃からずっと欲しかったスケマティックのコメントノードと、Nukeのようなバックドロップノード。

少し残念だったのがバウンディングボックススレッショルド機能です。LWにあった同名の機能はアニメーション作成でとても役だったので、追加されたと知ってとても期待していました。ですがLWやMaxのようにアイテム編集中やアニメーションの再生中にはバウンディングボックスにならないため、アニメーション作成時のレスポンス改善にはつながらないのが残念でした。ぜひ次のバージョンアップではアニメーション関連のレスポンスを改善して欲しいですね。

Pixel FondueのMODO 12.2リリースチャットの中で、modoのパフォーマンスに関して大きなプロジェクトが進行中との話が語られてるようです。またデノイズは将来オクルージョンパスをサポートすることを検討している。アニメーション関連についてはアニメーションレイヤーと真のノンリニアニメーションのサポートに取り組んでいたらしい。 ProRenderについては12.2と互換性のあるテクニカルプレビュー版がすぐに利用できるようになるとのことです。

 

 

Modo 12.2

NVIDIAのOptixによるGPUアクセラレーションレンダリング

NVIDIAのエンジニアリングチームと協力して開発され統合されたOptixは、Modo 12.2および今後のリリース向けに最適化されています。

MeshFusionの最適化

複雑なコーナーと凹型のコーナーで、自然なベベル機能に沿ってより多くの結果をシミュレートするための強力な改善が行われました。

アニメーションとリギングの改善

世界をリードするアニメーションやキャラクターアーティストと協力して、スケマティックビューポートを合理化し、クリエイティブなワークフローでよりクリーンで使いやすい体験を提供しました。

Modo 12.1はエンベロープのプリセットを開始しましたが、Modo 12.2ではグラフエディタから直接保存できるベクターエンベロープとスケールエンベロープを追加することでプリセットを拡張し、シーンに直接ドラッグアンドドロップできます。新しいスケマティックビューポートノート機能を使用すると、手動で機能を確認したりチャンネルの値を自動的に強調表示することができます。

ワークベンチによるユーザーインターフェイスのカスタマイズ

Modo 12.2にはカスタマイズ可能なUIモジュールであるWorkbenchが導入されています。このモジュールを使用すると、ボタンコントロール、アイテムチャンネル、コマンドリストのコマンド、プリセットブラウザのプリセットなどの大半を追加できます。スクリプト作成の専門家でなくても、ワークフローに合わせて直感的で柔軟な方法でツールプリセット、マクロ、スクリプトを追加することができます。
ユーザーエクスペリエンスの強化は、より大きなシーンを扱うためのバウンディングボックススレッショルド オプション、プリセットブラウザでの新しい表示の追加により、プリセットを素早く見つけて整理できます。

プロシージャルモデリングとプロシージャル ステッチング

12.2のプロシージャルモデリングでは、UV矩形、UVフィットメッシュ、UVアンラップメッシュを追加することで、大幅に改善されたUVマッピングファンクションが導入されています。UV-to-Meshメッシュオペレータは、選択されたUVマップに基づいてメッシュを手続き的に生成します。
プロシージャル ステッチングは、自動車、靴およびアパレルの顧客が求められている機能でした。新しいステッチツールを使用するにはメッシュに描く方法や、既存のメッシュのエッジを選択してステッチに変換する方法など、ステッチを下のサーフェースに固定したままにする方法があります。

 

アドバンスドビューポートでダイレクトモデリング

AVPを使用すると四角形の代わりに円で表されたポイントや、通常のビューポートとよりインラインになり、ジオメトリの背後に配置されたときに表示される選択肢をより鮮明に視覚できます。
デプススナップは、スナップ動作を定義された深さに分離するのに役立ちます。複雑なシーンで作業する場合、カーソルはより直感的な方法で表示されます。

 

Modo ブリッジ

Modo 12.2とUnreal Editor間のアイテム転送は、以前のバージョンより最大400%速くなり、大規模で複雑なシーンのラウンドトリップを劇的に改善します。 一時的なフリーズや遅延の除去はバックグラウンドで行われるようになり、アセットがシーンに取り込まれている間も作業を続けることができます。

統合されたバーチャルリアリティビューポート

Modo 12.2ではVRビューポートの実装を拡張して、コンポーネントの選択と、小さくて洗練されたコアモデリングツールのセットを可能にするVRツールセットを紹介します。
選択モードでは、頂点、エッジ、ポリゴンの選択間をジャンプできます。モデリングツールのサブセットは、ペンツールやカーブツールなどの使い慣れた機能を提供します。 これまで以上に没入感のある方法でスライド、ベベル、フリップ、押し出し、厚くすることができ、創造的な旅の境界を押し広げることができます。
トポロジーペンは、VRビューポートで最も重要な追加機能の1つで、サーフェスの操作、コンポーネントの移動、エッジの移動を自由に行うことができます。

コメントを残す

*