CG News

Modo 12.0 リリース

Modo 12.0 がリリーされました。
https://community.foundry.com/discuss/topic/139173/modo-12-0v1-is-now-available

主な追加機能

glTF 2.0 Export

Facebookの新しい3D投稿機能に連動して開発されたこの機能を使うと、Modo で 3D オブジェクトを作成した後、Facebook ニュースフィードに共有することができます。

 

メッシュペイントの改善

ランダムプリセットペイント機能によってアセットライブラリを利用できます。配列ペイントモードでは、順序付けられたオブジェクトのコレクションをペイントする際に、より大きなコントロールを提供します。

 

メッシュフュージョン サーフェスストリップ

Surface Strip 作成オプションが追加されました。 このオプションにより単一のシンプルなサーフェイスから特徴とディテールを作成することができます。

 

モデリングとデザイン作成の強化

トランスフォームまたはスケールでメッシュまたはコンポーネントを操作する際に、キーボードショートカットで奥行き方向に移動することが可能になりました。
ジッターツールには、連結しているジオメトリの位置、スケール、回転のランダム化を行う新しいオプションが追加されました。
頂点選択モードのスライドツールには新しいハンドルが表示され、頂点を微調整する際の制御がより強化されました。

 

新しい手続きメッシュ操作

三角化ツールが追加され、三角ポリゴンを出力できるようになりました。

メッシュを統合オペレータはリプリケータアイテムをジオメトリ入力として読み込めるようになりました。これにより複製されたジオメトリはプロシージャルモデリングツールを使用して操作し、単一のメッシュアイテムに変換できるようになりました。

ミニグラフ編集を使用してアイテムフォールオフの形状を編集可能になりました。リギングやプロシージャルモデリングでフォールオフの表現の幅をさらに広げることができます。新しいフォールオフはシーンやジオメトリのパラメータを使用してメッシュオペレータのフォールオフを調整できます。

 

クラウドアセットとファウンドリ共有サイト

プリセットアセットの作成、共有、ダウンロードが改善されました。 クラウドアセットをドラッグしてアイテムツリーにドロップするか、または直接Modoビューポートにドロップできます。
プリセット作成も大幅に合理化されています。UIからプリセットブラウザにドラッグするだけで、任意のプリセットタイプを作成できるようになりました。

 

UVツールとワークフローを洗練

  • サードパーティのキットを簡単に管理できます。
  • Modo Modesツールバーは、一貫性を高めるために再構成されました。
  • 多くのモードでワークフローが改善され、標準のモデリングセッションでのクリック数が大幅に削減されました。
  • UVビューポートには新しいボタンが追加されました。
  • 複数のUV選択を一度に並べる方が簡単になりました。

 

ハチェットコレクション

人気のHatchet CollectionのPythonスクリプトが含まれました。Modoのコア機能が強化され、アセットの作成がさらに効率化されます。

 

アドバンスドビューポート のGPUアクセラレーション

アドバンスドビューポートの MSAA(Multi Sample Anti-Aliasing)はGPUハードウェアを使用してレンダリングを高速化しました。異方性テクスチャフィルタリングは、多くの場合優れたビューポートテクスチャ品質を提供しますが、少しパフォーマンスを犠牲にしています。

 

レンダリングとシェーディングの改善

アニメーションレンダリング中にどのフレームをレンダリングするか制御する新しいフレーム範囲チャネルが追加されました。

glTF Material Shaderは、Modoのネイティブレンダラー、アドバンスドビューポート、およびglTFシェーディングをサポートする他のアプリケーションの間で完全なWYSIWYGを可能にします。

 

その他

オンラインマニュアルのデザインが新しくなったみたいです。
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/getting_started.html

MODO 12.0 新機能一覧

http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo120v1_newfeatures

Modo 12.0 Quick Clips

https://vimeo.com/album/5061511

Modoフリーキットのアップデート

https://community.foundry.com/discuss/topic/139177/modo-free-kit-updates

GoZ 1.1

Sub-Dとしてではなくフェースとしてメッシュを転送するようになりました。このキットは10.1との互換性がなくなりました(10.2以上のみ)。

AfterFX-IO Kit 2.0
  • 位置、回転、スケールのエンベロープを作成するときのトランスフォームアイテムのチェックを削除しました。
  • トランスフォームアイテムのないコンストレイント付きアイテムがゼロキーをエクスポートする問題を修正しました。
  • 変更を確認するためにModoからエクスポートするときにキーの値をチェックし、変更がなければエクスポートされたエンベロープでキーの作成をスキップします。ModoからJSONファイルまたはXMLとしてエクスポートできるようになりました。多数のエクスポートされたチャンネルとアイテム、特にAfter Effectsの終了時のXMLが高速になる可能性があります。 After EffectsはJSONだけをエクスポートします。
  • ModoとAfter Effectsの両方のスクリプトで、さまざまなパフォーマンスが向上しました。 After Effectsスクリプトは従来のキー作成よりもはるかに高速です。これまでにインポートするのに30秒以上かかるファイルが一瞬になりました。
  • カスタムチャネルを含む任意のチャネルやModoのアイテムをエクスポートできるようになりました。エクスポートされたアイテムに属するチャネルは、After Effects アイテムのレイヤーの下にあります。付随項目なしでModoからエクスポートされたチャンネルは、独自の「MODO CHANNEL」レイヤーでAfter Effectsに追加されました。エクスポートされたチャネルは1、2、または3次元の値[1] [1,2] [1,2,3]

 


 

メンテナンス契約してるとベータ版にアクセスできるので、今となっては新鮮さを感じなかったりしますw Modo11リリース直後にメンテナンス契約した人は、もれなく12をゲットできて少しお得感のあるタイミングでのバージョンアップなんじゃないでしょうか。

正直なところ大きな機能追加、期待していたアニメーション関連の機能追加がなくて残念ですが、メッシュペイントやジッターツールなど放置されていたモデリング機能が改善されてるのは嬉しいです。ジッターツールは将来的にメッシュオペレーターになったりするのかな?
Hatchet Collectionはフル機能ではありませんが、ランダム選択などモデリングで欲しいと思ってた機能が搭載されていて助かります。
個人的にはアニメーションで活躍しそうなフォールオフ機能の強化もいい感じです。
大きな機能追加は12.1、12.2待ちという感じですかね。

glTF 2.0フォーマットは今のところ直接の恩恵はありませんが、将来的に有用な物になるかも知れません。glTFフォーマットはジオメトリ、アニメーション、マテリアル、テクスチャ、ライトなどに対応していて、FBXのようなクローズドなフォーマットに変わるファイル形式になるんじゃないかと期待されているらしいです。
UnrealEngineがglTFをサポートしようとしてるらしい。Windows10に標準搭載されている「3D Builder」というアプリケーションでも使うことができます。

ちなみにmodoはサードパーティがglTF 2.0にネイティブに対応した最初のソフトらしい。Blenderも対応してますが、そちらはフォーマットを策定したクロノスグループが直接メンテナンスしてるみたいです。

他にフォーラムで見かけた気になる内容として、modo 12 リリースのメール内で12 シリーズのアニメーション強化についてふれられているようです。アニメーションミキサー的な機能でしょうか。「改善されたワークフローを含むアニメーションエクスペリエンスの強化により、アニメーション アクションを簡単にリタイム、再利用、結合、調整できます。」
https://community.foundry.com/discuss/post/1121551

パフォーマンスの話。MacBook Proでの話のようなので、Windows環境でも早くなってるのかは不明です。「CADシーンの簡単なテストで、12で大幅なパフォーマンス改善が見られます。私のシーンは約21万フェース、約600のアイテムがあり、GLメーターはデフォルトビューで35-45fpsのスピードになります。11.2では約15-18fpsでした」
https://community.foundry.com/discuss/topic/139198/modo-12-performance

メッシュフュージョンは古いシーンと互換がないようです。コンバートボタンで変換する必要があるようです。
https://community.foundry.com/discuss/post/1121565

コメントを残す

*