2017年

CG News

DynamicRenderRegion for Modo

アニメーションのレンダリングで一部だけレンダリングしたい場合に、レンダーリージョンを使って部分だけレンダリングするアセットらしい。アイディアが面白い。
レンダーリージョンの設定はスケマティックでリグを組めるので自分で作れそう。
https://gumroad.com/l/bHLD

Tips

modoの情報タブ

情報と状態ビューポートの情報タブについて小ネタを書いてみたいと思います。
状態タブはメッシュのポリゴンや頂点選択で頻繁に利用すると思いますが、情報タブもパラメータをスプレッドシートのように一覧表示することができて便利なときがあります。

例えば頂点のウェイトを3dsMaxのウェイト テーブルのように一覧表示して編集したり、アイテムのレンダー設定などを確認することができます。


ウェイトのようなコンポーネントモードの値は一括で編集できるのですが、残念ながらアイテムモードでは一括編集することができません。
プロパティでまとめて編集できるので問題ありませんが、情報タブで編集できたらもっと便利かもしれません。今後のバージョンアップに期待したいですね。

Tips

VDBデータからメッシュを生成する方法


modo 901からOpenVDBファイルを読み込んでレンダリングできるVDBVoxelノードが追加されました。
OpenVDBファイルは煙のようなボリュームデータを保存出来るオープンソースのファイルフォーマットです。元はHoudiniでシミュレーションしたボリュームを他のソフトやレンダラーで使うために作られたフォーマットだった気がします。

VDBVoxelは上の画像左側のようにボリュームをレンダリングすることも出来ますが、画像右側のようにボリュームデータからポリゴンメッシュを生成することができます。ボリュームからメッシュ生成する機能自体はOpenVDBライブラリが提供している物だと思いますが、このVDBVoxelはパーティクルからもメッシュを生成することができるので便利です。

modoにはパーティクルをレンダリングする機能としてBlobノードがありますが、VDBVoxelを使うことでメッシュを粗めに生成してレンダリングを早くしたり、モデリングツールで編集できるようにすることができます。モコモコデフォルメされた雲や木のようなモデルを作るのにも役立つと思います。
Blobと違ってボクセルフィルターでメッシュを滑らかにすることができるのもいい感じです。

パーティクルをBlobでレンダリングした画像。複数のParticle SimulationをまとめるのはParticle Modifierを使います。

パーティクルをVDBVoxelでメッシュ化してレンダリングした画像。

CG News

Adobe Creative Cloud 2018 リリース

Photoshop CC の新機能

Illustrator CC の新機能

After Effects の新機能

価格
  • 個人向けクリエイティブクラウドオールアプリとシングルアプリのプランは6%増加します。たとえば、Creative Cloud All Apps年間プランの新しい価格は$ 49.99から月額$ 52.99になります。
  • クリエイティブクラウドチームの計画は14%増加します。たとえば、Creative Cloud for Teamsのすべてのアプリの新しい価格は$ 69.99から月$ 79.99になります。
CG News

Substance Painte Live Link (MODO/Maya/Blender)

Substance Paintertと3Dソフト(MODO/Maya/Blender)をライブリンクするフリーツールだそうです。
他の3Dアプリケーション、3ds Max、Cinema 4D、Houdini、Marmoset Toolbag、Corona、OctaneRender、V-Ray用のプラグインの開発予定だそうです。
https://gumroad.com/hedgehoglabs#

参考資料

Muscle Training to Joint reconstruction

アングルモーフとマッチするジョイント、スキニング、リギングを生成するデモ映像。
機械学習を使ってるっぽい?以前もクロスをジョイントにするスクリプトがありましたが、似たような用途でしょうか。

CG News

CINEWARE for ILLUSTRATOR

Illustrator用のCinewareが公開されてるようです。
Illustrator内でCinema 4D オブジェクトの配置やライティング、質感を調整可能になるようです。PhotoShopにも3D機能ついたり、Vray搭載のソフト開発してるけど、使ってる人は増えてるのかしら?

 

CG News

Akeytsu 1.0 発表

バージョン1が10月25日にリリースされるそうです。現在早期アクセス割引中で、Indy版 $179が$79、Pro版$589が$279で販売中です。

Akeytsuは2年以上ベータ版として開発していた、スタンドアロンのアニメーションソフト。スケルトン作成、ウェイト設定、アニメーションレイヤーなど近代的な機能が搭載されています。

以前少しさわってみましたが、UIが独特でサクッと良いところどりできるような感じではなかったですね。

https://www.nukeygara.com/akeytsu

参考資料

『宝石の国』のメイキング

https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T2-houseki.html
https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T2-houseki02.html
https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T2-houseki03.html
https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T2-houseki04.html

Tips

リプリケータをリプリケータで複製

modoにはポイントやポリゴンにオブジェクトを複製して配置するリプリケータという機能があります。リプリケータで配置したオブジェクトは、さらにリプリケータで配置することができます。

ただしビューポートでは正しく表示されないので注意が必要です。
同様にデフォーマでアニメーションさせたオブジェクトをリプリケータで複製した場合に、タイムオフセットがビューポートで確認できないという仕様があります。リプリケータを使ってみた場合は、とりあえずレンダリングしてみるといいです。

将来的にはビューポートで確認できるようにして欲しいですね。

CG News

3ds Max 2018 Update 3 リリース

Mayaに搭載されている流体シミュレーション Bifrost がMaxに移植されたようです。
MayaのBifrost搭載からからだいぶ時間が経った気がしますが、予定通りMax版も開発してたんですね。
あまり実績を効かない気がしますがどうなんだろ。

https://forums.autodesk.com/t5/3ds-max-forum/3ds-max-2018-update-3-released-fluids-in-3ds-max/td-p/7417759