2015年5月

参考資料

modo 901 使ってみた1

第一印象はメニューバーが黒くなっててハイエンドっぽいですw
ウィンドウの上下に必ずスペースがあって、クリックすると上下どちらかにタブが表示されるUIになってた。正直微妙なスペースが気になる。タブは上表示だけでいいんじゃないかと思います。


タブ切り替えやUIのスケールが微妙に重くなったような気がします。ロックアイテムのようにプロパティにグラディエントが3個くらい並んでるUIの再描画が凄く重い (´Д`υ)

アドバンスド表示は切り替え時にもたつく。一度切り替わるとシャドーの表示やAOはMaxなんかと同程度の速度で表示されます(AO表示はMaxに比べて汚いというかボケ過ぎ)
フィジカルマテリアルのせいか?暗めに表示される気がする。

モデリング関連はメッシュの穴の境界を表示出来るようになったり、UIを含め着実に良くなってます。

プロシージャルシャターは重い。

メッシュフュージョンはやっぱり重い。ブーリアン後のメッシュはプロシージャル出力なので、必ずワイヤに斜線が入る表示が気になる。フュージョンアイテム階層なんかも独特な感じで、個人的にはあまり使わなそう。
ロゴや静止画用の小物、3Dプリンタ用途には便利なのかも知れないです。

アップデートされた NPR Kit v2は新しいマテリアルが何個か追加されてます。グラディエントで直接バンドカラーを設定出来るマテリアルと、クレヨンスタイルなエッジが引けるようになっています。

 

901は評価の高いモデリングとレンダリング機能を最新技術を追加してアップデート。PBRビューポートなどトレンドを抑えつつ、TD・パイプライン向けの地味な基盤強化に注力してるのを感じます。

701以降はハイエンドな映像制作の補助ツールになれるような機能が優先的に追加されてる感じがしますが、しばらくこの路線のアップデートが続くのかな?

参考資料

Animators Toolkit

3ds Max用のコンパクトなモジュラーツールスイート。数回のクリックでアニメーションを作成、コピー、操作が可能。
http://animatorstoolkit.com

CG 日記

Paintstormで試し書き

Paintstormで試し書きしてみた。
選択範囲作成しても範囲外の色を引っ張るので、Painter使ってた時代を思い出した。SAIみたいに選択範囲の内側にある色とだけブレンドできると嬉しいな。

参考資料

MODO 901 製品ページ公開

MODO 901 の機能デモのライブイベントと同時に製品ページが公開されました。901のリリース日本時間で27日の24時から開始。
https://modo901.thefoundry.co.uk/

以下はライブデモのまとめ

  • MARIのプレビューがmodoにインテグレーションされた新しいビューポート。
    複数のFoundry製品に統合される次世代GPUベースのビューポートを提供。PBR、リアルタイム反射、AO対応。
  • GPU 対応のオープンサブディビ
  • QtとPyside
  • 新しいスクリプトエディタ(Nukeからの移植)
  • TD SDK
  • 遅延メッシュ
  • MeshFusionnの統合
  • スカルプトレイヤー。同じトポロジーを持つ他のジオメトリの上にアニメート、コピー/セーブ/ロード
  • パーフェクトサークルツール。フォールオフなどで動作、完璧なn-gon、多くのオプション。
  • フィルクワッドツール
  • 新しい選択の改良
  • スライスツール スプリット/キャップ/ギャップオプション。3Dプリント用のスライスモデルに最適
  • マルチスライス。ステロイドのエッジスライス
  • プログレッシブリファインメントUVベーキング。レイGLで直接ベーキング
  •  Unreal、unity、source engine向けのノーマルマップベーキング
  • ペイントエンジンが大幅に改善。ストロークエンジンが2-3倍高速に書き換えられました。
  • テクスチャスイッチノード
  • ワイヤフレームシェーダ。グラディエントで制御可能
  • 解像度に依存しないSVGテクスチャ。SVGもメッシュになります。
  • ポリタイプの2Dカーブ。
  • プロシージャルシャッター
  • コンストレインモディファイア、グルーなど
  • プロシージャル ロック
  • スティッキー
  • OpenVDB
  • フィジカルベースBRDF
  •  多くのレンダリング最適化 – 高速でクリーン
  • ALSAアダプティブライトサンプリング
  • フィジカルサンとスカイがより正確で見栄えよく
  • ラインハルト トーンマッピング
  • フィジカルカメラ
  • MIS
  • プレビューコンバージェンスビュー
  • プレビュー「高速モード」でロック
  • Modoのレンダラとビューポートを近いものに


ビューポートでグラディエント確認出来るのはいいねですね。UI関連の地味な変更はありがたいです。
ビューポートは将来的にポストフェクトにも対応する予定があるようなので、今後の開発が楽しみですね。
https://community.foundry.com/discuss/post/929001

Foundryの全製品でPBRビューポートの共通化しようとしてるみたいで、他のソフトにはmodoのレンダラーが搭載されたら面白いことになりそうですね。ちなみに次のMari 3はmodoのレンダラーが搭載されるみたいです。

パフォーマンスの向上は 801で6.5FPSが11FPSに改善と期待したほどではないですね。
modoはもう少しだけリグやデフォームの再生速度上がってくれれば個人用途では満足なんですけどね。 足りない機能は多いけど、リグ構築しやすいし歴史的に残った技術やオープンで汎用的な規格採用してるのは好感が持てます。

その他の細かな機能については以下のスレッドに書かれてます。Quaternion Channel Modifiers、 Render Outputsのノード対応は面白そう。スカルプトの背景メッシュからマルチレゾディスプレイスベクトル転送する機能は、ZBrushで彫ったハイポリ形状をスカルプトレイヤーに転送できたりできるっぽい。
https://community.foundry.com/discuss/post/929270

901ヘアーのGTR BRDFレンダリング
https://community.foundry.com/discuss/post/929399

ベータテスターによるプロシージャルシャッター

ダイナミクス
https://community.foundry.com/discuss/topic/108992

901のキャラクターリグの動作速度を検証してるスレッド
https://community.foundry.com/discuss/topic/109063

801と901のACS使用したキャラクターリグの動作比較
https://community.foundry.com/discuss/post/931225

開発者によるとビューパフォーマンスを上げるために、パフォーマンスを下げる表示を色々無効にするオプションが追加されてるらしいので、適切に設定すれば速くなるらしい。
https://community.foundry.com/discuss/post/931701

テキストツールは901で更新予定だったけど、リリースが見送られたらしい。次に期待。
https://community.foundry.com/discuss/post/931570

WireframeTextureとリプリケーター
https://community.foundry.com/discuss/topic/109310