2010年7月

CG News

LightWave 10 Demonstration

VPRとHW Shaderが思いの外まともに動いててびっくりw
今時のCGのトレンドをしっかりおさえてるように見える。

Virtual Cinematographyが何気に凄いw

CG News

LightWave 10 New Feature Benefit

LightWave10の詳細来ました。

http://www.newtek.com/lightwave/lw10.php

LightWave10の売りはViewport Preview Rendering (VPR)とHardware real-time viewport shading 、Python scripting、 Bullet dynamics、UV mappingは正直おまけ程度な気がしますね。
全体としてLW9にVPR移植してみた。テヘッな印象w
さらに発売時期が2010年Q4。Coreがまともに動いてないんだろうな…Q4でも見切り発射の予感がユンユンしますが、ポジティブな話が聞こえてくることを祈ります(^^;

ちなみにあちこちで情報が迷走してるけど、LightWave10はレイアウト、モデラー、コアの3アプリケーション構成。
CoreはGozのような他のアプリケーションとのHubとなるオープンなプラットホームになる予定で、今年の3月頃の話だとV0.1程度なのだそうだ。
将来的にはモデリング、アニメーションまで含んだV1.0になるらしい。
Legacy/Classic/CORE=v9.X/v10.X LWHC /Core
http://www.newtek.com/forums/showpost.php?p=992078&postcount=28

CG News

「Sculptris」がPixologic社の下で開発される事に決定

これを機にZBrushがもう少し使いやすくなって欲しいですね。
https://www.oakcorp.net/zbrush/news2010.php

Pixologic社は2010/07/24付で、スウェーデン在住Tomas Pettersson氏が開発するスタンドアローンのデジタルスカルプトソフトウェア「sculptris」をPixologicの元で開発を行う事を発表しました。
開発者のTomas Pettersson氏はPixologic社の一員となります。

「Sculptris」はブラシワークに合わせて、動的なサブディビジョンを行う非常にユニークかつスマートかつなアルゴリズムを持っており、メッシュトポロジーに依存しない無制限なディテールワークを行う事ができます。将来これらの機能がZBrushにも反映される事が期待されます!

なお、既に無償で配布されていた「Sculptris 1.02」は「Sculptris Alpha 5」としてブランディングを変更し、Pixologicから引き続き無償で配布されます。

参考資料

Struminator - Guitar for everyone!

スゲーーーーーーーーーー!!!
音ゲーとかギターわからないとフーンて思うだろうけど、凄すぎる。
ちなみにこの会社、リアルギターという画期的なソフトウェア音源を開発したところ。
次のロックバンドにはフリー演奏機能付き!ということでしたが…
もしかして技術提携してるのかな?

参考資料

Making of AT-AT

頭は別録りなんですね。やっぱり表情が重要だからなのかな。