2015年1月

CG News

Exocortex Crate

フル機能のAlembic のインポート/エクスポートプラグイン。AD製品のAlembicファイルと何が違うのか調べて見よう。
http://exocortex.com/products/crate/description

Alembicのインポート/エクスポートは次の要素をサポートしています。

  • アニメーションメッシュ
  • 動的トポロジメッシュ
  • フレームごとのAlembicファイル
  • パーティクルシステム(PFlow、Thinking Particles、ICE)
  • SoftimageモデルとMayaネームスペースの往復
  • インスタントパーティクルシステム(Softimage ICE、Thinking Particles、PFlow、Maya)
  • アニメーショントランスフォーム/ヌル/ダミーオブジェクト
  • シーン階層(必要に応じて階層を平坦化できます)
  • ポイントキャッシュ+トランスフォームキャッシュ
  • マテリアルメタデータ
  • ICEはICEパーティクル、カスタムICEアトリビュート
  • 複数のインデックス付きUVセット
  • 明示的なインデックス付き法線
  • 細分割メッシュ(3DS MaxでMeshSmoothでPolyMeshとしてインポート)
  • NURBSカーブ、ICEスタンド、Softimageヘア、Mayaカーブ、3DS Maxスプラインが含まれます。
  • インポートされたデータは、V-Ray、Arnold、Mental Ray、FumeFx、GrowFXなどの多くのプラグインと互換性があります。