2017年

CG 日記

modoのコンストレイント補正オプション

modoの補正オプションについて書いてみます。
補正オプションはコンストレイントを適用するときに、アイテムの見た目の位置や角度を維持してくれる機能です。リギングでコンストレイントを使用するときに知ってると便利です。

補正オプションはセットアップ タブの上のUIメニューに配置されていて、ボタンをONにすると関連するボタンアイコンが切り替わります。

 

補正オプション OFF

コンストレイント先のトランスフォーム(位置、回転、スケール)にそろいます。

 

補正オプション ON

現在のトランスフォームの見た目を維持した状態でコンストレイントすることができます。

動作としてはコンストレイントノードのオフセットに値を入れることで見た目を維持しています。


modo使い始めたときは補正オプション知らなくて不便だーと思ってましたが、補正オプションに気がついてからはコンストレイントが便利に使えてます。初心者トラップな気がするのでデフォルトONにして欲しいですね。
次回は補正オプションを使ってチェーンやキャタピラのようなリグの作り方を書いてみます。

CG 日記

modoのセットアップモード

今回はセットアップモードについて書いてみます。セットアップモードはメッシュ変形(デフォーマ)に欠かせない特殊なシーン状態です。
セットアップモードの概念自体は珍しいものではなく、3Dソフトには何かしら同じような仕組みがあります。他の3Dソフトでは機能が分かれてたりしますが、modoはセットアップモードとしてまとめられてるのが便利です。

 

セットアップモードとは?

セットアップモードはデフォーマやIK計算の基準となるアイテムの「初期位置」を格納する特殊なシーン状態です。

3Dソフトではスケルトン(ボーン)を配置して、スケルトンを移動や回転させることでポリゴンメッシュを変形してアニメーションするのが一般的です。例えばスケルトンを90°回転してメッシュを変形したとき、どの位置からスケルトンが回転したのか基準となる情報が必要になります。この「どの位置?」を格納しているのがセットアップモードです。

セットアップ ボタンを押すとビューポートに黄色の枠が表示されセットアップモードに切り替わります。セットアップモードではデフォーマに関連したアイテムが初期位置に移動します。デフォーマによるメッシュの変形は全て無効になりますが、コンストレイントやIKなどのチャンネルモディファイヤは動作します。

 

セットアップモードのメリット

セットアップモードで便利なのがスケルトンの位置調整です。キャラクターリグを作成してポーズをつけてみたものの、動かしてみたら間接の位置に違和感があることがあります。セットアップ段階ではこの調整が頻繁に発生しますが、modoはセットアップボタンでアニメーションとセットアップモードを行き来しながらスケルトン位置を調整できるので便利です。

3ds MaxだとBipedの「フィギュア モード」や CATの「設定/アニメーションモード切替」と、 スキンモディファイヤの「常に変形」と同じ感じです。LWだと「ボーン編集モード」、MayaのHumanIKだとReference用のスケルトンを「スキンされたジョイントの移動」する感じかな?

 

セットアップモードのアイテム位置

セットアップモードに切り替えたときアイテムの位置や角度が変わります。これはチャンネルに複数の値を格納する仕組みを利用しています。チャンネルに「セットアップ/静止値」を設定すると、セットアップモードで値が切り替わります。

少し複雑そうですが General Influence の「エフェクタ」に接続されているアイテムは、トランスフォーム(移動、回転、スケール)を編集すると自動的に「セットアップ/静止値」が設定されます。この仕様によりデフォーマを使う場合は「セットアップ/静止値」を意識することなくセットアップモードを使用することができます。
バインドしたスケルトン、トランスフォームデフォーマ、スプラインデフォーマ等のロケータはこの仕組みで初期位置が設定されます。

自作のリグを作成する場合は「セットアップ/静止値」の仕組みを理解しておくと便利です。「セットアップ/静止値」は全てのチャンネルに設定できるので、セットアップモードでチャンネルモディファイヤを無効にしたり、「セットアップ/静止値」が設定されているトランスフォームにリグを構築することができるようになります。

セットアップモードの仕組みがわかると、デフォーマを多用するキャラクターリグも構築しやすくなるのではないでしょうか。

参考資料

Merry Christmas 2017

クマのモーションや毛の質感が素晴らしい。

CG News

MOOTZOID プラグインがフリー化

Softimage用のプラグインメーカーとして有名だった MOOTZ OID が、プラグインを全てフリー公開してサポートを終了したようです。emReader、emPolygonizer5はmodo用のプラグインもあります。
http://www.mootzoid.com/plugin

ダウンロードしたファイルは、フォルダごと以下のディレクトリにコピーすると使えるようになります。

  • C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Luxology\Kits
emPolygonizer5

emPolygonizerは「メッシャー」プラグインです。Realflow で計算されたパーティクルをメッシュ化するために使用します。最近ではOpenVDBにメッシュ化する機能がありますが、emPolygonizerは色々設定があるので細かな調整ができるかもしれません。

 

emReader

emReaderはキャッシュされたジオメトリシーケンスを読み込むプラグインです。
メッシュ入りの Realflow フォーマットやobjシーケンスをロードすることができます。modo標準の Realflow Particle ノードではメッシュに対応していないので、Realflowユーザーには朗報かもしれません。といっても最近はAlembicが使えるのかな。

CG 日記

modoのトランスフォームアイテム

引き続きチャンネルの基本について書いてみます。
modoの設計思想にはレイヤーという概念が深く根づいています。メッシュレイヤー、シェーダーツリー、アクションレイヤー。今回紹介するトランスフォームアイテムもレイヤーとして動作します。

 

トランスフォームアイテムとは?

トランスフォームアイテムとは「移動」「回転」「スケール」チャンネルのことです。アニメーションやリギングで欠かせないチャンネルですが、modoはこのトランスフォームアイテムを好きな数だけレイヤーのように追加することができます。これはリギングする上でとても便利な仕組みです。
3ds Maxだと「リスト コントローラ」が同じような機能だった気がします。

 

トランスフォームアイテムのメリット

トランスフォームを加算(オフセット)のように使用できます。具体的な例としてはコンストレイントやエクスプレッションで計算された値と、ユーザー操作のトランスフォームを組み合わせることができます。これはリギングでとても便利な機能です。

例えば以下の画像では位置トランスフォームを追加し、 Channel Noise を使用してランダムな動きを加えていますが、アイテムの移動は通常通り移動ツールで操作することができます。

アイテムをロケータにペアレントしても同じ事ができますが、トランスフォームアイテムを使用することでアイテムリストの階層構造が深くならずに済みます。
また modoは ロケータの表示数が多いとビューポートのパフォーマンスが低下するため、ロケータを使用しなくていい場合はトランスフォームアイテムかグループロケータを使用するのがお勧めです。(11.0 からは「アイテム表示 キャッシュ」がおこなわれロケータのアニメーション再生が高速化されているらしい)

 

トランスフォームアイテムの追加方法

チャンネルビューポートで「位置の追加」「回転の追加」「スケールの追加」をクリックするとトランスフォームが追加されます。太字で表示されるのがプライマリのトランスフォームで、トランスフォームツールで動かすために使用されます。

これら複数のトランスフォームアイテムはリストの下から上へ順番に計算されます。詳細は「modoのマトリクス計算順」参照のこと。

modoはアイテム追加時はトランスフォームアイテムがありません。トランスフォームツールで編集したとき自動で追加されます。これは何千ものアイテムが存在するシーンで余計なチャンネルデータを扱わずに済むための仕様で、ファイルのサイズや処理時間を大幅に節約できるようです。この仕様が気にくわない場合は初期設定で変更するこができます。

  • ファイルメニュー / システム / 初期設定 / デフォルト / メッシュアイテム / アイテムトランスフォームの自動作成

 

トランスフォームアイテムの種類

トランスフォームアイテムは「移動」「回転」「スケール」の他にもいくつか種類があります。ピボットを移動や回転したときに追加される「ピボット位置補正」「ピボット回転補正」、XYZの一軸だけスケールした状態で「同位置でペアレント」した場合に追加される「シアー」の全6種類です。

「transform.add」コマンドを使うと好きなトランスフォームアイテムを追加できます。

 

トランスフォームの結合

右クリックメニューの「結合」を使用して、複数のトランスフォームの値を1つのトランスフォームにまとめることができます。

 

トランスフォーム ゼロ

トランスフォームアイテムの仕組みを使用した機能が「ゼロ」です。プロパティのトランスフォームに「ゼロ」というプルダウンがありますが、実はこれはトランスフォームアイテムを追加して「結合」までを自動で処理してくれる便利機能です。

「ゼロ」は LightWave の機能だと「中心点回転記録」と同じです。Mayaだと回転に「トランスフォームのフリーズ」をすると「ジョイント方向」に値が入るようなやつだと思います。たぶん。

例えばキャラクターリグを作る場合、TスタンスやAスタンスでスケルトンを作成して初期姿勢にすると思います。このとき移動や回転に値が入ってると、初期姿勢に戻したい場合はアイテム毎に異なる値を入力しないと初期姿勢に戻すことができません。
ゼロはトランスフォームアイテムに値を格納することで、プライマリのトランスフォーム値を全て 0 にすることができます。

初期姿勢のトランスフォームを全て 0 にしておくと、「リセット」の「全て」をクリックするだけでアイテムを初期姿勢に戻すことができるので便利です。

回転したスケルトンがジンバルロックしている場合も「ゼロ」を実行することで、ジンバルロックしていない状態を初期姿勢にすることができます。FKで操作するアイテムは、スケルトンの位置調節が終わってポーズやアニメーション作成をはじめる前に「ゼロ」を実行しておくと色々便利です。

modoはスケマティックが使いやすく、トランスフォーム関連もリグが組みやすいのがいいですね。

CG News

GeoFromCurves 1.5 リリース

ゲーム用のヘアーモデリングプラグインGeo From Curvesがアップデートされました。このバージョンから映像にも使用できるよう改良がおこなわれたようです。
https://community.foundry.com/discuss/post/1109789

名前を「polystrips」 から「Geo From Curves」に変更しました。(ただし、互換性のためにいくつかのリンクを維持する必要がある)

オリジナルのPolystripsFromCurvesはアニメーションを念頭に置いてリリースされていませんでした。このバージョンではTRacerXと組み合わせて使用​​するような、時間の経過とともにトポロジーが変化するアニメーションカーブの安定性が大幅に向上します。以前のリリースで問題があった場合は、すべてのosXユーザーにこのバージョンに更新することをお勧めします。

また、リアルタイムヘアとは異なるワークフローにGeo From Curvesを使用している人向けに新しい追加があります。

  • 新しいセグメントをカーブのコントロールポイント、またはカーブのそれぞれのポイントで生成できるようになりました。これによりハードサーフェス目的でカーブ押し出しを必要とするすべての人に、より優れたコントロールが可能になります。
  • Profile extrusion。「CV by Segments」と組み合わせることでプラグインで生成できるシェイプの種類を大幅に強化します。
  • UV設定パネルのUVTagをコピー/ペーストします。
CG News

OctaneRender for Unity リリース

OctaneRender for Unity がリリースされました。ライブライトマップベーキングのベータ版も追加されているようです。

OctaneRender for Unityには3つのバージョンがあります。1つは無料、2つはサブスクリプションオプションです。

OctaneRender Prime

アセットストアからOctaneRenderアセットをダウンロードして無料で利用できます。PrimeはプライマリGPUへのアクセスのみを許可し、追加のプラグインは付属していません。

OctaneRender StudioとOctaneRender Creator

サブスクリプション契約するとより多くのGPUと、追加のプラグインが利用できます。

  • Studioは月額$20。2つのGPUと1つの追加プラグインの選択が可能です。
  • Creatorは月額$60。最大20のGPUと3つの追加プラグインの選択が可能です。

StudioとCreatorの両方に NUKE用とAfter Effects用のプラグインが含まれています。また有料のプランでは OctaneRender Cloud へのアクセスをプラグインの選択肢の1つとして提供します。OTOYのクラウドでレンダリングして、より長いカットシーンやベーキングジョブ用に何百ものGPUを利用できます。

CG 日記

modoのアクションレイヤー

前回に引き続きチャンネルについて書いてみたいと思います。

modoのチャンネルは複数の値を格納することができます。SDKのページを見ると「アクションレイヤー」という仕組みのようです。このアクションレイヤーを使用している代表的な機能が「アクション」「レンダーパス」「セットアップモード」です。
3dsMaxでは「ステートセット」、Mayaでは「アニメーションレイヤ」「レンダーレイヤ」に該当する仕組みです。modo 11.2 では格納された値をブレンドするノンリニアアニメーションエディタのような機能が提供されていないため、シンプルなレイヤーのON/OFFスイッチとしてのみ利用可能です。

「アクション」「レンダーパス」「セットアップモード」と専用に名前がついていると「アクション」はアニメーション専用のように感じるかもしれませんが、仕組みとしては使用するチャンネルは制限されていません。
例えばアクションやセットアップモードでマテリアルの色を変更したり、レンダーパスでアニメーションを切り替えるようなこともできます。セットアップモードでアイテムの表示を切り替えるような使い方は、リギングで便利に使えると思います。

 

アクションレイヤーの階層構造

modoには「アクション」「パス」「セットアップモード」の他にも、いくつかアクションレイヤーが存在します。以下の図はレイヤーの階層構造です。この図はUIから見た動作をまとめたもので、実際の動作とは異なる可能性があります。
マニュアルでは「セットアップアクションステート」「セットアップレベル」「シーンレベル」など断片的に用語や図が出てきますが、残念ながら全体をまとめた解説がありません。

全てのチャンネルのベースとして「初期状態」が存在していて、その上に初期値から変更された値を格納する「Setup」レイヤー、デフォルトでキーを格納する「Scene」レイヤー、一番上にアクション / レンダーパスを格納するレイヤーという構造になっています。アクション / レンダーパスは数を自由に増やすことができます。
チャンネルのレイヤー情報はチャンネルビューポートの「ソース」から確認することができます。


レイヤーの動作は Action / Render Pass レイヤーの値を編集すると、下にある Scene、Setup 、初期状態の値を上書きします。レイヤーで値を変更しないチャンネルは下のレイヤーの値が使用されます。
Scene でキーが作成されているチャンネルを、Action で編集したときは Scene のキーが Action に追加されます。

特殊なレイヤーとして「Edit」があります。「Edit」はテンポラリのようなレイヤーで、ユーザーが編集した値を一時的に格納します。タイムラインの移動、レイヤーの切り替え、キーの作成、「適用」ボタンを押したときなど編集が確定したタイミングで本来のレイヤーに値を反映します。ソースが Edit のときは「破棄」ボタンで編集をキャンセルすることができます。この動作はmodoのダイレクトモデリングツールがアクティブのときは編集や設定の変更をくりかえしテストできるのと同じ仕組みだと思います。

 

アクションレイヤーの種類

各レイヤーについ少し詳しく解説してみたいと思います。

初期状態

アイテムの初期状態です。チャンネルの○アイコンが灰色の状態です。
メッシュ、カメラ、ライト、マテリアルなどアイテムを新規に作成したとき、全てのチャンネルは 初期状態 に置かれます。

 

Setup

パラメータを初期値から変更した場合に値を格納するレイヤーです。

 

セットアップモード

セットアップモードはリギング用の特殊な空間です。セットアップタブのセットアップボタンを押すとビューポートに黄色の枠が表示されセットアップモードに切り替わります。

セットアップモードは他のレイヤーと異なりチャンネルにキーを作成してアニメーションすることはできませんが、チャンネルに「セットアップ/静止値」を設定することができます。
「セットアップ/静止値」はmodoの標準機能だとバインドしたスケルトン、トランスフォームデフォーマ、スプラインデフォーマなどメッシュを変形するために使用するアイテムの初期位置を格納するために使用されています。

「セットアップ/静止値」はセットアップモードでチャンネル右クリックメニューにある「セットアップ/静止値を設定」から設定することができます。「セットアップ/静止値」を設定したチャンネルはセットアップモードのとき○アイコンがライトグレーで表示され、セットアップモード OFF のときはパス同様にライトグリーンのアイコンが表示されます。チャンネルを編集した場合はソースが Scene になります。

 

Scene

デフォルトでキーを格納するレイヤーです。アクター や レンダーパス を使用していいない場合は Scene に値が格納されます。「セットアップ/静止値」が設定されているチャンネルを編集したときも  Scene が使用されます。

 

Action / Render Pass

アクター や レンダーパス で使用されるレイヤーです。パスやアクションに追加されているチャンネルの○アイコンはライトグリーンが表示されます。
アクター や レンダーパス は「グループ」として機能が提供されています。グループの順番や、グループ内のアクター / レンダーパスの順番はグループビューポートのリストで変更することができます。

 

アクションレイヤーの仕組みはこんな感じです。こんなチャンネルの仕組みが modo 601の時点で完成していたなんて驚きですね。

どうしてチャンネルの話を書いてるかと言うと、この仕組みが理解できていないとデフォーマを使用したリグを構築できなからです。特に「セットアップ/静止値」は重要です。
よくある失敗として「セットアップ/静止値」が設定されているチャンネルを、別のチャンネルとリンクするという操作があります。「セットアップ/静止値」をリンクで上書きしてしまうため、セットアップモードでもアイテムの位置が変わってしまいます。
そんなときはリンクするアイテムの位置に「セットアップ/静止値」を設定することで問題を解決する事ができます。チャンネルのリンクだけでなくコンストレイントを使用した場合も同じなので、覚えておくとリギングがはかどるかと思います。

 

参考資料

https://help.thefoundry.co.uk/modo/content/help/pages/rendering/render_passes.html
https://help.thefoundry.co.uk/modo/content/help/pages/animation/channels.html
https://community.foundry.com/discuss/topic/80813/what-exactly-does-apply-to-setup-do?mode=Post&postID=757873
http://modo.sdk.thefoundry.co.uk/wiki/File_Formats#ACTN

CG News

NukeのFaceTrackerベータ版リリース

実写の映像をオブジェクトメッシュでトラッキングするシステムのフェイシャル版です。顔の傷や汚れから色々活用出来そうですね。アニメ系のキャラに応用したらどうなるんだろう。
https://www.keentools.io

CG News

TRacerX 1.2 リリース

アップデートが早いですね。
https://community.foundry.com/discuss/post/1109015

3つの新しいオペレータが追加
– Particle Tracer
– Select By Vertex Map
– Vertex Map Blender

Particle Tracer

このmeshOpはパーティクルシミュレーションアイテム(メッシュも同じ)のトレースを有効にします。「トレース」「ジョイントパーティクル」「ポイントに接続」 の3つのオプションがあります。

Select By Vertex Map

標準のメッシュオペレータが、ウェイトマップに基づいてコンポーネントを選択できるようにする選択オペレータです。

Vertex Map Blender

キットの中で最も強力なノードの1つです。これは基本的に評価のよいVertex Map Mathオペレータで、2つの頂点マップ(または色)をブレンドしたり、結果を 明る/コントラスト したり、位置や法線のようなメッシュデータの値を使用して面白いウェイトマスクを作成することができます。

CG News

LightWave3D 2018 発表

開発状況がブログで公開されていた LightWave の最新版が発表されました。2017年2月28日のブログ更新を最後に進捗報告がなくユーザーに不安の声が広がっていましたが、予告通りの機能が実装されているようです。ソフトウェアは2018年1月1日午前12時1分(GMT)に提供開始とのことです。

ニュースリリース
https://www.lightwave3d.com/news/article/newtek-announces-latest-release-of-lightwave-3d-2018/

特設サイト
http://static.lightwave3d.com/marketing/lightwave_2018/lightwave_2018_release_date.html

フィジカルベース レンダリングシステム

リアリズム、精度、使いやすさのために、レンダリング、シェーディング、ライティングのアーキテクチャを完全に書き直しました。

 

レンダリングとライトバッファ

レンダリングおよびライトバッファのワークフローを拡張し、合成を簡素化し柔軟性を高めます。
ノードエディタを使用したカスタムバッファを含む、VPRを使用した任意のビューポートの新しいバッファのリアルタイムプレビュー。

 

ボリュームエンジンとOpenVDBサポート

新しいボリュームレンダープリミティブを使用して、フィジカルベースプロパティ、散乱、吸収、放出の各パラメータを強力なノードネットワークで指定できます。

 

 ライト機能

新しい照明アーキテクチャは、カメラにオプションで見える物理的な光をもたらします。
実在する製品のライト強度をより良く一致させるためにIES Webファイルのロードを改善。

 

サーフェスエディタ、マテリアルノード、サーフェスプレビュー

サーフェスエディタが新しいシェーディングシステムのためにオーバーホールされました。
使い慣れたインタフェースを備えた強力なノードベースのマテリアル。

 

バーチャルリアリティカメラ

VRアプリケーション用のステレオ 360度 レンダリングとアニメーションを作成するため、円柱モードと球面モードの両方を含みます。

 

新しい変形ノードを持つモディファイヤ スタック

インタラクティブにメッシュ変形をドラッグ アンド ドロップして並べ替える機能により、ボーン、モーフ、サブディビジョン、ディスプレースメントの変更できなかった計算順を開放して単純化しました。

 

セルシェーダーとエッジレンダリングの強化

エッジレンダリングではサーフェスエディタで使用できる任意のマテリアルを使用して、任意のラインをシェーディングします。
柔軟なノン フォトリアル レンダリング コントロールを提供し、グラデーションベースのセルシェーディングを可能にします。

 

より統合されたFiberFX

新しいライトとシェーディングシステムにしっかりと統合され、ファイバー上のあらゆるマテリアルを使用することができます。
新しいプリミティブ オブジェクト アーキテクチャを使用してファイバーが生成されるようになりました。

 

レイアウトベースのパラメトリックシェイプ

パラメトリックシェイプを使用するとレイアウト内にバーチャル プリミティブ シェイプを作成することができます。これはジオメトリを必要とせずに質感設定とレンダリングが可能です。

 

ノイズ リダクション フィルタ

グローバルイルミネーションのレイとサンプル数を少なくしてレンダリング時間を短縮し、高いレンダリング設定の代わりにフィルタを使用してノイズを除去します。

 

新しいモデラー機能

レイアウトビュービューポートは、レイアウトから現在のカメラビューを表示します。
ラティス、スムージング、アレイ、スプラインブリッジ などのインタラクティブなツールが新しく追加されました。

さらにLightWave 2018には新しい高度な Viewport Preview Renderer(VPR)、UDIM テクスチャサポート、サポートされているプリセット、FiberFX、Unity 5サポートなど多くの新機能や改良点が追加されています。


このほか、フォーラムから拾った情報は以下のような感じ。

・レイアウトでビューポートをフローティング化可能
レンダリング画像がいっぱい見れる。
SSSレンダリング。
OpenGLはPBRに対応するよう更新されている。
ボリュームライトはサードパーティーがAPIからアクセス可能になった。
・フィジカルベースレンダラーのシェーダーはmodoにも搭載された Principled BRDF がデフォルトになっているっぽい。
2015以前のデータはデータを変換する必要がある。LightWave 2018はシェーディングシステムがノードベースで新規に書き換わってて、サーフェースエディタは見た目だけ維持してるっぽい。2015以前のシェーダープラグインは全滅。 コンバート手順は簡単らしい?

UIはQtに書き換えられているが、高解像度モニタには対応できていない。
・ラウンドエッジシェーダーは未実装だが将来的には対応するかも。
レイアウトで複数回のアンドゥーは未対応だが、土台は整った?
ハルクのセルシェーディング画像
・BB8アニメーション

参考資料

BBC One Christmas 2017 | The Supporting Act

BBCのクリスマス広告だそうです。ストップモーションでキャラクターをアニメーションし、CGでフェイシャルを作って合成してるようです。いい感じの映像ですね。

CG 日記

modoのチャンネル

チャンネルについて基本的なことを書いてみます。チャンネルはアニメーションやリグを作る場合はもちろんですが、静止画用途でも知ってると便利なことが多いです。

チャンネルとは?

チャンネルとはマニュアルによると「簡単に言えばアイテムのアニメーション可能なアトリビュートのことです」と書かれています。チャンネルビューポートに表示される項目は全てチャンネルなのですが、パラメータ(アトリビュート)の右に○アイコンがついてるものはキーを設定してアニメーション可能なチャンネルです。○アイコンは色でチャンネルの状態をあらわしています。

初期状態

チャンネルは初期値のとき、背景色と同じ灰色で表示されています。

変更状態

値を変更した場合はライトグレーになります。
WEBでプロパティの画像が公開されていた場合や昔のシーンファイルを開いたとき、どのパラメータを変更したのかアイコンを見れば一発でわかるデザインになっています。凄く便利でお気に入りの機能です。

アニメーション

チャンネルは○アイコンをクリックすることでキーを作成することができ、パラメータの値をタイムラインに沿ってアニメーションさせることができます。カレントフレームにキーがある場合は赤色になります。カレント以外のフレームでは緑色になります。

ちなみにキー作成のショートカットはトランスフォームツール起動中、またはチャンネル選択状態で S キーです。チャンネル選択してCtrl+C、Ctrl+Vでキーフレームをコピーペーストすることができて便利です。
作成したキーを全て削除したい場合や初期値に戻したい場合は、パラメータラベル右クリックして「全て除去」を実行します。「キーの除去」はカレントフレームのキーを削除し、キーが1個だけの状態のときは値を残したままキーを削除します。

ドリブン

他のチャンネルから入力されている場合は青色のギア アイコンになります。チャンネルの入力と出力には矢印が表示されます。

アクション/ パス

アクション、レンダーパス機能によってチャンネルに複数の値が格納されているとき、パラメータが初期値から変更がない場合はライトグリーンのアイコンになります。値を編集した場合はライトグレーになります。アニメーションの緑色と少しまぎらわしいですね。

modoで使用頻度の高いチャンネルは以上です。次の記事では1つのチャンネルに複数の値を格納するしくみ「アクション/ パス」について書いてみたいと思います。

CG News

NVIDIA AI Denoising

NVIDIAはAIやディープラーニングを使用したツールやソフトの開発をしていましたが、レイトレーシングのデノイズ機能がVRay、RedShift、Clarisseなどのレンダラーが対応を予定しているみたいです。NVIDIA社のOptiX は NVIDIA社のGPUでしか動作しないとのことでGPUレンダラー専用な感じでしょうか。実際にアニメーションで試してみたいですね。

V-Ray

Redshift 2.5

Clarisse

NVIDIAのデノイズ関連

http://research.nvidia.com/publication/interactive-reconstruction-monte-carlo-image-sequences-using-recurrent-denoising

https://blogs.nvidia.com/blog/2017/05/10/ai-for-ray-tracing/

https://blogs.nvidia.com/blog/2017/07/31/nvidia-research-brings-ai-to-computer-graphics/