CG News

SpeedTree Cinema 8 リリース

ムービー見てみると、おもったより手軽な感じじゃないですね。イメージ通りにモデリングするデモなのかな?
https://store.speedtree.com/cinema/

SpeedTree Cinema 8重要な新機能

完全なPBRワークフローとレンダリング

非破壊的なマテリアル編集をサポートし、アーティストが即座にテクスチャを調整できるようにします。この新機能の驚異的な影響を確認するには、http://www.speedtree.com/cinema をご覧ください。

新しい150のライブラリ

数千種類の3DサーフェススキャンPBRテクスチャが含まれています。個々のモデルファイル(.spm)には、複数のポリゴン解像度と調整可能な季節変動が含まれています。

大幅に改善された輸出パイプライン

メッシュと風のアニメーションの両方の書き出しは、はるかに速く、はるかに少ないメモリ使用量です。その他の改善には、UDIMのサポート、メッシュアンラッピングの改善、階層エクスポート、スキンメッシュのボーンウェイトの改善などがあります。

新しい葉バッチシステム

SpeedTree Modelerのリーフレンダリングは、バージョン7より1,000倍高速です。この革新によりモデリングプロセスが大幅に高速化され、より複雑なモデルの作成がサポートされます。

風のリアリズムの大きな飛躍

Cinema 8 は葉と枝の間の複雑な風力学をより自然に捉えることができます。オーバーホールされたシステムは現実的なローリングウインドエフェクトを特徴とし、チューニングがはるかに容易で、新しいウインドウィザードも含まれています。

その他数多くの改良

その他の実質的な改善には、新しいアートディレクターツール、オーバーホールされたメッシュカットアウトシステム。

 

コメントを残す

*