参考資料

レイトレーシングを20倍高速化、Caustic Graphics社が開発

どうやら今時のマルチコアCPUに最適化されたレイトレーシングアルゴリズムのようですね。
200倍高速化は今後のCPUやCoプロセッサの処理速度向上を見据えた数値でしょうか。

 

第一世代の技術で20倍、2010年はじめに公開予定の第二世代で200倍高速化を目指す。
http://japanese.engadget.com/2009/03/17/20-caustic-graphics/

 

プレス
http://www.caustic.com/company_press-releases.php
Caustic Graphicsの創設者は米Appleでグラフィックス関係のエンジニアとして働いていた。
Caustic Graphicsのほかの社員も,Appleや米Autodesk,米Intel,米NVIDIA,米AMD傘下のATI Technologiesなどの出身者で占められている。

コメントを残す

*