CG News

V-Ray Next for 3ds Max リリース

V-Ray Nextがリリースされたようです。
https://www.chaosgroup.com/vray/3ds-max/

  • レンダリング全体のパフォーマンスを最大25%向上
  • 新しい適応ドームライトは最大7倍高速で、窓や開口部に天窓の入り口を設置する必要がありません。
  • V-Rayフィジカルカメラには簡略化されたUIに加えて、自動露出とホワイトバランスが追加されています。
  • 新しいGPUレンダリングアーキテクチャ、生産のレンダリングの速度を倍増することを約束。
  • エンベローメントフォグ、ボリュームエフェクト、VRScans マテリアルに対するへのGPUのサポートが強化されました。
  • ディズニー・リサーチをベースにした新しいフィジカル・ヘア・マテリアル。光沢、柔らかさ、ランダム性をコントロールするためのスライダーで簡単に見えるようにしました。メラニン・コントロールは色を変え、ヘアカラーの色を変えます。
  • NVIDIA Al Denoiser
  • レンダーエレメントをデノイズする能力。
  • ヒートマップとデータオーバーレイを使用して、シーン内の光レベルを分析し測定するライティング解析ツール。
  • Alembic 1.7をサポート。レイヤリングを含む。
  • オブジェクトに適用された複数のマテリアル間を変更する新しいV-Rayスイッチ。
  • V-Rayプラグインとテクスチャを使用して、UnityやUnrealの手続きテクスチャとPBRマテリアルを含むあらゆるバージョンのV-Rayから3DS Maxに任意のテクスチャや素材をロードできます。

V-Ray Nextの新しいワークステーションライセンスは$1,180。既存のライセンスへのアップグレードには$580。年間レンタルも$470で利用可。

コメントを残す

*