2010年

参考資料

Japan – The Strange Country

デザインや映像のテンポも気持ちよく、紹介系の映像としてダレずに見れて面白い。
資料やグラフも見せ方しだいで何倍も興味を引くことが出来るんだとお思った。

参考資料

Nike chase

Nike Japanのキャンペーン映像のようです。
アメリカンながらも日本のアニメを意識したデザインが素晴らしい。

参考資料

Pixels

ドット絵、ゲームをモチーフにした映像作品。
素晴らしいクオリティーです。僕も時間があれば似たようなの作りたい。

CG News

Mari

Mariは Weta DigitalのR&Dによって作られた3Dペイントツール。
ロードオブザリング、 キングコング、 Avatarで使用されています。インタラクティブに100万以上の多角形にペイント可能。 巨大なテクスチャのサポート32K x 32K pixels。ディズニーのPtex形式対応。

http://www.thefoundry.co.uk/pkg_overview.aspx?ui=3366FFA1-E59B-4772-9BB3-94F496491576

FoundryはAfterEffectとAvid用のエフェクトプラグイン、Kronos 5.0、CameraTrackerをNABで発表予定。
Kronos 5.0は高精度のタイムリマッププラグイン。CameraTrackerはカメラトラッキングプラグインのようです。

参考資料

pCubee

カナダの名門、ブリティッシュコロンビア大学の研究者が、様々な角度からレンダーを操作できるキュービック型3Dディスプレイを発表。

参考資料

ソニー「だんだん消えていくデモ」の特許を取得

デモは完全に近い状態で供給され時間や様々な条件をトリガーとして機能が消えていきます。
レースゲームであれば選べるコースが少なくなったり車の最高速度が下がったり、RPGなら主人公の武器が弱くなったりという例が挙げられています。
http://www.inside-games.jp/article/2010/03/09/40877.html

ステージやキャラクターは良いですが、武器関連はバグなのか仕様なのかわからず、購入に二の足をんじゃいそうですw