2017年5月

CG News

V-Ray AppSDK が利用可能

https://www.chaosgroup.com/vray/application-sdk

パワー
V-Ray AppSDKは、あらゆるアプリケーションにV-Rayレンダリングのフルパワーを追加するように設計された高度なソフトウェア開発キットです。

品質
V-Rayをアーキテクチャ、デザイン、およびビジュアルエフェクトの業界標準としたのと同じ高品質レンダリングを統合します。

速度
V-Ray AppSDKの直感的かつ合理化された統合により、アプリケーションの市場への投入を迅速にします。

多種多様
V-Ray AppSDKはシンプルなスクリプトワークフローからシームレスなネイティブ統合まで、あらゆるタイプのプロジェクトをサポートします。

コントロール
Python、C#.NET、Javascript、C ++などの一般的なAPIバインディングから選択してください。

アジリティ
V-Ray AppSDKはビジネスを成長させるために必要なツールと柔軟なライセンスを使用して、あらゆるプラットフォーム上で動作します。

CG 日記

Cryptomatte

Cryptomatte試してるけど面白い。とりあえずMayaのArnold使ってる。
CryptomatteはPsyopsが作成したツールで、モーションブラー/透明度/被写界深度をサポートしたIDマットを自動的に作成できる。DeepDataのような特長を持ってるけどはるかに高速で軽量というもの。
サンプル見てる感じ、透明なオブジェクトでもアンチエイリアスの問題も無くマットを直接選択出来てる気がする。

最近だとClarisse 3.5が対応してて、V-RayやRenderManも出力に対応する予定がある。
https://www.fxguide.com/featured/fmx-highlights-away-from-the-main-stage/

参考資料

The Surge Trailer

リアルな質感とライティングがいい感じ。3DS MaxとV-Rayらしい。

CG News

モデリングソフト Silo 2.4 Betaリリース

生きてたのか。
http://nevercenter.com/silo/release_notes/

  • ColladaとFBX形式のサポート(インポートとエクスポート)
  • 現代的で洗練されたインターフェースのスタイリングを完全に更新
  • 簡単なカスタムインターフェイス設計のためのボタンエディタの簡略化
  • アプリ内アンチエイリアス設定で描画コードを更新しました
  • カスタムプリミティブフォルダを表示するメニュー項目を追加しました
  • カスタムプリミティブフォルダにネストされたディレクトリを含めることができるようになりました
  • 新しくロードされたファイルは、自動的にビューポートにフレーミングされます
  • カラー設定用の新しいプリセット
  • マウス設定のプリセットが更新されました
  • さまざまなインターフェイスの合理化と改良
  • アンチエイリアスが有効になっていると、選択の際に経験したユーザーの一部のバグを修正しました
  • FACTファイルのインポート/エクスポートのバグ修正
  • STLファイルのインポート/エクスポートのバグ修正
  • 間違ったマニピュレータに戻ってしまうツールを修正しました
  • 誤った選択を可能にするマニピュレータを修正しました
  • 多くのエラーメッセージはポップアップに移動して何か問題が発生したときにそれをより明確にします
  • ファイル名から紛失した場合でも、画像は常に正しい拡張子で保存されます
  • 明確にするために多くのエラーメッセージを改善しました
  • Windows上で64ビットのみに移行し、クラッシュを大幅に削減
  • 環境設定フォルダを表示するメニュー項目を追加しました
  • オブジェクトプロパティウィンドウには、(コンポーネントプロパティに加えて)シェイププロパティが常に表示されるようになりました
  • テクスチャシーム表示がオブジェクトごとになりました
  • 強調表示されたエッジを使用して、テクスチャ継ぎ目にマークを付けるようになりました
  • 内部コードをクリーンアップしました
  • 新しいアプリアイコン
  • その他の多くのバグ修正
参考資料

Google Seurat for mobile VR

GoogleはLucasfilmと提携してRogue Oneのデジタルセットをヘッドセットでリアルタイムで実行できるものに圧縮、高品質のレンダリングをモバイルVRにもたらす。
modoがちらっと出てくる。

CG 日記

Syflex for modo でSewingのテスト

Syflex for modo にSewingフォースが追加されたのでテストしてみた。
やっぱり専用のフォースがある方が使いやすい。

CG 日記

Syflex for modo のキャッシュクリアを便利にする方法

Syflex はDeleteCashを頻繁に使う事になりますが、メニューからアクセスする必要があって面倒くさい。
flex.cfg 136行目のマニュアルへのリンクをcmd syRemoveCacheに変えると使いやすくなります。

CG News

ゲームやMIDIコントローラーなどを使ってMODOを制御するプラグイン『Channel Chimp』発売

価格は $199で、2週間プロモーション価格で25%オフ。
https://community.foundry.com/discuss/topic/131509/new-modo-addon-channel-chimp-for-modo

ゲームコントローラ、タッチスクリーンタブレット、スマートフォン、MIDI、OSCなどの外部入力デバイスを使用して簡単に制御できます。
ユーザーはゲームのようにインタラクティブにパフォーマンスを記録して、数分間でアーチビズツアーアニメーションを作成できます。
車を運転したり、音楽によって動かされるグラフのアニメーションを作ることも。アーティストがリアルタイムでキャラクターを演出できるような創造的なコントロールや、Modoの独自のカスタムインターフェイスをデザインすることができます。

Photoshopの開発者でILMのVFXスーパーバイザーであるJohn Knoll氏がプラグインをデモしてます。

 

 

CG 日記

modoでトランスルーセント

modoで葉っぱや紙のような薄い物質を光が通る半透明な質感(トランスルーセント)を設定する方法。
スキャッタリング距離を0にすると質感が切り替わります。

参考資料

Enriching Facial Blendshape Rigs with Physical Simulation

物理シミュレーションを使用したフェイシャルブレンドシェイプのリグ。

多くの場合、顔のアニメーションは体全体の動作とは別に作成されます。
魅力的な顔のアニメーションはそれ自体では挑戦的なので、アーティストは孤立して顔の動きを作成して編集する傾向があります。
また、顔のアニメーションがモーションキャプチャから派生したものである場合、これは通常静止している間はモーフキャップのブースで行われます。
どちらの場合でも、身体と頭の動きと孤立した顔のアニメーションを再結合することは簡単ではなく、体の動態が顔に正しく反映されていないと(例えば、走っているときの顔組織のバウンスなど)、珍しい結果を招くことがあります。
私たちは顔のブレンドシェイプアニメーションに物理学を追加することができるシンプルで直感的なシステムを導入することで、この問題に取り組んでいます。