Tips

modoのパーティクルで文字を書く

パーティクルとテクスチャリプリケータ機能で文字を書くような表現について書いてみます。パーティクルとコリジョンの設定方法がわからない場合は、modo Japan Groupのチュートリアルがお勧めです。

パーティクルの制御は見たままで単純です。エミッターを文字の形になるように一筆書きでアニメーションしています。文字間は「放射レート」にキーを設定してパーティクルが出ないように設定しています。
エミッターの設定は放射タイプを「均一」に変更して、一定間隔でパーティクルが発射されるようにしています。さらに「速度継承」をOFFにして、エミッターの移動がパーティクルに影響をあたえないように設定しています。

 

コリジョンの設定も単純で「跳ね返り」「マージン」「パーティクル衝突粘性」を 0 にします。これで平面にあたったパーティクルがその場で停止します。

 

文字部分のレンダリングはテクスチャリプリケータ機能を使用します。単色の線を表現する場合は Constant レイヤーを使うのが手軽です。Constant レイヤーは単色塗りつぶし専用のレイヤーです。ブレンドモードで画像の色味を少し変えたい場合なんかにも便利に使えます。

 

テクスチャリプリケータの機能が把握出来れば、作り方は簡単に想像できたんじゃないでしょうか。次回はもう少し手間の掛かったパーティクル制御でアイテムが濡れる表現について書いてみます。

 

参考

コメントを残す

*