参考資料

Arnold用のPOTAカメラシェーダ

Arnoldレンダラ用の効率的なカメラシェーダがリリースされました。いわゆるレモン型のぼけや色収差を再現できるシェーダです。
http://zenopelgrims.com/polynomial-optics-arnold/

 

概要

POTA (ARNOLDへのPOLYNOMIAL OPTICS)は、広角レンズ用のスパース高次多項式に基づくアーノルドレンダリング用のオープンソースカメラシェーダです。

POTAは広角レンズ用のスパース高次多項式の実装です。 これはレンズ素子を通る光線を追跡するコストの一部で、高次の収差で画像をレンダリングします。それは、センサ上の光線を外側の瞳孔上の光線に変換するためにブラックボックスとして機能する、適合多項式を事前に計算することによって行われます。

このシェーダはカメラシェーダでの20年の研究努力を表しています。.ZOICでは各カメラの光線がすべてのレンズ要素によって物理的にトレースされています。視覚品質は同等ですが、多項式光学技術は数倍高速であり、薄レンズ計算のコストと比較することができます。特に、複雑なシーンでは、薄いレンズ近似を超える多項式光学系を使用するコストは無視できます。

レンズの記述は近似を有するので、薄いレンズ近似で慣れたように焦点距離を変更することは不可能であることに留意してください。かわりにPOTAをプライムレンズのライブラリと考えてください。いくつかの焦点距離の調整は、センサのサイズを変更することによって行うことができます(実際のカメラのように aps-cセンサのレンズの焦点距離の違いに注意してください)

POTAは波長依存性があり、対応するCIE RGB波長(それぞれの色チャネルごとに1つ)で3枚の画像をレンダリングすることにより、光学的に正しい色収差(正確なデータはほとんどないので、レンズコーティングは無視する)が可能であることを意味する。3つの画像をレンダリングするのは高価ですが、オプションがあります。例えば、赤色チャネルでは700nm、緑色チャネルでは546.1nm、青色チャネルでは435.8nmです。

コメントを残す

*