2011年

Tips

modoのコースティクス

modoでCausticsのテスト。Vrayマニュアルのパクリです。

メモリ足りなくてこれ以上ノイズ減らせない。ローカルフォトンの値が高ければいいのかと思ったら、像がぼけてしまうので逆に低くするといい感じでした。コースティクスが弱く感じる場合はライトマテリアルで調整。あまりスマートな方法じゃない。

参考資料

IS TROPICAL – THE GREEKS

手描きの煙エフェクトがいい感じ。
煙やマズルフラッシュ、血しぶきなど手描きの派手さがあっていい感じなのだが、日本では受けなさそうなミュージックビデオですね。
CGじゃないのは子供が出演してるからだと思いますが、むしろ悲惨さ倍増w

 

CG News

ドット絵をベクターグラフィックに変換するアルゴリズム

マイクロソフトの Johannes Kopf 氏とヘブライ大学の Dani Lischinski 氏が 8 ビットゲーム機時代のピクセルアートを美しいベクター画像に変換するアルゴリズムを開発。
このアルゴリズムはピクセル間のつながりを詳細に分析しベクター画像を作り出す手法。ピクセルアートの凸凹とした線も滑らかな曲線に生まれ変わるという。
http://www.extremetech.com/article2/0,2845,2385811,00.asp

クラシックゲームをHD化するコスト削減案という感じでしょうか。
1ドットに魂込めるからドット絵が良いんじゃないか!と思わなくもなかったりしますw

Tips

modoの異方性反射


modoは異方性反射をマップ使って制御します。面白そうだったので試しにレンダリングしてみました。
DOF追加したらレンダリングが重い。3DソフトでDOFまでレンダリングすることは無いですが、どんな感じか興味本位で使ってみました。アンチエイリアスのサンプリング数8だと半分くらいのレンダリング時間になります。

 

追記

簡単なサンプルファイル追加してみた。

サンプルファイル(10.1以降)

参考資料

ROME ” 3 Dreams of Black ”

WebGLを使用したミュージックビデオが凄すぎる!

http://www.ro.me/

テクノロジー
http://www.ro.me/tech/
Google Chromeでアクセスしてください。Chrome入れてない人はテクノロジー解説のページは見れるかと。
Google協力のもと制作されたWebで視聴するミュージックビデオとのことですが、WebGLを使用した3DCGを使用しリアルタイムで動作しています。
単にリアルタイムなだけでなく映像のクオリティーも高く、ポストエフェクトの効いたリアルタイム3Dは必見。
よくわからないがオープンソースでシェアできるっぽい?

参考資料

Hyundai Accent 3D projection mapping

やや見飽きた感もありますが、実際の建物に映像を重ねるprojection mapping イベント
今回は車のプロモーションということで、壁に車を固定し映像と融合させてるとこが面白いです。

参考資料

Halo: Reach Deliver Hope

最近はHALOシリーズ遊んでないので動画を見る機会も減ってしました。
chaosgroupのメールで初めて見ましたが……クオリティースゲ―!!
画面が荒らされてるというのもありますが、煙も実写が混ざってるのかCGなのか判別出来ません(^^;

参考資料

The Pirat

ミニチュアのような質感が凄い。Cartoon Network のStation IDでしょうか。
デフォルメされた海賊の質感・アニメーション共にクオリティーが高くて素晴らしいです。

参考資料

3Dゲームファンのための「CryEngine 3」講座

http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20110407_437903.html

動画資料が多いのがいい感じです。
少し前に話題になったCE3 for Cinemaは映画のプレビズ用途なのですね。マシマニとかありましたが本格的に取り組む形になった感じ。
正直、今の段階では本番のレンダリングに置き換わることはないと思いますが、景観表現の強いエンジンなのでプレビズ用途なら十分威力を発揮しそうです。
LightWaveも対応してますがバーチャルカメラは結構需要があるのかな?

3Dゲームファンのための「Unreal Engine 3」講座はこちら。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20110331_436128.html

参考資料

Open Your Eyes

ロッキー VS ED209!?
良くできてますね。好きな物が詰まってますw
ロボの動き、コマ抜きで重量感出してるのが面白い。

参考資料

Hawken Trailer

高密度グラフィックのロボゲー。
メカニカルで高密度の背景グラフィック、世界観には圧巻。アンリアルエンジンらしいですが、広範囲まで描画されてる作品は始めて見る気がします。