2015年12月

CG News

LightWaveのモディファイヤスタック

LightWaveのモディファイヤスタックよさそう。クロスとか物理演算系の計算順はどうなるんだろ?

新しいモディファイヤスタック。モーフターゲットを割り当てたり、Morph Mixerを追加したり、任意の軸に沿って変位マップを適用したり、変位ノードエディタにアクセスしたりすることができます。

CG News

MODO 902 リリース

MODO 902はデジタルマットペインティングとカメラマッチングのワークフローに関連する新機能と、安定性と正確性の継続的な改善に焦点を当てた170以上のバグ修正と強化が含まれています。
https://community.foundry.com/discuss/topic/118080


セーフフレーム周りは最小限な作りだったので機能強化されて嬉しい。カメラマッチも便利そうだけどボタン配置や動作がNUKEっぽいですね。

902はテクスチャプロパティに「Channel Swizzling」 という実験的機能が入ってるらしい。正式搭載は903を予定。どんな機能か後で試してみよう。

CG 日記

modoのGoZでサブディビをOFFにする方法

ZBrushからmodoにモデルをGoZすると、デフォルトではサブディビジョンが有効で読み込まれます。
重いデータが更に重い状態になってしまうため困ります。

スクリプトファイル GoZBrushToModo.py の以下の283行目に以下の1行を追加するとサブディビジョン無効状態でGoZからメッシュを読み込むことができます。

lx.eval(‘poly.convert face subpatch false’)

情報元 https://community.foundry.com/discuss/post/991296

CG News

V-Ray for MODO ベータ版 アップデート

V-Ray for MODOのパブリックベータ版への大きなアップデート。新機能は次の通り。

  •  vrsceneファイルのインポート
  • 他のV-Rayの実装とMODOを接続
  • V-Rayのマテリアルオーバーライド 微調整
  • レンダーエレメント、簡単アクセスツールバーに追加

参考資料

THE ROOM

Sony Action Cam のプロモーション映像らしい。
物理エンジンがバグったゲームみたいで面白い。

CG News

MARI 3 リリース

MARI 3は、パイプラインの統合と生産性を向上させるワークフローの新しい手段を提供し、3Dペイントアーティストの反復作業の高速化、複雑な管理、品質の向上を実現します。

MARI 3は、完全に統合されたMODOレンダリングと、開発者が選択したレンダラーとエクスポーズされたノードグラフの統合、業界標準のジオメトリフォーマットとシェーダのサポートを統合。
https://community.foundry.com/discuss/topic/117844


modoにはMARIのビューポートが移植されましたが、 MARIにはmodoのレンダラーが搭載されたみたいです。

CG News

LightWaveの統合メッシュシステム(パートII)

レイアウトにデフォーメーションスタックが搭載されるのね。

Lightwaveの次のバージョンの一部に、並べ替えが可能なデフォーメーションスタック、モーフィングと変形速度の改善などがあります。

統合メッシュシステムはモデラーとレイアウトの2つのメッシュシステム以上のメリットと機能のすべてを含む単一の統合された最新のメッシュシステムです。これはレイアウトにジオメトリを作成する機能を提供し、頂点、ポリゴン、エッジのフルアクセスを提供するため、レイアウトにとって構造的に優れています。ジオメトリ作成はレイアウトの制限をなくすために非常に重要な変更です。

別のポイントとして、統合メッシュシステムはChronoSculpt用に開発したのメッシュシステムの改良版です。

Unified Mesh System (Part II)