CG 日記

MayaでBackburnerのジョブ作成

MayaでBackburner使ってレンダリング回すメモ。

 

追加オプション

コマンド ライン レンダラのフラグを入力できる。ただしバッチファイルと異なりディレクトリ指定に\を使用できないので / で記述する必要がある。melの制限なのかな?

-rd //RenderPC/Share/img

 

マネージャー名

マネージャーを起動してるPC名を入力する。入力必須です。

 

レンダラ パス

サーバーPCのMayaインストールディレクトリを入力する。マニュアルには「Maya は各レンダー ノードで同じ場所にインストールしなければなりません。」と書かれてるので、サーバーは「C:\Program Files\Autodesk\Maya2018」のように全て同じパスにインストールする必要がる。パスが混在すると以下のエラーが出てレンダリングが実行できない。

Cmdjob adapter: Create Cmdjob process error: 2

ネットワークスパスを設定してもレンダリングを実行することができたけど、プラグインやModuleで問題がでて上手くレンダリングが回らない場合があった。

 

シーンファイルはネットワーク共有など、全てのPCを再起動後からアクセス可能なディレクトリに置く必要がある。ファイルにアクセスできない場合は以下の

Error message: Cmdjob adapter: Process exit abnormally,Exit code is 211

コメントを残す

*